10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

Mocosuku(もこすく)
  • 10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

公開日時

 
執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。
 
出産という大仕事を果たした後に直面する育児は大変ハードで、「ワンオペ育児」など社会問題にもなっています。
 
誰にでも起こりうる「産後うつ」は、早めの対処はもちろん、予備知識を持つことも重要なポイントです。
 

 

産後うつの症状

 
似た症状として「育児ノイローゼ」という言葉を思い浮かべる方も多いかもしれません。
 
こちらは育児ストレスから発症する神経症の一種といわれていますが、「産後うつ」との明確な違いは医師の解釈によってもさまざまです。
 
しかしながら「産後うつ」は、医学的に認知されている心の病です。
 
たとえば、以下のような症状が挙げられます。
 

とにかく気分が落ち込む

何事も楽しむことができない、興味がわかない

やることが多くて大変でうまくやれない

自信がない

理由もなく「ダメな自分」と責める気持ちがある

いつも不安や焦る気持ちがある

とくに理由もないのに泣けてくる

赤ちゃんが寝ている時など眠りたくても寝つけず休息がとれない

自分を傷つけたいという考えが浮かぶ

食欲がない

とにかく疲れる

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【うつ病】新着記事

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

芸能人にも多いパニック障害… 近年増加している理由は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨年、アイドルグループ「Sexy Zone」の松島聡さんが突発性パニック障害であることを公表し、芸能活動の休止を発表したことは記...

2019/03/05 18:30掲載

春が近づくと気分が落ち込む… それは「気象病」のせい?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 3月から4月にかけての早春は「木の芽時(このめどき)」とも呼ばれます。 冬から春への季節の変わり目は、体調や精神的なバランスを崩...

2018/02/23 18:30掲載

アナタにも起こりうる「燃え尽き症候群」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 日本においては、スポーツの代表選手や部活を終えた高校3年生が「燃え尽き症候群」になりやすいといわれます。 また、先ごろ電撃引退を...

2017/12/31 18:30掲載