脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

Mocosuku(もこすく)
  • 脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

公開日時
更新日時

脳と人工知能 の関係について考えてみましょう。
 
コンピューターが人工知能(Artificial Intelligence ; AI)と化して、いずれ人類の叡智を超える。
AIは更に優秀なAIを開発し、人類は原始的な存在としてAIに支配されるかもしれない…。そして、その運命は2045年から始まる…。
 
まるで何かの預言書か神託の一節のようですが、少なくとも「AIがAIを開発する未来」までは科学的な信頼性が高い予想です。
 
コンピューターチップの性能が18ヶ月ごとに2倍になると予測した「ムーアの法則」と呼ばれるものがあります。
 
この法則からコンピューターの未来を予測すると2045年には人間の脳の複雑性を越えると考えられています。そして、人類の脳よりも複雑で高性能になったAIを人類が制御できなくなるのではないか…という懸念が寄せられています。
 
たとえば、車いすのノーベル賞授賞の宇宙物理学者として有名なスティーブン・ホーキング博士は「問題の重要性の割に、関連する研究が少ない」とその対策の不十分さに懸念を表明しています。
 
AIのより間近な脅威としては、オックスフォード大学のAI研究者マイケル・A・オズボーン准教授が「あと10年で消える職業」を発表して話題になりました。
人間の仕事の多くがコンピューターに取って代わられる未来が2025年には到来すると予想されています。こちらは2025年問題と呼べるかもしれません。
 
 

コンピューターは既に部分的には人間を超えている

 
さて、2045年問題では人類よりも優秀なコンピューターおよびAIの誕生は止められないと予測されているわけですが、実はある部分に特化してみると、すでに人類よりも優秀なコンピューターはありふれています。
 
人間の脳は「知能」のためだけに存在しているわけではありません。
なので、例えば複雑な計算などでは既にコンピューターの方が人類を凌いでいます。
 
この他にも人間には「気が散る」という現象が起こります。
これは状況の変化を確認するために頻繁に「知的作業の初期化」を行う機能が人間に備わっているためです。
 
そのために人間は特定の単純作業に長時間集中することができません。
工業用コンピューターはこのような初期化機能を搭載していないので、「長時間の集中作業」という人間にはできないことができるのです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【脳】新着記事

これ本当?「人間の脳は10%しか使われていない」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちの脳は、「生命活動を支える」、「気持ちのコントロールをする」、「誰かとコミュニケーションをとる」など、日常生活に欠かせない役割を担...

2017/10/12 18:30掲載

生活が一変することもある「脳梗塞」 予防はできる?

執筆:藤尾 薫子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 脳梗塞と聞くと、自分とは縁遠い病気だと感じる人も多いかと思います。 しかし、高血圧症や脂質異常症・糖尿病の病気を患っている人には起こりや...

2017/06/25 18:30掲載

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。 スーパーや...

2017/05/03 18:30掲載

無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

見通しのよい交差点で車同士が出会い頭に衝突。 この種の「田園型事故」では、運転手の多くが「相手の車に気づかなかった」と述べているとのこと。 視界を遮るものがないのに、なぜ近づいてくる車に気づかないので...

2016/02/24 12:30掲載

脳震盪後症候群の危険性 …大リーグ・青木選手のケース

脳震盪後症候群の危険性 は意外に知られていません。 米大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は9日、カブス戦で頭部に死球を受けて途中交代しました。12日、青木選手は2試合ぶりの先発出場を果たしますが、試...

2015/08/15 10:40掲載

脳が原因 で学校に通えないことがある!?

脳が原因 で不登校になることがあるそうです。学校教育の現場で大きな問題のひとつとなっている不登校。かつてはいじめなどの外的な要因で不登校になることが主でしたが、最近では一見何の理由もないのに無気力にな...

2015/08/05 13:08掲載