脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

Mocosuku(もこすく)
  • 脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

脳と人工知能 …人間と機械の違いは?

公開日時
更新日時

脳と人工知能 の関係について考えてみましょう。
 
コンピューターが人工知能(Artificial Intelligence ; AI)と化して、いずれ人類の叡智を超える。
AIは更に優秀なAIを開発し、人類は原始的な存在としてAIに支配されるかもしれない…。そして、その運命は2045年から始まる…。
 
まるで何かの預言書か神託の一節のようですが、少なくとも「AIがAIを開発する未来」までは科学的な信頼性が高い予想です。
 
コンピューターチップの性能が18ヶ月ごとに2倍になると予測した「ムーアの法則」と呼ばれるものがあります。
 
この法則からコンピューターの未来を予測すると2045年には人間の脳の複雑性を越えると考えられています。そして、人類の脳よりも複雑で高性能になったAIを人類が制御できなくなるのではないか…という懸念が寄せられています。
 
たとえば、車いすのノーベル賞授賞の宇宙物理学者として有名なスティーブン・ホーキング博士は「問題の重要性の割に、関連する研究が少ない」とその対策の不十分さに懸念を表明しています。
 
AIのより間近な脅威としては、オックスフォード大学のAI研究者マイケル・A・オズボーン准教授が「あと10年で消える職業」を発表して話題になりました。
人間の仕事の多くがコンピューターに取って代わられる未来が2025年には到来すると予想されています。こちらは2025年問題と呼べるかもしれません。
 
 

コンピューターは既に部分的には人間を超えている

 
さて、2045年問題では人類よりも優秀なコンピューターおよびAIの誕生は止められないと予測されているわけですが、実はある部分に特化してみると、すでに人類よりも優秀なコンピューターはありふれています。
 
人間の脳は「知能」のためだけに存在しているわけではありません。
なので、例えば複雑な計算などでは既にコンピューターの方が人類を凌いでいます。
 
この他にも人間には「気が散る」という現象が起こります。
これは状況の変化を確認するために頻繁に「知的作業の初期化」を行う機能が人間に備わっているためです。
 
そのために人間は特定の単純作業に長時間集中することができません。
工業用コンピューターはこのような初期化機能を搭載していないので、「長時間の集中作業」という人間にはできないことができるのです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【脳】新着記事

生活が一変することもある「脳梗塞」 予防はできる?

執筆:藤尾 薫子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 脳梗塞と聞くと、自分とは縁遠い病気だと感じる人も多いかと思います。 しかし、高血圧症や脂質異常症・糖尿病の病気を患っている人には起こりや...

2017/06/25 18:30掲載

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。 スーパーや...

2017/05/03 18:30掲載

無くならない交通事故、その原因は「錯覚」にあった…?

見通しのよい交差点で車同士が出会い頭に衝突。 この種の「田園型事故」では、運転手の多くが「相手の車に気づかなかった」と述べているとのこと。 視界を遮るものがないのに、なぜ近づいてくる車に気づかないので...

2016/02/24 12:30掲載

脳震盪後症候群の危険性 …大リーグ・青木選手のケース

脳震盪後症候群の危険性 は意外に知られていません。 米大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は9日、カブス戦で頭部に死球を受けて途中交代しました。12日、青木選手は2試合ぶりの先発出場を果たしますが、試...

2015/08/15 10:40掲載

脳が原因 で学校に通えないことがある!?

脳が原因 で不登校になることがあるそうです。学校教育の現場で大きな問題のひとつとなっている不登校。かつてはいじめなどの外的な要因で不登校になることが主でしたが、最近では一見何の理由もないのに無気力にな...

2015/08/05 13:08掲載

脳震盪の危険性 …転倒やバンジージャンプに注意

脳震盪の危険性 を確認しておきましょう。お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さん(33)が、フジテレビの放送番組「FNS27時間テレビ2015」のなかで、バンジージャンプに挑戦していましたが、ドクター...

2015/07/27 16:36掲載