もしものときに知っておきたい! 海外旅行中の病気・ケガ の対応 

Mocosuku(もこすく)
  • もしものときに知っておきたい! 海外旅行中の病気・ケガ の対応 

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

もしものときに知っておきたい! 海外旅行中の病気・ケガ の対応 

公開日時
更新日時

 海外旅行中の病気・ケガ のために海外旅行傷害保険には必ず加入する

 

「米国の医療費は非常に高額です。その中でも、ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍ともいわれており、一般の初診料は150ドルから300ドル、専門医を受診すると200ドルから500ドル、入院した場合は室料だけで1日数千ドルの請求を受けます。

例えば、急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院)は7万ドル、上腕骨骨折で入院手術(1日入院)は1万5千ドル、貧血による入院(2日入院、保存療法施行)で2万ドル、自然気胸のドレナージ処置(6日入院、手術無し)で8万ドルの請求が実際にされています。治療費は、診察料、施設利用料、血液検査代、画像検査代、薬品代などとそれぞれ別個に請求されるので注意する必要があります。」(外務省ホームページより引用)
まず、意外と知られていませんが、海外で治療を受けた場合、海外療養費制度で、公的医療保険から払戻しを受けることができます。加入している公的医療保険の窓口で、手続きの流れを確認し、書類を準備、携帯して旅行に出かけましょう。

しかし、払い戻しを受ける基準は、海外で支払った治療費ではなく、あくまでも日本での治療費です。仮に急性虫垂炎で治療を受けた場合、日本の健康保険から払い出しを受けられるのは標準額50万円の7割に相当する35万円程度です。
そこで、ぜひ加入しておきたいのが損保会社の海外旅行傷害保険です。この保険は、海外旅行目的で自宅を出発した時から、自宅に戻るまでが補償の対象です。

病気・ケガでの入院や治療費が補償されるほか、現地に駆けつける家族の渡航費用、日本への移送費、身の回り品が盗難にあった場合など幅広く補償することが可能です。

また、24時間日本語電話サービスや日本語の通じる病院でのキャッシュレスサービスなどの附帯サービスもあります。

 

 海外旅行中の病気・ケガ :海外旅行傷害保険の落とし穴

 

・クレジットカードに加入すると自動的に海外旅行保険が付与されることが多いですが、補償内容が限定的で補償額も十分とは言えません。不足分は別途、海外旅行傷害保険に加入する必要があります。
・一般的には、持病の悪化により旅行中に治療を受けた場合、あるいは死亡したとしても保険金は支払われません。歯科疾病や妊娠関連疾患、他覚症のないむち打ち症や腰痛なども対象となりません。虫歯は出発前に治療しておきましょう。
・24時間日本語電話サービスは下痢や風邪などの緊急性のない病気の場合は役立ちますが、時間が勝負の脳卒中や心筋梗塞の場合はこのサービスを利用するよりも救急車(日本と異なり有料)をすぐ呼ぶようにしましょう。英文のトラベル・カルテがあれば役立ちます。
・キャッシュレスサービスは便利ですが、利用した場合は、保険会社にその都度、治療内容と請求額をご自身で確認することが必要です。実際に行われていない手術費などが医療機関から保険会社に請求されるなど悪用される場合があります。
保険は万一のためのものです。旅行先でも健康管理に十分留意しましょう。

 

 
<執筆者プロフィール>
新美昌也(にいみ・まさや)
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/1級ファイナンシャル・プランニング技能士。1986年、中央大学法学部法律学科卒業。2004年独立。得意分野はライフプランニング。

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

憂うつな梅雨は、 ココロとカラダをほぐして前向きに!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 雨や曇の日が続いて洗濯物が乾かない、湿気が多くてヘアスタイルが決まらない、なんとなく気分もすっきりしない…そんな梅雨の季節。 コ...

2019/06/11 18:30掲載

女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本医療政策機構が行った調査で「女性の健康知識(ヘルスリテラシー)の高さが仕事のパフォーマンスに影響する」という非常に興味深い結果が示さ...

2019/06/04 18:30掲載

大気汚染が健康に与える影響とは? 「環境リスク 」の現状

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ WHO(世界保健機関)は、2019年に世界の人々の健康を脅かす最大の環境リスクは「大気汚染」であると発表しました。 日本のみならず世界各...

2019/05/03 18:30掲載

どうしても涙を流したくないときの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 悲しくなったり感動したりすると、人は涙を流すもの。 涙が込み上げてきて仕方ない… でも、涙を流せる状況ではない、泣いている姿を見せたくな...

2019/01/29 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

怖いと聞くと余計に見たい…『怖いもの見たさ』に潜む人間の心理が面白い!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「見ない方がいい」「見てはいけない」と思えば思うほど見たくなる、ダメと言われるとかえってやりたくなる…そんな“あまのじゃく”な気...

2018/11/23 18:30掲載