地震への備え は充分?知っておきたい地震保険のこと

Mocosuku(もこすく)
  • 地震への備え は充分?知っておきたい地震保険のこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

地震への備え は充分?知っておきたい地震保険のこと

公開日時
更新日時

ここでは 地震への備え についてご紹介します。
日本は、地震の多発国です。いつ、どこで起こってもおかしくありません。最近では、箱根山で火山活動活発化し火山性地震が増加、御嶽山、新燃岳など全国13カ所の火山で、噴火警報といったニュースが飛び交っています。

日本の建物は耐震性に優れているとは言え、大きな地震があれば、1回の地震でも、建物は大きな被害を受けます。特に、建築基準法で耐震基準が強化される1981年6月以前に建てたマイホームは一般に耐震性が低いので、耐震診断を受けてみましょう。そして、万一、地震の被害に遭い、住むことができなくなった場合、生活再建に役立つのが地震保険です。そこで、いざという時の備えとして耐震改修と地震保険のポイントについてお伝えします。

 

地震への備え …耐震改修の値段と自治体補助

耐震改修の主な流れは、(1)自治体での耐震相談(2)耐震診断(3)補強設計(4)耐震改修工事です。
気になる費用ですが、耐震診断は10万円~20万円程度、設計費用は30万円程度です。耐震改修工事は家の広さ、所在地、工事の工法などにより大きく異なります。概ね100万円~300万円の範囲内です。

結構な金額ですね。

耐震診断や改修工事には自治体の補助金がありますので、うまく活用しましょう。また、ホームページで、耐震改修や液状化対策などの地震対策情報を提供していますので、こちらも活用しましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【災害】新着記事

1月17日は「防災とボランティアの日」 防災への備えを!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「災害時のボランティア活動と自主的な防災活動への認識を深める」という災害予防の充実と強化を図るため、1995年(平成7年)に「防災とボラ...

2018/01/16 18:30掲載

病気の原因は失恋!? 「ブロークンハート症候群」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「失恋しちゃって、胸が苦しい…」 こうした言い回しは、一般的にはつらい気持ちを表すための比喩的表現として用いられます。 ところが、失恋な...

2017/12/01 18:30掲載

11月19日は備蓄の日。管理栄養士が勧める「食料の備蓄」

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 首都直下型地震などに備える為設定された備蓄の日。 いざというときに備え食料などをストックしておきたいけれど、何をどれだけ備えたらよいのかわからない方も多いのではないでし...

2016/11/19 12:00掲載

不安定な天気、もしもの時のカミナリへの対策

執筆:南部 洋子(助産師、看護師) 最近の気候は、急に竜巻や突風が起こったり、雹(ひょう)が降ったりすることもありますね。その中でも最も身近で怖いのは、カミナリでしょう。 「カミナリに打たれたよう」と...

2016/09/08 18:30掲載

飲料水を備蓄している? 一人当たりに必要な量は…

執筆:Mocosuku編集部 9月1日は『防災の日』でした。学校で職場で、さまざまなところで防災に対する意識が高まる日でもあります。不測の事態に家族を守るため、また自分がケガをしないために、できること...

2016/09/01 21:30掲載

9/1は防災の日。 「ローリングストック法」でムリなく備蓄を

執筆:井澤 佑治(ライター) 9月1日は「防災の日」ですね。大正12年の9月1日に関東大震災が発生したことにちなみ、国民の防災への意識を高めるために制定され、現在では毎年この日を含む1週間が「防災週間...

2016/08/31 18:30掲載