末期がんも介護保険 の対象なの?

Mocosuku(もこすく)
  • 末期がんも介護保険 の対象なの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

末期がんも介護保険 の対象なの?

公開日時
更新日時

先日、今井雅之さんが死去されました。がんはまだ私たちにとって強く不安を呼び起こすもののうちのひとつです。
私たちは末期がん、およびがんそのものの理解とケアを一つずつ進めていくことでしょう。
今回は、がんをめぐるケアのひとつ、介護保険について、解説していきます。

 
末期がんも介護保険 の対象となります。40歳以上であれば、末期がん患者も介護保険を利用できます。
しかし、介護保険は要介護認定を受けなければサービスを利用できず、認定まで1か月程度かかります。このため、介護認定が下りるまでに病状が急変して亡くなるがん患者も少なくありません。

 
自宅で最期を過ごしたいと考える末期がん患者の家族のために介護保険の賢い利用法をご紹介します。

 

介護保険のしくみ

40歳になれば誰でも介護保険に加入します。介護サービスは、原則65歳から受けることができます。40歳~64歳までは要介護になった原因が16種類の特定疾病に該当した時だけ介護サービスを受けることができます。末期がんは特定疾病のひとつです。
介護サービスを受けるためには、市区町村の介護保険担当課や地域の包括支援センターで本人や家族が申請書を提出し、要介護認定の調査、判定(1次・2次)を経て要介護度が認定されます。自宅で生活を続けたい場合は、居宅介護支援事業者などに所属するケアマネージャーに相談し、本人の状態や希望に応じたケアプランを作成してもらいます。そして、このプランに基づいて介護サービスが提供されます。介護サービスは要介護度に応じた利用限度額の原則1割負担で利用できます。
申請から認定まで約1か月かかりますが、認定は申請日にさかのぼって効力を生じます。そのため、認定前でも、申請後、暫定ケアプランによって介護サービスを受けることが可能になっています。ただし、この場合はいったん費用を全額立て替え、認定後に自己負担分を除き払い戻してもらうことになります。要介護度ごとに利用限度がありますので、これを超えて利用した分は払い戻しの対象となりませんので注意しましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【介護】新着記事

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

30代からは「筋肉の質」 今日からロコモ対策はじめませんか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在日本は、誰も経験したことがない超高齢社会に突入しています。 誰だって年はとるものです。 ほとんどの人は最期まで健...

2018/02/08 18:30掲載

都会で働く人は知っておくべき「遠距離介護」

執筆:Mocosuku編集部 「実家の親を介護しなければならなくなったら」。 そう不安を抱く都心暮らしの人は多いのではないでしょうか。 特に実家が都心から離れていればいるほど、行き来しながらの介護は難...

2016/10/08 12:00掲載

施設介護を「お金」で選んでよかった実例

執筆:Mocosuku編集部 施設介護を選ぶ場合、少しでも家から近い施設に入居させた方がいい、と思う人は少なくありません。 しかし、Cさん(仮名)は予算的なこともあり、家から遠方の施設への入居を決意。...

2016/02/23 21:30掲載

保育と介護 ! 保育士と介護士が安心して働くためには

ここでは 保育と介護 についてご紹介します。 働きながら子育てをするために欠かせない「保育施設」、また身体障害や加齢に伴い介護を必要とする人に欠かせないのが「介護サービス」です。いずれも、時代の要請か...

2015/10/24 14:06掲載

運動機能の低下予防 !立ち上がる能力と、歩く速さがロコモ予防の鍵

ここでは 運動機能の低下予防 についてご紹介します。 65歳以上の人が平均4年後に介護サービスが必要になる予測因子には次の2つがあります。 1)椅子からの立ち座りを5回繰り返すのに要する時間(秒)が長...

2015/06/24 16:44掲載