脊髄損傷による下半身不随 とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 脊髄損傷による下半身不随 とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

脊髄損傷による下半身不随 とは?

公開日時
更新日時

脊髄損傷による下半身不随 の危険性について考えてみましょう。

プロスノーボーダーの岡本圭司さん(33歳)は、今年2月長野県内で写真撮影をしているとき、崖から転落。ヘリコプターで病院へ搬送され、緊急手術を受けました。その傷は、腰椎など十数か所を骨折、下半身が麻痺し、今リハビリを行っています。

下半身不随といっても一様ではありません。事故は、1件1件違います。
そのため、その事故でその人のどこに損傷が出たのかによって症状が違ってきますが、下半身麻痺が起きる場合を考えると、脊椎骨折、脊髄損傷、腰部骨折などが考えられます。
岡本さんはまだ下半身麻痺状態ですが、ご家族など周囲に支えられて、前向きに怪我と取り組んでいます。詳しいケースをみていきましょう。

 

脊髄損傷による下半身不随

下半身不随の起こる脊髄損傷は、度合いにより「完全型」と「不完全型」にわかれます。
「完全型」は、脊髄が離断されて神経伝達機能が絶たれてしまった状態です。脳からの運動命令は届かず、運動機能が失われます。
また、感覚知覚機能も失われてしまい、「動かない、感じない」麻痺状態となります。しかし、全く何も感じないのではなく、疼痛が残ることがあります。また、足が伸びているのに曲がっているように感じられたりする異常知覚が起こることがあります。
慢性期に入ると、本人の意思とは関係なく、突然こわばったり、けいれんを起こすことがあります。感覚や運動だけでなく自律神経も損なわれるので、麻痺の部分では、代謝が不活発になり外傷は治りにくくなります。また、汗をかいたり、鳥肌を立てるなどの血管を収縮したり拡張したりする調節機能が働かないため、体温調節が困難となります。
「不完全型」とは、脊髄の一部が損傷や圧迫を受けていますが、一部機能が残存するものを言います。
脊髄損傷には、ほとんどの人が排尿障害を伴います。大脳から指令がきて、排尿したい、とわかるのですが、脊髄を損傷すると膀胱に尿をためることも出すこともできなくなくなることが普通です。
ためることができないと尿失禁がおこりますが、それ以上に危険なのは、膀胱の異常な収縮によって、膀胱に高い圧がかかり、膀胱が変形し、腎臓に負担がかかってしまいます。放置しておくと腎機能障害をきたし、透析になってしまうこともあるのです。多くの場合、自己導尿という自分で尿道から膀胱内に管(カテーテル)を挿入し、尿を体外に排泄する方法をとります。
排便の障害もあります。やはり排便を管理する神経が損傷しているために、肛門括約筋が制御できない状態になりますし、怖いのは、逆に排便できずに腸の中に便が押し込まれてしまう事態になることがあります。排便のアクシデントを防止するには、腸にいつ排便するかを教え込み、スケジュールに従って習慣つけます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

自律神経に良い『トリプトファン』を効果的に摂取してハッピー♪になろう

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「トリプトファン」はアミノ酸の一種です。 トリプトファンが不足すると精神的に不安定な状態や不眠などを招き、やがて自律神経や体内リズムの乱れに...

2019/07/16 18:30掲載

原因は汗づまり? 水虫と間違えやすい「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ジメジメしたこの季節、不快な症状のひとつ「かゆみ」が気になるという人は多いと思います。 そんな「かゆみ」の症状のなかに、水虫と似ている「...

2019/06/25 18:30掲載

”がん”のリスクも!? 「口の中のやけど」には適切な対処を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 熱い飲み物をはじめ、たとえば出来立ての小籠包や焼きたてのピザなど… 飲み物や食べ物による口のなかのやけどは、どなたも経験したことがあると...

2019/04/23 18:30掲載

あなたの周りは大丈夫?「ゲーム依存は病気です」とWHOが認定

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ゲームが気になってスマホが手放せない、休みの日は際限なくゲームにのめりこんでしまう… そんな状態に陥っている人はいませんか? ア...

2019/01/04 18:30掲載

口や目の渇きには気をつけて! 女性に多い疾患「シェーグレン症候群」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつも喉が渇いて水分が手放せなかったり、目が乾燥してつらかったりすることはありませんか? もしかすると、その原因には「シェーグレ...

2018/12/21 18:30掲載

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載