脳と咀嚼 …6月1日はチューインガムの日

Mocosuku(もこすく)
  • 脳と咀嚼 …6月1日はチューインガムの日

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

脳と咀嚼 …6月1日はチューインガムの日

公開日時
更新日時

脳と咀嚼 は密接に結びついています。

6月1日はチューインガムの日というのを知っていましたか?日本チューインガム協会が平成6年に制定したのですが、ゴロ合わせでもなさそうです。

 

古来、平安時代にまでさかのぼり、1年中健康であるようにと、硬いお餅、栗、大根、するめ、昆布などの固いものを食べる行事を元日と6月1日に行っていたことが始まりです。
食の変化で噛むことが減ってきた現代で、もう一度噛むことの大切さを見つめなおすために、協会が制定しました。
噛むことの大切さとは、どんなものでしょうか。近年では、科学的に解明されたことが増え、加齢による反応が鈍ったり、認知症の予防なども期待されています。まずは基本的な咀嚼運動による脳と顔周辺の影響を見てみましょう。

「ごはんを食べる」と脳はどう働く?

私たちがごはんを食べる時、深く考えず、食べたいものをお箸で口に運びます。単純で何気ない行為に見えますが、脳内ではあらゆる箇所が複雑に働いているのです。
・食べたいものをえら
思考、意思を司る前頭葉の前頭連合野で考えます。前頭連合野は認知症との関わりが深いことで知られています。

 

・お箸でつかみ、口にはこぶ
前頭葉のうしろにある運動野が、手に「お箸を動かして口にはこぶ」指令を出します。

 

・口が自然とひらく
目で見た情報が視覚野に伝わり、その情報から「口とお箸の距離感」を頭頂葉で認識します。
前頭葉の運動野が口に「ひらく」指令を出します。

 

・口に入ると自然にとじて噛む
「口に入った」ことを頭頂葉の感覚野で把握すると、前頭葉の前頭連合野が「咀嚼しよう」と判断し、運動野に指令を出します。
運動野で「お箸を口からはなす」、「咀嚼する」2つの指令を出します。
おいしさを感じるのは、側頭葉の味覚野です。

 

・ノドに通りそうなサイズに噛み砕いたら飲み込む
頭頂葉の感覚野で「ノドに通るサイズに噛み砕いた」と把握すると、前頭葉の前頭連合野が「飲み込もう」と判断し、運動野に指令を出します。
運動野は、飲み込むために必要な筋肉に指令を出します。

 

そして、咀嚼量はそのまま、記憶情報をもつ海馬や前頭連合野への、刺激の差となります。神経細胞の成長をうながし、情報のやりとりを支えるホルモンが分泌され、脳の反応スピードが早くなると、わかっています。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【脳】新着記事

糖質の摂りすぎで脳が混乱!? 糖質の依存性とは

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 糖質は人が生きる上で欠かせない重要な栄養素ですが、摂り過ぎると身体に悪影響を及ぼします。 と...

2019/04/09 18:30掲載

喧嘩をしたとき…どうして女性は過去の出来事を連鎖的に思い出すのか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 男女がけんかをすると、女性は「いきなりキレる」「過去のことを何度も蒸し返す」など、男性を悩ませるといわれます。 このことは「男性脳」「女...

2019/03/19 18:30掲載

行列に並んでしまう心理に「セロトニン」の分泌が関与!?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ラーメン屋など人気店に見られる長蛇の列、新しいゲームや電子機器などの発売前に徹夜で並ぶマニアたち、スポーツの試合やコンサートを何...

2019/02/26 18:30掲載

若い人も無縁ではない… 近年増えている『若年性脳梗塞』

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 高齢者に多いイメージがある脳梗塞。 じつは今、30~50代の比較的若い世代でも脳梗塞を起こすケースが増えている実態をご存知ですか...

2019/02/05 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

サイレントキラーはいつのまにかやってくる!? 「動脈硬化」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「動脈硬化」は自覚症状がないまま進行するため「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」とも呼ばれています。 「この間まであんなに元気だった人が...

2018/10/26 18:30掲載