どうしても気になる 傷跡を目立たなくするアイテム とは

Mocosuku(もこすく)
  • どうしても気になる 傷跡を目立たなくするアイテム とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

どうしても気になる 傷跡を目立たなくするアイテム とは

公開日時
更新日時

 

子どもが外から遊んで帰ってくると、すり傷や切り傷を作ってくることもしばしばですから、 傷跡を目立たなくするアイテム があったら嬉しいですよね。とくに女の子は傷跡が残ってしまわないか、気が気でないですね。年齢とともに傷跡が消えにくく、いつまでも残ることもあります。
そこで、誰でも簡単に傷跡を目立たなくする便利な方法をご紹介しましょう。

 

 傷跡を目立たなくするアイテム :傷跡は自然治癒プロセスの証

 

小さな傷は、「このくらいなら大丈夫」と放置しがち。いつの間にか治っているのは、皮膚に自然治癒力があるからです。傷が治っていく過程には、「炎症期」「増殖期」「成熟期」があり、正常な状態に戻ろうと、細胞が活動しています。

 

炎症期

皮膚は上から表皮、真皮、皮下脂肪と層になっています。真皮にある血管が傷つくと、血管が破けて出血します。血液中に含まれる血小板、白血球、体液が、バイキンや汚染物質を除去していきます。

 

増殖期

体液が空気に触れると、かさぶた、または、赤くみみず腫れになります。かさぶたの下では毛細血管が破れた血管をつなぎます。体液には細胞を再生するタンパク質、アミノ酸、ホルモン、糖類、脂肪酸などが含まれています。体液の中で、まずは皮膚の上層の表皮から再生がはじまります。まだ赤みは消えません。

 

成熟期

再生された表皮の下には、体液が残っており、真皮層の組織の再生が続いています。徐々に安定していくと、不要になった組織が吸収され、赤く腫れていた傷が収縮し、小さくなります。

 

子どもはかさぶたができると、剥がしてしまいがちですが、かさぶたは傷を治す初期段階の状態です。かさぶたを剥がすと炎症期を繰り返している状態になります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

肩こりに効く!? 「肩甲骨はがし」にはイイこといっぱい

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは肩や首のコリや猫背で、肩が背中に張りついたように硬くなってはいませんか? そんなときは「肩甲骨はがし」をすると効果的といわれてい...

2018/08/19 18:30掲載

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

ウォーキングフォーム気にしてる? 「みぞおち歩き」がオススメ

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病や認知症の予防をはじめ、ストレス解消のニーズも高まって、昨今は適度な運動の習慣づけが奨励されています。 特にウォーキング人口は...

2018/07/20 18:30掲載

鼻毛や耳毛… 伸ばしっぱなしで、カラダに悪影響はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛にしても耳毛にしても、長く伸びて鼻や耳から飛び出しているのは「見苦しい」ものです。 ましてや周囲の人に指摘されたらとても恥ずかしく感...

2018/06/15 18:30掲載

高血圧は良くないと聞くけれど… 血圧が低ければ心配はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 動脈硬化や生活習慣病の予防として「高血圧には気をつけよう!」と、声高に叫ばれています。 それでは、血圧が低い分には健康上問題はないのでし...

2018/06/08 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載