知っておきたい 足がつった時の対処法

Mocosuku(もこすく)
  • 知っておきたい 足がつった時の対処法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っておきたい 足がつった時の対処法

公開日時
更新日時

 
執筆:南部 洋子(看護師)
監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 
梅雨が明け、これから本格的な夏に突入します。海やプールなどに出かける予定の人も多いでしょう。ただし、水辺のレジャーは水難事故と隣り合わせ。特によく起こりがちなのが、水中で「足がつった」ことで溺れてしまうケースです。
 
泳ぎに自信がある人でも、油断は禁物。万が一のことを考え、心の準備をしておきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【応急手当】新着記事

イタくてカユい「ミミズ腫れ」 原因と対処法は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 皮膚がちょっとした衝撃を受け、その部分にミミズのように細長くプクッとした赤い腫れができた経験はありませんか? これが...

2017/11/11 18:30掲載

9月9日は「救急の日」 やけど、出血時の応急手当て法を知っておこう

執筆者:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 9月9日は「救急の日」です。まさに「9」と「9」の語呂合わせから「9月9日」に定められました。 では、「救急の日」とはどのような目的で...

2017/09/08 18:30掲載

これだけは知っておきたい、応急処置の基本

執筆:井上 愛子(保健師、助産師、看護師、保育士) 身近で起きるケガや不調があったとき、病院に受診する前に応急手当てをしますよね。 あなたは「応急処置の基本」ができているでしょうか? ケアの基本を踏ま...

2016/05/24 18:30掲載

貧血 について知りたい!!  症状、原因、対処法、応急処置、予防から貧血に効く食べ物まで

執筆者:座波 朝香(助産師) 監修医:坂本 忍(産婦人科) 貧血 のため、疲れやすい、息切れ、めまいなどの症状で悩んでいる女性は多いようです。成人女性の5人に1人は貧血予備軍といわれています。生理のあ...

2016/03/10 01:58掲載

「子どもがやけどした!」 知っておきたい正しい応急処置とは?

寒い時期は、熱い飲み物や、暖房器具を扱うことが増えますね。 乳幼児がいる家庭では、親や周囲の人が注意深く見ていないと思わぬ事故が起こります。もしもやけどをさせてしまったら、落ち着いて素早く応急処置をす...

2016/01/17 18:30掲載

市街地でも起こり得る「凍死」。防ぐ方法は?

「凍死」というと、その字面から寒さで身体が凍ってしまうようなイメージを持つ人も多いでしょう。実際には、寒冷からくる低体温によって死亡することを凍死と呼びます。冬山などに限った話ではなく、都市部において...

2015/12/28 21:00掲載