ママ友いじめ 見栄や嫉妬が原因になる?

Mocosuku(もこすく)
  • ママ友いじめ 見栄や嫉妬が原因になる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ママ友いじめ 見栄や嫉妬が原因になる?

公開日時
更新日時

信じられないような事件が報じられました。
 
栃木で、いじめの被害児童の母親2人が加害児童の母親に抗議に行きました。
その結果、ママ友集団の中で孤立してしまいました。
母親2人は ママ友のいじめ で苦悩し、ついには自殺しました。
いったい、何があったのでしょうか。
 
報道では母親2人は心を病んで精神科に通院していたとされています。
ですが、心の病に悩んでケアを受ける人は労働者の10%前後という時代。
ケアをうけずに我慢している人も考えるとその数倍とも推定されています。
 
自殺の原因を母親2人の心の病と考える前に、ママ友という人間関係の謎を考えてみる必要があるのではないでしょうか。
 
 

見栄の張合い、お友達の取り会いの果てに…?

 
ママ友集団が心理的に幼児化して ママ友のいじめ が横行しやすいことは比較的よく話題になる現象です。
幼稚園や学校行事を運営する中での行き違いや、見栄の張合い、お友達の取り会い、などきっかけはさまざまなようです。
 
ですが、自殺に至るということは稀でした。
仮にも大人なのでいじめる側にも、被害者側にも最後の理性が働くのが大人の世界のいじめです。
通常のママ友いじめの事例では「勝ち負けさえ着けば…」と勝敗がはっきりすれば、パワーダウンしていきます。
 
少し重症化すると、勝ったと思っている方が嫌がらせを続ける、負けたと思われる方が報復のチャンスを伺っている…となかなか収束しない例もあります。
実際、負けた方は気分的にはまだ負けていないことが多いです。
 
その憤懣やる方ない苦しさは凄まじいものです。
夫を始め親族やカウンセラーの温かい支援がなければ乗り越えにくいのも事実です。
 
ですが、何とか最後の理性が働いて最悪の事態は回避する例が多いようです。
 
たとえば、「こだわり続けるのも違う意味の負け」となるようで、お互いに「関わるのも面倒だし…」と気まずい関係のままでも何とかやり過ごせる事が多いようです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【人間関係】新着記事

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

行き過ぎた団結力? 「ピア・プレッシャー(同調圧力)」を回避する方法

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「ピア・プレッシャー」という言葉をご存知ですか? ピア(peer)とは同僚や仲間のこと、プレッシャーは文字通りのプレッシャーです...

2018/01/15 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

LINEやメールで実践できる方法も。「認知行動療法」について

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは、「認知行動療法」という治療法をご存知でしょうか? 認知行動療法とは、うつ病をはじめとする精神疾患の治療法のひとつです。...

2017/10/22 18:30掲載

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。 一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが...

2016/12/24 12:00掲載

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 自分でもダメだとわかってるけど変えられない、やめられない、抜けられない・・・。 恋でも仕事でも、そんな“つらい”経験のない人は、もしかしたらいないのかもしれ...

2016/09/10 18:30掲載