現代病とも言える 夕方老眼の症状 とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 現代病とも言える 夕方老眼の症状 とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

現代病とも言える 夕方老眼の症状 とは?

公開日時
更新日時

夕方老眼の症状 をご存知ですか。
「夕方、仕事を終えてパソコンから目を離したら、遠くがぼやける」
「朝の電車ではスラスラ読めたスマホの文字が、帰りの電車では見えにくい」
「夕方になると目がかすんでくる」
このような「夕方老眼」と呼ばれる症状を訴える人がいま増えています。
通常の老眼は、多くの場合は中高年以上の世代に起こりますが、夕方老眼は20〜30代の若い世代でも発症するのが特徴。
何らかの目の病気の前兆の可能性もあるので、早めのチェックと対策を心がけたいですね。

 

夕方老眼の症状 :アイメイクも原因に

夕方になると起こる視力低下や目の不調=「夕方老眼」の原因として考えられるのは主に2つ。ひとつは、「目のピント調整機能の低下」。
パソコンや書類の小さな文字ばかりを長時間見ていると、目のピント調整の筋肉が凝り固まってしまうことがあります。
目は近くを見る時はピント調整筋肉に力を入れ、水晶体という目の中のレンズを厚くしてピントを合わせていますが、その状態を長時間続けると、筋肉が固まって元に戻りにくくなってしまいます。その結果、遠くのものが見えにくくなる症状があらわれます。
もうひとつ考えられる原因は、「ドライアイ」。
実は瞳の表面は完全な球体ではなく、ある程度の凸凹がありますが、この凸凹を覆って滑らかにしてくれているのが、涙。
この涙が乾燥して瞳の表面の凸凹が露出した状態=ドライアイになると、キレイな画像を映すことができなくなり、かすんだりぼやけたりします。
職場ではパソコンなどを見るためにずっと目を見開いたり、仕事の緊張感などから瞬きの回数が減ったりします。さらにエアコンで乾燥した空気が追い討ちをかけると、ドライアイを招きやすくなります。
ちなみに、平均で4秒に1回行う瞬きが、パソコンや携帯電話を使っていると12秒に1回になるといわれています。
また、まつ毛の根元の内側には、眼球の潤いを保つ油分を分泌し、目の乾きを防ぐマイボーム腺がありますが、女性の場合、マスカラや目の際アイラインなどで、マイボーム腺を詰まらせているケースもあります。
これらのほかに、パソコンなどから出ているブルーライトも、夕方老眼を助長する要因になります。
ブルーライトは、人間の目で見ることのできる光(可視光線)の中でも最も波長が短く、強いエネルギーを持っているため、網膜まで到達し、目に負担をかけてしまうためです。

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

都会で増えている「チャドクガ皮膚炎」 野外レジャーは要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毛虫による皮膚炎はチャドクガという蛾の幼虫によって起こることが多く、毒蛾皮膚炎とも呼ばれています。 市区町村のサイトなどでは注意喚起が行...

2018/06/26 18:30掲載