食欲アップと疲労回復とハーブ の密な関係とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 食欲アップと疲労回復とハーブ の密な関係とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

食欲アップと疲労回復とハーブ の密な関係とは?

公開日時
更新日時

ジリジリ照りつける太陽と、アスファルトの照り返しで、毎日クラクラするほどの暑さが続いていますね。最近では最高気温が35°を超える猛暑日も多く、身体は多量の汗と一緒にミネラル分も失っています。熱帯夜の寝苦しさからくる睡眠不足も重なり、身体は疲労しがちです。
さらに、冷たい飲み物の摂りすぎで内臓が冷えてしまうと、胃腸が弱わって食欲が落ち、栄養不足にも陥りやくなります。そこでここでは、「だるい…」「疲れがとれない…」といった、いわゆる「夏バテ」を予防し、元気に過ごすための、ハーブやアロマを使った対策についてご紹介しましょう。

食欲アップと疲労回復とハーブ :『飲』=ハーブティーで食欲増進と疲労回復を狙う

夏のおすすめは、植物酸の「クエン酸」を含むハイビスカスティーです。酸味で唾液を分泌させ、食欲を増進させるだけではなく、体内で栄養素をエネルギーに変換させるときに不可欠な、クエン酸回路の働きを活性化し、肉体疲労の回復に役立ちます。

 

力強く鮮やかなワインレッド色は、視覚からも元気をもらえることでしょう。

 

●夏に飲みたい、ハイビスカスのブレンドハーブティー
「ハイビスカス+レモングラス+ペパーミント+ローズヒップ+オレンジピール少々」

クエン酸を含むハイビスカスと、疲労物質「乳酸」の排泄をサポートしてくれるレモングラス、消化器系を整えるペパーミント、ビタミン豊富なローズヒップ、風味づけにオレンジピールで柑橘系のジューシーさを加えています。ペパーミントはハイビスカスの強い酸味を和らげてくれます。

IMG_0731

※お子様に与える場合は2倍くらいの濃度に薄め、様子をみながら飲用させてください。
※多量の飲用はかえって健康を損ねてしまう場合があります。リラックスタイムのひとときや、食後のティーとしてなど、一日に数回程度の飲用が好ましいでしょう。
※レモングラスには子宮を収縮させる働きがあるので、妊娠中の方は飲用しないでください。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【美容】新着記事

腹筋が衰えやすい女性に! おすすめトレーニング「ドローイン」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 最近スカートがキツくなってきたかも…と、ぽっこりお腹が気になりはじめていませんか? 運動して引き締めたいけれど、仕事をしているし...

2019/02/12 18:30掲載

「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」の信憑性

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中の午後10時~午前2時は「お肌のゴールデンタイム」…という話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。...

2019/02/08 18:30掲載

若返りホルモン? 「DHEA」について詳しく知りたい!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 以前より頭の回転が鈍くなった、最近疲れやすい…という人は「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」というホルモンが減ってきているのかも...

2019/01/18 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか? お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。 ...

2018/12/25 18:30掲載

喫煙女性は老け顔に? 「スモーカーズフェイス」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康へのさまざまな悪影響が取り沙汰されているタバコ。 実はお肌のトラブルにつながるという、女性はとくに気になるドッキリな指摘もあ...

2018/12/04 18:30掲載