肩の痛みと水泳の関係 …「水泳肩」とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 肩の痛みと水泳の関係 …「水泳肩」とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

肩の痛みと水泳の関係 …「水泳肩」とは?

公開日時
更新日時

肩の痛みと水泳の関係 について見てみましょう。
8月7日、水泳世界選手権(ロシア・カザニ)の女子200メートル平泳ぎで渡部香生子選手が金メダルを獲得。渡部選手は200メートル個人メドレーでも銀メダルを獲得しており、今大会2個目のメダルとなりました。

 

世界の頂点に立つ選手は、競技生活の中で大きな壁を何度も乗り越えています。渡部選手の場合、非常に早い段階で大きな試練を経験しています。幼稚園から水泳を始めた渡部選手は、小学生ですでに自由形とバタフライで全国大会に出場する実力をつけていました。しかし、1日1万メートル泳ぐこともあったという練習量の多さに肩が悲鳴を上げ、全く練習ができない状態にまで悪化しました。典型的なオーバーユース(使い過ぎ)といえます。

 

渡部選手はコーチの的確な判断により、平泳ぎに切り替えることで故障の危機を乗り越え、新たな才能を開花させました。クロールやバタフライに比べ、平泳ぎは肩関節の可動域が小さく、肩への負担を抑えることができたのです。

 

スポーツにおいて、オーバーユースによる故障は決して珍しいものではありません。上肢では野球肩、テニス肘、ゴルフ肘などがあります。また、下肢では膝のオズグッド-シュラッター病、ジャンパー膝、脛骨の下方1/3に痛みが発生するシンスプリントなどがあります。競技によって故障しやすい部位は異なります。水泳においては、クロールやバタフライの泳ぎ込みで起きやすい「水泳肩」があります。

 

肩の痛みと水泳の関係 :水泳肩とは?

 

クロールやバタフライのストロークを思い浮かべてみましょう。腕の軌道に注目すると、投げる動作に似ていることに気がつきます。野球選手がボールの投げ過ぎで肩を痛めることがありますが、同様のリスクは水泳選手にもあります。

 

クロールとバタフライの推進力は腕の力に大きく依存しています。強い推進力を得るために、肩関節を最大限に動かし、その動作を反復するという特徴があります。肩関節の使い過ぎは、肩の腱と肩甲骨の衝突による炎症を引き起こします。炎症が起きると、腱は少しずつ厚みを増していき、ストローク時の摩擦がますます大きくなって、肩に強い痛みが生じます。これを「水泳肩」といいます。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

都会で増えている「チャドクガ皮膚炎」 野外レジャーは要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毛虫による皮膚炎はチャドクガという蛾の幼虫によって起こることが多く、毒蛾皮膚炎とも呼ばれています。 市区町村のサイトなどでは注意喚起が行...

2018/06/26 18:30掲載