騒音の健康リスク …イヤホンで「無音盆踊り」の実例も!?

Mocosuku(もこすく)
  • 騒音の健康リスク …イヤホンで「無音盆踊り」の実例も!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

騒音の健康リスク …イヤホンで「無音盆踊り」の実例も!?

公開日時
更新日時

騒音の健康リスク は実際どのくらいあるのでしょうか。

愛知県東海市大田町では平成21年から、参加者がイヤホンで音楽を聴きながら踊る「無音盆踊り」を行っています。盆踊りの音楽を騒音ととらえる人に配慮したためです。静寂の中で繰り広げられる盆踊りの風変りな様子が話題になりました。ところで、健康リスクという観点で見たとき、私たちが注意する必要があるのは、どのレベルの騒音からなのでしょうか?

 

騒音性難聴のリスク

 

一定以上の大きさの音を継続的に聞き続けたり、あるいは、たとえ一瞬であっても、極端に大きな音を聞いたりすると、音が聞こえにくくなる「騒音性難聴」のリスクが生じます。

 

米CDC(疾病対策予防センター)は、どの程度の大きさの音(単位はデシベル)を、どれくらいの時間聞き続けると騒音性難聴が生じるのかの基準を示しています※。

 

デシベルが示す具体的な音の大きさについては、例えば、航空機の機内が80デシベル弱、パチンコ店の店内が90デシベル弱、チェーンソーが約110デシベルです。そして、騒音性難聴が生じるリスクは次のようになっています。

 

  • 85デシベル:8時間 、88デシベル:4時間、91デシベル:2時間、~中略~109デシベル:2分

 

このように、3デシベルごとに耐えられる時間の長さが半減していきます。仮に、88デシベルのパチンコ店で過ごすとすれば、4時間で騒音性難聴が生じるリスクが高まります。109デシベルのチェーンソーの場合は、たった2分でも危険です。

 

※NOISE AND HEARING LOSS PREVENTION(http://www.cdc.gov/niosh/topics/noise/noisemeter.html)

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

「難聴」とはどいう状態? ミュージシャンの職業病なの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「難聴」とは音や話し声が耳で聞こえにくくなっている状態です。 難聴は誰にでも起こりうるのものですが、種類があり原因や対策も違ってきます。...

2018/04/14 18:30掲載

あの有名歌手も。 全身に激痛をともなう「線維筋痛症」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 全身に激しい痛みが慢性的に起こる「線維筋痛症」。 その痛みは「骨が裂けるような」「筋肉がひきつれるような」などと患者さんが形容するほどの...

2018/04/10 18:30掲載

自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 他人は何とも思っていないのに、自分の外見や容貌に極度にとらわれてしまうのが醜形恐怖症です。 見た目のささいな欠点に思い悩み、精神...

2018/04/09 18:30掲載

小さな子どもが突然何度も嘔吐する… 「周期性嘔吐症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 普段は元気な子どもが突然何回も嘔吐を繰り返し、いったん回復するものの再び同様の症状に見舞われる「周期性嘔吐症(しゅうきせいおうとしょう)...

2018/04/08 18:30掲載

生き物ではない、「タコ」と「魚の目」 という皮膚病について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「タコ」と「魚の目(うおのめ)」。 ここでいうこれら、魚のことではありません…皮膚病の俗称です。 通常、タコは手足など身体のあちこちに、...

2018/03/24 18:30掲載

“イイにおい”が原因で体調不良? 「香料アレルギー」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人の消臭意識は、世界的にもずば抜けて高いといいます。 「過敏すぎる」と指摘される向きもあります。 そして、芳香剤や柔軟剤、お菓子など...

2018/03/02 18:30掲載