三角骨によるかかとの痛み …瀬戸大也選手のケース

Mocosuku(もこすく)
  • 三角骨によるかかとの痛み …瀬戸大也選手のケース

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

三角骨によるかかとの痛み …瀬戸大也選手のケース

公開日時
更新日時

三角骨によるかかとの痛み をご存知ですか。

水泳の世界選手権で競泳男子400メートル個人メドレーを2連覇した瀬戸大也選手が、9月に両かかとの手術を行うことになりました。瀬戸選手は7月から左かかとの痛みを訴えていました。検査の結果、「三角骨」が原因であることがわかりました。瀬戸選手は右かかとにも三角骨が見つかり、左右のかかとの手術を選択しました。瀬戸選手は16年リオデジャネイロ五輪代表に選ばれています。早めに不安材料を取り除くための、積極的な手術という印象を受けます。三角骨とは聞きなれない言葉ですが、実は多くの人が持っている骨です。

 

足首の後ろ側にある三角骨

 

人間の骨のなかには無くてもよいものがあります。三角骨は無くてもよい骨、過剰骨です。約10人に1人が三角骨を先天的にもっているといわれています。三角骨は、足首の後ろ側にある骨の突起、または骨片です。踵骨の上に位置する距骨という部位に突起ができた様子が、ひよこのくちばしの様だということで、「ひよこ骨」と呼ばれることもあります。

 

三角骨があると、足の骨の間に挟まるなどし、周囲に炎症が起きやすくなります。足首を酷使するオーバーユースや、足首の捻挫をきっかけに三角骨障害の症状が出ることもあります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

都会で増えている「チャドクガ皮膚炎」 野外レジャーは要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毛虫による皮膚炎はチャドクガという蛾の幼虫によって起こることが多く、毒蛾皮膚炎とも呼ばれています。 市区町村のサイトなどでは注意喚起が行...

2018/06/26 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

高血圧は良くないと聞くけれど… 血圧が低ければ心配はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 動脈硬化や生活習慣病の予防として「高血圧には気をつけよう!」と、声高に叫ばれています。 それでは、血圧が低い分には健康上問題はないのでし...

2018/06/08 18:30掲載

皮膚の色が白く抜ける「尋常性白斑」という病気を知っていますか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)」は、水虫、円形脱毛症と並んで皮膚科の三大難治疾患と見なされ、俗に「しろなまず」とも呼ばれる皮膚の...

2018/06/05 18:30掲載