シングルファザーとの結婚 :もしもシングルファザーを愛してしまったら! 

Mocosuku(もこすく)
  • シングルファザーとの結婚 :もしもシングルファザーを愛してしまったら! 

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

シングルファザーとの結婚 :もしもシングルファザーを愛してしまったら! 

公開日時
更新日時

 

俳優の松平健さん(61)が、10歳年下の女性と再々婚をしましたが、 このお相手の女性のように、シングルファザーとの結婚 を考えるうえで、知っておきたいポイントがいくつかあります。
シングルファザーとして、前妻との間にもうけた8歳の長男を育ててきた松平さん。お相手の女性には妻としてだけでなく、息子の母親としても大きな期待を寄せている心情を明かしています。
松平さんのお相手の方に限らず、シングルファザーと結婚する女性は、相手の男性のことはもちろん、子供のことも同時に受け止めなければならない立場となります。血の繋がらない子供との家庭生活や前妻との関係など、複雑で難しい対応が迫られる場面も少なくありません。

 

 シングルファザーとの結婚 :増加するシングルファザー

 

厚生労働省の統計によると、2013年の離婚件数は23万1383組。婚姻件数が減る一方で、離婚件数は増え続け、今や離婚率はおよそ35%。日本のどこかで約2分に1組の夫婦が離婚している計算になります。
離婚する夫婦が増えるにつれて、シングルファザーもかつてほど珍しい存在ではなくなっています。実際に全国のシングルファザーの数は、2000年の18.1万人から2010年には20.4万人と、10年間で2万人以上増加。全体のおよそ7割が、離婚によってシングルファザーとなっています。(国勢調査より)
その結果、結婚を考える女性にとっては、「出会った相手がたまたまシングルファザーだった」というケースはこれまで以上に増えてくることが予想されます。
同時に晩婚化も進んでいるため、高齢などの理由で出産をあきらめた女性の中に、「シングルファザーと結婚して子供を持つ夢をかなえたい」という人も増えてくる可能性があります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【恋愛】新着記事

病気の原因は失恋!? 「ブロークンハート症候群」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「失恋しちゃって、胸が苦しい…」 こうした言い回しは、一般的にはつらい気持ちを表すための比喩的表現として用いられます。 ところが、失恋な...

2017/12/01 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

好きな人を見てドキドキする時、脳はこうなっている

執筆:Mocosuku編集部 世の中にはたくさんの「恋愛論」や「恋愛哲学」が出回っています。 しかし「恋愛に夢中になっている(いた)時」というのは、言葉でカンタンに説明できない感情などもありますよね。...

2016/11/07 21:30掲載

「恋愛体質」 心理学的にはどう分析する?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 「ワタシ恋愛体質だから、また好きな人ができちゃった!」 あなたの周りにこんな人いませんか? 何気なく使われている「恋愛体質」というこのコトバ。どういう人のこ...

2016/10/25 12:30掲載

あのひとの「好きなモノ」が好きになるワケ

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 「好きな人ができると、生活も趣味もその人一色に染まってしまう」 このような経験ありませんか? 周りの友人にそのような経験がない人ばかりだと「私だけ!?」と不...

2016/10/21 21:30掲載