セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

Mocosuku(もこすく)
  • セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

公開日時
更新日時

 

男性のセクハラ冤罪対策 、気になるという方いませんか?
とくに男性のみなさん、「セクハラだ!」と女性に叫ばれたどうしますか?
 
何もできない、何も言えない、ただ立ち尽くすしかない…そんな、状態になる人もいるかもしれません。
ハラスメントをしないことは社会のモラル、常識として根付いているわけですが、「相手が嫌がればすべてハラスメント」と定義されています。
これは弱者を守るためには必要な定義です。

 

ですが、最近では安保法案をめぐる騒乱の中で女性議員が「セクハラ」を武器に立ち回っていることが話題になっているように、「セクハラ」の使い方に疑問を持つ人も増えてきたようです。
「セクハラ」を武器として使うことは立場の弱い女性の権利を守るためには必要不可欠です。

 

しかし、「セクハラ」を武器として有利に物事を進めようとする女性もいるのかもしれません。
このような女性の心理と男性が取りえる対策について、深層心理に詳しい神奈川大学の杉山崇教授にお話を聞きました。

 
 

 男性のセクハラ冤罪対策 :人間が持つ「優位に立ちたい」という願望

 

まず、人には「人より優位に立ちたい」という基本的な願望があります。
この願望の強弱は個人差がありますが、基本的には男性でも女性でも誰もが持っている願望です。
 
しかし、みんながこの願望をむき出しにして、ことあるごとに「自分のほうが上だ!」と主張し合うと喧嘩になるだけです。
そのため、通常は「立場をわきまえる」脳の働きでこの願望は制限されています。

 

この制限が解除されるポイントは男女で違います。
男性は「バカにされた」「なめられた」というきっかけで解除されやすい傾向があります。
 
しかし、上下関係というシステムに自分を位置づけているので、多少なりとも良識のある男性ならそう簡単には解除されません。
 
男性が些細なことで頻繁にけんかをしたら大変なことになりますよね。
なので、そうなりにくいように作られているのです。

 

しかし、女性の場合は男性とはちょっと違います。
女性は基本的に男性よりも人間関係に敏感です。
上下関係もシステムとして固定化してみるのではなく、その場その場で更新しています。
そして、「自分が優位じゃない!」と感じたら、不機嫌のスイッチが入るのです。
 
その意味では女性は男性よりも大変なので、男性のみなさんは女性をいたわってあげてくださいね。
女性は狙って不機嫌になっているわけではなく、ほぼ本能ともいえる次元で不機嫌になっているのですから。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

油断してたらお腹がポッコリ! 「贅肉」はお腹からつくの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「最近、おなかまわりだけ贅肉がついてきた」という方はいませんか? 「贅肉」とは、一般的に余剰な皮下脂肪組織を指します。 それではこの贅肉...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「コーラを飲むと歯が溶ける」は本当?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「コーラを飲むと歯が溶ける」という噂を耳にしたことがありませんか? その真偽もさることながら、そもそもなぜコーラなのか、さらにコーラ以外の飲み物は問題ないのかも気になると...

良いコトも悪いコトも。 「週末断食」は正しい知識と方法で

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 美容や健康を目的に「週末断食」を行う人が女性を中心に増えています。 一般的な「断食」はつらく厳しいイメージがありますね。 それでは週末断食と...

知っておきたい 足がつった時の対処法

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 梅雨が明け、これから本格的な夏に突入します。海やプールなどに出かける予定の人も多いでし...

暑さ対策に! 管理栄養士さんのオススメ「暑気払い」

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑さも本格化し、職場などで暑気払いが開催される時期になりました。 しかし、そもそも暑気払いとはどのような行事なのか、ご存知でしょうか。 今回は、知っているようで知らない...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段どのような...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【ハラスメント】新着記事

子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 明確な虐待を加えるわけではないものの、価値観や規範を押しつけることによって、子供を精神的に苦しめてしまう親。 いわば、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働...

2016/12/25 21:30掲載

「毒親」の影響で“自分の基準がなかった”というお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 価値観や規範を押しつけることによって子供を精神的に苦しめてしまう親を指して、「毒親」と呼びます。 毒親は、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働く親とも言え...

2016/11/28 21:30掲載

「毒親」から「毒抜き」 をした女性のお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 自分の身勝手な価値観や行動で、子供を物理的にも精神的に苦しめてしまう親。 最近ではそうした親を指して「毒親」(毒になる親)と呼びます。 今回ご紹介するのは、「毒親の影響に...

2016/10/05 21:30掲載

生きづらさや違和感の原因にも?「毒親」とは

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 「毒親」または「毒になる親」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?  これは本来子供にとって最大の理解者であり味方であるはずの親が、逆に子供に対して害をなしてしまうこと...

2016/09/22 21:30掲載

理由は妻のモラハラ? 「帰宅恐怖症」になる夫の心理

妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻のもとへ帰るのが苦痛で、自宅に帰ることができなくなってしまう夫が増えているそうです。 こうした状態は「帰宅恐怖症」と呼ばれ、新たな夫婦関係の問題として話題にのぼっていると...

2016/07/07 18:30掲載

脱「スメハラ」! 靴の臭い対策はコレで

執筆:磯部尚美(ハーバルセラピスト) 最近耳にするようになった「スメハラ」=smell harassment。 「臭いで他人に不快な思いを与えてしまう」ことです。 もしかしたら、あなたも自分が気づかな...

2016/04/04 18:30掲載