セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

Mocosuku(もこすく)
  • セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

セクハラを不当に訴えられたらどうする? ~ 男性のセクハラ冤罪対策 ~

公開日時
更新日時

 

男性のセクハラ冤罪対策 、気になるという方いませんか?
とくに男性のみなさん、「セクハラだ!」と女性に叫ばれたどうしますか?
 
何もできない、何も言えない、ただ立ち尽くすしかない…そんな、状態になる人もいるかもしれません。
ハラスメントをしないことは社会のモラル、常識として根付いているわけですが、「相手が嫌がればすべてハラスメント」と定義されています。
これは弱者を守るためには必要な定義です。

 

ですが、最近では安保法案をめぐる騒乱の中で女性議員が「セクハラ」を武器に立ち回っていることが話題になっているように、「セクハラ」の使い方に疑問を持つ人も増えてきたようです。
「セクハラ」を武器として使うことは立場の弱い女性の権利を守るためには必要不可欠です。

 

しかし、「セクハラ」を武器として有利に物事を進めようとする女性もいるのかもしれません。
このような女性の心理と男性が取りえる対策について、深層心理に詳しい神奈川大学の杉山崇教授にお話を聞きました。

 
 

 男性のセクハラ冤罪対策 :人間が持つ「優位に立ちたい」という願望

 

まず、人には「人より優位に立ちたい」という基本的な願望があります。
この願望の強弱は個人差がありますが、基本的には男性でも女性でも誰もが持っている願望です。
 
しかし、みんながこの願望をむき出しにして、ことあるごとに「自分のほうが上だ!」と主張し合うと喧嘩になるだけです。
そのため、通常は「立場をわきまえる」脳の働きでこの願望は制限されています。

 

この制限が解除されるポイントは男女で違います。
男性は「バカにされた」「なめられた」というきっかけで解除されやすい傾向があります。
 
しかし、上下関係というシステムに自分を位置づけているので、多少なりとも良識のある男性ならそう簡単には解除されません。
 
男性が些細なことで頻繁にけんかをしたら大変なことになりますよね。
なので、そうなりにくいように作られているのです。

 

しかし、女性の場合は男性とはちょっと違います。
女性は基本的に男性よりも人間関係に敏感です。
上下関係もシステムとして固定化してみるのではなく、その場その場で更新しています。
そして、「自分が優位じゃない!」と感じたら、不機嫌のスイッチが入るのです。
 
その意味では女性は男性よりも大変なので、男性のみなさんは女性をいたわってあげてくださいね。
女性は狙って不機嫌になっているわけではなく、ほぼ本能ともいえる次元で不機嫌になっているのですから。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【ハラスメント】新着記事

子育て時に発見した“自分の毒” 「毒親」からの影響

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 明確な虐待を加えるわけではないものの、価値観や規範を押しつけることによって、子供を精神的に苦しめてしまう親。 いわば、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働...

2016/12/25 21:30掲載

「毒親」の影響で“自分の基準がなかった”というお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 価値観や規範を押しつけることによって子供を精神的に苦しめてしまう親を指して、「毒親」と呼びます。 毒親は、自分の子供に対してモラルハラスメント(モラハラ)を働く親とも言え...

2016/11/28 21:30掲載

「毒親」から「毒抜き」 をした女性のお話

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 自分の身勝手な価値観や行動で、子供を物理的にも精神的に苦しめてしまう親。 最近ではそうした親を指して「毒親」(毒になる親)と呼びます。 今回ご紹介するのは、「毒親の影響に...

2016/10/05 21:30掲載

生きづらさや違和感の原因にも?「毒親」とは

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 「毒親」または「毒になる親」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?  これは本来子供にとって最大の理解者であり味方であるはずの親が、逆に子供に対して害をなしてしまうこと...

2016/09/22 21:30掲載

理由は妻のモラハラ? 「帰宅恐怖症」になる夫の心理

妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻のもとへ帰るのが苦痛で、自宅に帰ることができなくなってしまう夫が増えているそうです。 こうした状態は「帰宅恐怖症」と呼ばれ、新たな夫婦関係の問題として話題にのぼっていると...

2016/07/07 18:30掲載

脱「スメハラ」! 靴の臭い対策はコレで

執筆:磯部尚美(ハーバルセラピスト) 最近耳にするようになった「スメハラ」=smell harassment。 「臭いで他人に不快な思いを与えてしまう」ことです。 もしかしたら、あなたも自分が気づかな...

2016/04/04 18:30掲載