保険が適用される? 脳脊髄液減少症の症状や治療法

Mocosuku(もこすく)
  • 保険が適用される? 脳脊髄液減少症の症状や治療法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

保険が適用される? 脳脊髄液減少症の症状や治療法

公開日時
更新日時

 

今回は、頭部の疾患である 脳脊髄液減少症の症状や治療法 についてみていきます。

「脳脊髄液減少症 」(のうせきずいえきげんしょうしょう)に関しては、厚生労働省の研究班が治療法の来春の保険適用を目指していると報道されています。保険適用になれば、これまで数十万円かかっていた治療がぐっと身近になります。

 

  脳脊髄液減少症の症状や治療法 :どんな病気なの?

 

頭蓋骨の中で、脳と脊髄は髄膜(ずいまく)と呼ばれる3層の膜に包まれています。その3層のいちばん外側にあるのが「硬膜」です。硬膜と脊髄の間にはクモ膜下腔という空間があり、そこが「髄液」という液体によって満たされています。髄液は、常に脳・髄液の表面を流れています。

 

脳脊髄液減少症とは、脳と脊髄の周囲を満たしている髄液が何らかの理由で減少する疾患です。頭痛や吐き気、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下などさまざまな全身症状が現れます。この病気は、近年までその病態が明らかになっていませんでした。このため、WHO(世界保健機関)が採用する国際的な疾病基準である「ICD」にもまだ記載されていません。

 

脳髄液減少症は、むち打ち症後の後遺症として起こるという点に注目が集まりましたが、むち打ち症の人の中には同じ症状でも髄液漏れが見られない患者もいます。このため、病気の存在そのものが懐疑的に見られてきたという経緯があります。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載

「肥満」は万病のもと。 年齢で変わる脂肪のつきかたに注意!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肥満」は見た目だけでなく、身体にさまざまな悪い影響を及ぼすということは、誰しも想像できると思います。 「肥満」はあらゆる病気の進行を手...

2018/11/16 18:30掲載

「頭を使い過ぎて知恵熱が出た」 知恵熱って本当にあるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慣れないことをしすぎた」「勉強や仕事で頭を使いすぎた」…などの状況で、比喩的に「知恵熱がでそう」という表現を用いることがあります。 し...

2018/11/09 18:30掲載

小さな虫が飛んでいるように見える… 「飛蚊症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 何かを見ているとき、黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが動くように感じることはありませんか。 「視野にごみや虫のようなも...

2018/11/02 18:30掲載

「おっぱい」がもう一つ!? 「副乳」の原因と治療について

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ヒトの乳房は基本的に一対、左右の胸に一つずつあるのが普通です。 しかし、それ以外に身体に乳房ができる状態を「副乳」といいます。 ...

2018/10/30 18:30掲載

お腹のカビ「カンジダ」 腸内で増えすぎると恐ろしい症状が?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸の中には多くの細菌がいます。 実は、細菌のほかに、いわゆる「カビ」もいることを皆さんご存知ですか? その代表が「カンジダ」という「真菌...

2018/10/21 18:30掲載