子宮頸がん検診で早期発見 するために覚えておきたいこと

Mocosuku(もこすく)
  • 子宮頸がん検診で早期発見 するために覚えておきたいこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

子宮頸がん検診で早期発見 するために覚えておきたいこと

公開日時
更新日時

 

 

子宮頸がんは、 子宮頸がん検診で早期発見 することで予後がよくなるといわれている病気です。

女優の希良梨さんは2015年10月24日付けのブログで、子宮頸がん検診で陽性となったことを明かしました。見つかったのは子宮頸がんになる前段階の病変でしたが、希良梨さんは「がんに進行する前に子宮は取ろう」と、将来起きるかもしれない事態に対して覚悟を決めたといいます。ここでは、子宮頸がんの早期発見について見てみましょう。

 

 子宮頸がん検診で早期発見 :異形細胞を経て子宮頸がんに

 

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマ(HPV)ウイルスは、子宮頸がん患者の90%以上から検出されるウイルスです。しかし、HPVは非常にありふれたウイルスで、女性の約8割が50歳までに感染を経験するといわれています。多くは、感染しても症状が出ないうちに自然に消えてしまうことがほとんどです。まれに排除されずに感染した状態が続くことを「持続感染」といいます。持続感染になると数年から十数年という月日をかけて子宮頸がんを発症すると考えられます。

 

子宮頸がんの発症と進行には順序があります。まず、持続感染になると、がんの前段階である「異形細胞」が増殖を始めます。この段階は「異形成」と呼ばれ、数年の期間を経て、子宮頸部の表面にがんができ、さらに進行すると、がんが表面から奥深くまで侵入する「浸潤がん」となります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

その手のかゆみは水虫かも? 「手水虫」の原因と対処法

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くてジメジメ…身体が蒸れやすく、肌の露出も増えるこの季節。 高温多湿の環境は水虫感染のリスクが高くなります。 また、水虫というと足にで...

2018/08/17 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

都会で増えている「チャドクガ皮膚炎」 野外レジャーは要注意!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毛虫による皮膚炎はチャドクガという蛾の幼虫によって起こることが多く、毒蛾皮膚炎とも呼ばれています。 市区町村のサイトなどでは注意喚起が行...

2018/06/26 18:30掲載