アラサー女子に人気のコンビニで買えるダイエットおつまみとは

Mocosuku(もこすく)
  • アラサー女子に人気のコンビニで買えるダイエットおつまみとは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

アラサー女子に人気のコンビニで買えるダイエットおつまみとは

公開日時
更新日時

女性なら誰もが美しくありたいと願うもの。体型を気にしてダイエットに取り組んでいる人も多いでしょう。とはいえ、食べることを生きがいにしている人にとって、食事制限は辛く、苦しいものです。特に仕事帰りは開放的な気持ちになり、お酒も進むというもの。毎日の晩酌を楽しみに帰宅する人もいるでしょう。

 

そこでここでは、お酒のお供にぴったりのコンビニで買える「ダイエットおつまみ」を探してみました。

 

ビールのお供に!コンビニで買えるダイエットおつまみとは

ナッツ

ビールやワインはもちろん焼酎にも相性のいいコンビニおつまみといえば、ナッツです。一時は「ナッツはカロリーが高い」といわれていましたが、海外セレブやハリウッド女優たちがナッツの栄養に注目し、おやつに取り入れられていることから注目されました。

 

特に、アーモンドはゴボウの2倍もの食物繊維を含み、腸の働きを活発にしてくれます。また、ナッツに含まれる良質な脂肪酸は、体内の脂肪の燃焼を助け、脂肪のつきにくい身体にしてくれます。さらにナッツにはビタミンが豊富に含まれているため、代謝がよくなり、冷え性の人や痩せにくい人に効果的なのです。

 

ただし、揚げているものや食べ過ぎは、カロリーや塩分過多につながります。「ノンフライ・塩分無添加」、大袋ではなく小袋を選ぶなど食べ過ぎ防止の工夫をしましょう。

 

きゅうり

最近ではコンビニで野菜も売られているところも増えています。味噌につけても軽く調理をしても美味しいきゅうりは、1本あたりのカロリーがわずか14kcal。ローカロリーなのでカロリー制限をするダイエットをしている人には最適な食材です。
きゅうりには体内に必要のない塩分を排出する「カリウム」が含まれています。むくみがちな人はきゅうりを摂取することで、解消効果が期待できます。お酒と合わせてぽりぽり食べることのできるヘルシーさが魅力ですね。

 

おでん

寒い季節、お酒と一緒に食べたくなるのがおでんです。特にコンビニのおでんは帰り道にふらりと寄って購入できる手軽さと、ほっと安心できるような優しい味が魅力です。味のしみ込んだこんにゃくや大根、牛すじ串はお酒と相性抜群。さらにおでんは比較的カロリーの低いものが多いのです。

 

・こんにゃく、白滝(6kcal)
・昆布巻(9kcal)
・大根(14kcal)
・はんぺん(39kcal)
・牛すじ串(60kcal)
・さつま揚げ(75kcal)
・たまご(83kcal)

 

おでんは水分量が多いため、お米などの主食を食べなくてもお腹がいっぱいになります。大根やこんにゃくは食物繊維が豊富で便秘解消にも効果的。美味しくカロリーが低いだけでなく、お腹を満たしてくれるコンビニおつまみです。練り物やつゆは塩分が多く、摂り過ぎると浮腫みの原因になります。摂り過ぎには気を付けましょう。

 

キムチ(1皿46kcal)

コンビニでは、お酒と一緒にピリリと辛いおつまみを食べたくなることも多いはず。キムチには、メインとなる白菜の食物繊維や発酵のための植物性乳酸菌が含まれているため、カロリーが低いだけでなく便秘予防にも効果的だといわれています。便秘知らずの腸内環境に整えることから、「キムチダイエット」というダイエット法があるのも有名ですね。

 

キムチに含まれるカプサイシンには、中枢神経を刺激して副腎からのホルモン分泌を促進させる働きがあります。新陳代謝が盛んになり、体内の脂肪細胞の分解を促進するのでダイエットおつまみとしては最適なのです。

 

枝豆

冷凍枝豆は以前から多くありましたが、最近ではそのまま食べられるものもあり、お酒好きに大好評のようです。枝豆には、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維など、ダイエット時に不足しがちな身体に必要な栄養素がギュッと詰まっています。さらに、枝豆のタンパク質のひとつであるメチオニンはビタミンと一緒に肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促す働きがあります。二日酔いを予防する、おすすめおつまみです。

 

飲みたい夜に、コンビニでふらりと買いに行けるおつまみ。ヘルシーでダイエットにも効果的となれば、心行くまで飲む時間を堪能できそうですね。

 

 

監修:山本ともよ(管理栄養士)

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

魚介類につく寄生虫「アニサキス」が食中毒の原因に! 対処法は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ここ最近、寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増しているといいます。 保健所への届...

2018/05/29 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

注目の栄養素「ファイトケミカル」 秘密は植物のパワーにあり!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ イソフラボン、アントシアニン、カテキン、カプサイシン、セサミン、リコピン…などなど。 これら...

2018/05/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

「プラズマ乳酸菌」ってふつうの乳酸菌とどこが違うの?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 感染症などから身を守る「免疫」。その力を高めるには腸内環境を良好に保つことが重要です。 発酵...

2018/05/08 18:30掲載