食事

Mocosuku(もこすく)
  • 食事

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

健康は「食事」から

血中に含まれるコレステロールにはLDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールとがあり、動脈硬化をもたらすのはこのうちLDLコレステロールの方です。LDLコレステロールが増えすぎると、動脈壁に溜って動脈の内径を狭く硬くしてしまうのです。 「 コレステロールの正常値 」はいくつなのでしょうか?

「 コレステロールの正常値 」とは?



一般に善玉(HDL)コレステロールの正常値は男性で40mg/dl~60mg/dl、女性で45mg/dl~65mg/dl、この数値未満の場合は低HDLコレステロール血症とみなされ、LDL(悪玉)コレステロールの正常値は男女共に70mg/dl~120mg/dl、140mg/dl以上の場合を高LDLコレステロール血症とみなされます。

検診の結果、コレステロールが高いと診断されたのであれば、何らかの治療や改善策を講じる必要があるのですが、どんな措置が適切かはコレステロール値以外の動脈硬化に繋がる危険因子がどれだけあるかに関係してきます。

高コレステロール血症の原因と治療にはどんなものがあるの?



まず遺伝が原因である家族性高コレステロール血症の場合ですが、この原因には生活習慣が関係していないため、すぐに薬物療法から入ります。血中脂質やLDLコレステロールを下げる薬やHDLを上げる薬など、医師が適切と判断した薬を服用しなければなりません。
一方、遺伝性でない高コレステロール血症で、危険因子が大きいとみなされた場合には、コレステロールの多い食品を避ける、食物繊維を沢山食べるなどの医師の指導に沿った食事療法を行います。また並行して薬物療法がとられることがあります。
例えば男性で高血圧や糖尿病なども併発しているときは動脈硬化の危険は高まりますから、ある程度薬によってコントロールすべきと判断されるでしょう。

「 コレステロールの正常値 」とはいえ、数字は決して万能ではない



しかし逆に高コレステロール値であってもそれ程気にする必要のない場合もあります。特に女性は、女性ホルモンであるエストロゲンのHDHコレステロール増量作用のおかげでLDLコレステロールを活発に代謝させることができるため、男性と比べるとコレステロール値や中性脂肪値が安定傾向にあります。

40代までの女性で他に生活習慣病などの危険因子がないのであれば、健康的な生活を心がけるだけで特にこれと言った対策をとる必要はないと言われています。ただしエストロゲンが減少する更年期時期に入ると、男性と同じように気をつけなければなりません。

【食事】

ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節には、飲み物を飲む量や回数が増えますよね。 水分補給をするときには、何を飲んでいますでしょうか。 ついつい砂糖がたくさん...

2017/07/19 18:30掲載

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」 その違いはなに?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑い夏にかけて食べる機会が多くなってくる「そうめん」や「ひやむぎ」。 普段何気なく食べてはいるものの、一体どういう違いがあるのでしょう? そもそも、これらは「うどん」と...

2017/07/08 18:30掲載

サラダを食べよう! 7月6日は『サラダ記念日』

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 7月6日はサラダ記念日だとご存じでしたか? サラダは脇役のイメージがありますが、工夫次第では食卓のメイン料理にもなります。 そこでサラダ記念日の由来や、夏にぴったりのご...

2017/07/05 18:30掲載

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

2017/06/28 18:30掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

関連サイト

ビタミンB1食品

ビタミンB1は、糖質からエネルギーへの変換をサポートする大切な栄養素ですが、どのような食品に含まれているのでしょう。当サイトでは、ビタミンB1が含まれている食品や摂取のポイントを説明します。

ビタミンB食品

ビタミンB群は8つに分類されていて、互いに助け合っています。ビタミンB群は、どのような食品に含まれているのでしょうか。当サイトでは、ビタミンB群が含まれている食品や摂取のポイントを説明します。

ビタミンC効果

ビタミンCは健康に良いと言われますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?当サイトでは、ビタミンCの効果について説明します。

ビタミンC食品

ビタミンCは抗酸化、抗炎症、代謝促進等多くの効果がありますが、効率的に摂取する方法は? 当サイトでは、ビタミンCが含まれている食品と留意点について説明します。

梅干し

梅干しは、「医者いらず」とも呼ばれるほど、健康効果が高いイメージがあります。この記事では、梅干しの健康効果などについて説明します。