心理学者が論じる!SMAPが人間関係を修復する為の方法とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 心理学者が論じる!SMAPが人間関係を修復する為の方法とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

心理学者が論じる!SMAPが人間関係を修復する為の方法とは?

公開日時
更新日時

2015年の半ばから分裂・解散騒動に揺れていたSMAP、一月の緊急生放送ではお葬式のような雰囲気を醸し出して多くのファンを悲しませました。
 
5人はとてもぎこちない雰囲気で、誰の目にも5人の気持ちが一つでないことは明らかでした。
国民的なアイドルとして日本中から愛されてきたSMAPですから、誰もがその関係の修復を願っています。
 
壊れた人間関係はどのようにすれば元に戻るのでしょうか。
人間関係に詳しい心理学者で神奈川大学教授の杉山崇先生に聞いてみました。

 
 

人間関係を維持するポイント

 
人間関係を維持するポイントは二つです。
 
一つは協力しなければ達成できない共通の目的を持つこと。
 
そしてもう一つは目的のための役割分担を明確にすること。この二つに尽きます。
 
SMAPは解散騒動を超えてアイドルとしてのSMAPブランドとファンの気持ちを守るという共通の目的を持てたはずです。これは関係修復の糸口になるでしょう。
 
しかし、シビアな社会でのサバイバルにはその世界における有力者を大事にするという大人の付き合いも必要です。
これは芸能界に限らず、どんな仕事でも同じです。
 
報道では木村さんは育ててくれた事務所を、中居さんはこれまで世話になったマネージャーを、と分かれているようです。
 
つまり目的が部分的にズレているのです。
このようなときはお互いの立場を理解するつもりで話し合えばズレを修復できます。誰もないがしろにしなければいいだけの話です。
 
感情的な問題は割り切って大人の対応をすればいいことなのです。
そのように進むといいですね。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

自律神経に良い『トリプトファン』を効果的に摂取してハッピー♪になろう

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「トリプトファン」はアミノ酸の一種です。 トリプトファンが不足すると精神的に不安定な状態や不眠などを招き、やがて自律神経や体内リズムの乱れに...

2019/07/16 18:30掲載

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載

今どきの「五月病」と最近増えている「六月病」…原因と対策

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 例年、この時期になると話題になるココロの不調「五月病」。 今や言葉としてすっかり定着しましたが、最近は五月ではなく六月に同じような状態に...

2019/05/14 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

芸能人にも多いパニック障害… 近年増加している理由は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨年、アイドルグループ「Sexy Zone」の松島聡さんが突発性パニック障害であることを公表し、芸能活動の休止を発表したことは記...

2019/03/05 18:30掲載