メンタルヘルス

Mocosuku(もこすく)
  • メンタルヘルス

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

これもそう? 現代ならではの『メンタルヘルス』関連

学習障害の基礎知識 を確認しておきましょう。学習障害(LD)は、基本的な知的発達には問題がないものの「算数だけができない」「文字が読めない」など、ある特定の能力に関してだけ習得が難しいという障害です。今回は学習障害の種類や治療法について、基本的なお話をしましょう。

言語能力としての読み書きに困難がある場合

目も見えるし耳も聞こえる、また会話もできて理解もしているのですが、本人の努力に関わらず、文字を読んだり、書いたりすることができない障害を「ディスクレシア」(失読症)といいます。「言語能力としての読み書き」に障害があるのです。文字をひとつひとつ別個に読んだり、行間が狭いと読み間違いをしたり、読めない字を飛ばしたり、といった特徴があります。文字とイメージを一致させることが困難なのです。スティーブン・スピルバーグやトム・クルーズなど、この障害を抱えている著名人人も少なくありません。

「算数・計算の能力」「推論をする能力」に困難がある場合

そのほかには、「数字や記号そのものの意味を理解できない」「簡単な計算ができない」というように「算数や計算に関する能力」に障害がある場合もありますし、「物事の流れを理解できない」「話の流れをつかめない」というように「推論する能力」に障害がある場合もあります。もちろんこれらも、本人の意思や努力とは関係がありません。

診断と治療の前に実施される検査

学習障害と思われる何らかの傾向がはっきりと現れてきた場合は、診断の前に詳しい検査をして脳に出血、腫瘍などの病気がないかどうかを調べます。次に知能テストを行って知能の遅れがないかをチェックし、さらに読み書きや計算などの検査を実施します。それらの結果しだいで、学習障害なのか、注意欠陥・多動性障害(ADHD)なのか、高機能広汎性発達障害なのかを診断します。どのような障害なのかによって対策や治療法が違ってくるので、この診断はとても重要なものになります。

学習障害の基礎知識 :治療は「専門家に協力してもらう」のが鉄則

その子供の個性だと考えられてつい見過ごされがちですが、学習障害と診断された場合は、それに対応した治療が必要です。ただし、学習障害は中枢神経系に何らかの障害があることが原因ではないかといわれていますが、はっきりとしたことはよくわかっていません。対策としては、障害の程度によっても違いますが、本人のペースによって繰り返し学習していくことが大切です。また、最近はパソコンやワープロなどの道具を使う方法なども取り入れられているようです。いずれにしても臨床心理士や精神科医、小中学校の先生、そして何より周囲の人々の協力が欠かせません。診断や治療が必要かもしれない、と思ったら、専門医はもちろん、全国各地にある「発達障害者支援センター」に相談しましょう。

【メンタルヘルス】

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、世界中の人々とつながることができる時代になりました。 その一方で、ちょ...

2017/01/12 18:30掲載

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。 昔から「火事場の...

2017/01/09 21:30掲載

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「休み明けになると、きまって体調が悪くなる」「月曜日の朝がツライ…」 こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか? 心身...

2017/01/05 21:30掲載

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。 このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか...

2017/01/04 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。...

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...