あなたは大丈夫? 10人に1人がストーカー被害に

Mocosuku(もこすく)
  • あなたは大丈夫? 10人に1人がストーカー被害に

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

あなたは大丈夫? 10人に1人がストーカー被害に

公開日時

 
・山本恵一(メンタルヘルスライター)
 
 

内閣府が発表した「男女間の暴力に関するアンケート調査の結果」(2014年12月)によると、女性の10人に1人がストーカー行為を受けた経験があると答えています。

 

被害女性の28.9%、男性の15.7%が命の危険を感じ、日常生活に支障をきたしています。また、女性18.4%、男性57.1%が、被害を受けているのに誰にも相談をしていません。

 

ストーカーの8つの特徴

 

特定の他者に執拗につきまとうストーカー。
恋愛、夫婦や職場など、顔見知りとの関係がもつれて起きることが多いようです。
ストーカー規制法では、「つきまとい等」として、次の8つの行為が挙げられています。

 

1. つきまとい、待ち伏せ、進路に立ちふさがり、住居等で見張り、押し掛けたりする。
2. 被害者の行動を監視しているように思わせる。
3. 拒否しているにもかかわらず、面会、交際などを強要する。
4. 著しく粗野で乱暴な言動をする。
5. ワン切りなど無言電話、電話やファックスを執拗に送り続ける。
6. 汚物、動物の死体など不快で嫌悪なものを送り付ける。
7. 被害者の名誉を害する情報を流す。(「あの女はだれとでも寝る女だ」など)
8. わいせつな写真を送り付けたり、電話やメールで卑猥な言葉で辱めるなど、性的羞恥心を侵害する。
 
こうした行為は被害者を怖がらせ、心身を傷つけるどころか、
場合によってはエスカレートして凶悪事件に発展していくケースも増えているようです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【人間関係】新着記事

「孤独」が健康リスクに? 「孤独」が健康に及ぼす影響とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「無縁社会」という寂しい言葉がユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選ばれたのは2010年のことでした。 絆が薄れ孤立する人が...

2018/04/29 18:30掲載

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

行き過ぎた団結力? 「ピア・プレッシャー(同調圧力)」を回避する方法

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「ピア・プレッシャー」という言葉をご存知ですか? ピア(peer)とは同僚や仲間のこと、プレッシャーは文字通りのプレッシャーです...

2018/01/15 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

LINEやメールで実践できる方法も。「認知行動療法」について

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは、「認知行動療法」という治療法をご存知でしょうか? 認知行動療法とは、うつ病をはじめとする精神疾患の治療法のひとつです。...

2017/10/22 18:30掲載

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。 一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが...

2016/12/24 12:00掲載