サラリ-マンにありがちな「食事の悪習慣」はこうして治す

Mocosuku(もこすく)
  • サラリ-マンにありがちな「食事の悪習慣」はこうして治す

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

サラリ-マンにありがちな「食事の悪習慣」はこうして治す

公開日時

 
執筆:田口絢子(管理栄養士)
 
 

自分の役割や目標も見つかり始め、仕事が乗ってくる30代、責任ある立場となって、部下の指導や外での付き合いも増える40代。
 
現役世代は何かと忙しいものですが、ついつい仕事を優先して、おろそかになりがちなのが「食事」です。
 
時間やお金にも余裕がないと、お腹さえいっぱいになればいい、という考えで食事を済ませる人もいます。
食事に関心や時間をかけている余裕なんてない、という人も多いかもしれませんが、私たちが今日もこうして活動できるのは、身体を支えている「食」があるからです。
 
ここでは、働く世代のみなさんにありがちな食生活の問題点について解説。今日は少しだけ立ち止まって、振り返ってみませんか?
 

忙しい人の食生活の問題点

 
日々忙しく働く男性に多い食生活には、以下のような特徴があります。何が問題でどのような解決策があるか、みてみましょう。

 

単品メニューが多い

食事は、食品の品目数が少ないほど栄養素の欠乏が心配されます。
主食(ご飯、パン、めんなどの穀類)だけで構成された食事は、「済ませる」食事には手っ取り早くて便利ですが、
主菜(肉や魚、卵、大豆製品などを使ったおかずの中心となる料理)と副菜(野菜などを使った料理)がそろった定食メニューを選ぶようにすると、多様な食品をバランスよく摂取することができるでしょう。

 

飲酒量が多い

古くから「酒は百薬の長」などといわれますが、これらはあくまでも適量と適切な飲み方を守った場合ですよね。
 
ではその量とはどのくらいなのでしょうか?
お酒の適量には個人差がありますが、医学的には、純アルコール量で1日20~25g程度とされています。とくに肝機能、血圧、脂質などの健診結果が基準よりも高い場合は、意識して適量を心がけましょう。

 

■適量とされる1日の飲酒量の目安
働く世代にありがちな食事の習慣 問題点と改善策は?
(全国健康保険協会「お酒と上手に付き合おう」資料より)

 

夕食が遅い

昼食を12時台に食べて、夕食が21時以降、となる人も多いことでしょう。
これは昼と夜の食事時間が空きすぎていること、就寝までの時間が短いことが問題です。
 
対策として、夕方18時頃におにぎりやサンドイッチなど炭水化物を食べておき、21時以降(就寝3時間前)はヨーグルトや野菜スープなど、脂質が少なく消化がよいものを摂るとよいでしょう。

 

朝食抜き

「朝は食べる気がしないから」と、朝食を食べない人は多いようですね。

 

ですがちょっと待ってください。

朝食を食べなかったら、エネルギー不足のまま午前中を過ごすことになります。特に脳は大量のエネルギーを必要とするので、会議に集中できなかったり仕事でミスしてしまう原因ともなりえます。

 

まず朝食を食べましょう。
今まで朝食を食べる習慣がなかった人は、
野菜ジュースとバナナとヨーグルト、そんな簡単なものでもいいですから、まずは朝食についての意識を持つ、ということが大事です。

 

喫煙

食後の一服が欠かせない人、または食事を摂る時間がないので代わりにたばこを吸いに行って紛らわす。
こんな人も多いかもしれませんね。
タバコは食生活とは切っても切れない習慣です。

 

ニコチンは一種の神経毒であり、神経の活動を低下させるので喫煙者にとっては「やすらぎの一服」ですが、たばこの煙の中には約1500種の科学物質があるといわれ、発がん物質も数十種類確認されています。

 

喫煙の害については、世界各国で多くの報告があり、日本では2002年に健康増進法が改正されてからは公共の建物の中は禁煙となりました。
 
厚生労働省国民健康栄養調査によると、平成25年の成人喫煙率は、19.3%で、性別にみると、男性32.2%、女性8.2%であり、男女ともに10年間で減少傾向にあります。喫煙は「百害あって一利なし」。
禁煙を心掛けましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

青魚に含まれる「EPA」 効果的な摂取で血管と血液を健康に!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「EPA」(エイコサペンタエン酸)は、食品に含まれる健康のために必要な栄養素として知られるよ...

2018/12/09 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

ヘルシー食材として大注目! 「カリフラワー」のおすすめ活用法

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さん「カリフラワー」にどんなイメージをお持ちですか? 食卓にあがる頻度は少なく、ブロッコリ...

2018/11/20 18:30掲載

今日から実践! 健康のためのヨーグルト活用法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「近ごろ便秘気味…」そんなとき思い浮かぶ代表的な食品のひとつが、ヨーグルト。 健康志向と手ごろなお値段から、冷蔵庫に常備されている方も多...

2018/11/13 18:30掲載

「いま無性にコレが食べたい!」は、身体からのSOS?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ お腹が空いたから何か食べたい、ではなく「肉が食べたい!」「チョコレート!」など特定の食品を無...

2018/10/19 18:30掲載

「無糖の炭酸水」は水の代用品としてOK? カラダへの悪影響は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 炭酸水市場は、この10年で生産量7倍以上と急成長を遂げています。 日本ではかつて、お酒の割り...

2018/10/10 18:30掲載