自宅のビールを「もう1ランク」おいしくする方法

Mocosuku(もこすく)
  • 自宅のビールを「もう1ランク」おいしくする方法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

自宅のビールを「もう1ランク」おいしくする方法

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
ビールのおいしい季節。
暑い日の冷たいビールはそれだけでもう最高ですが、ほんのちょっとしたことで、ビールがもっとおいしくなる方法があるそうです。
しかも、お金は一切かからず、1秒以内にできる方法も。
いったいどういう事なのでしょう?
 
 

その1.グラスは掴まない

 

一瞬でビールをもっとおいしくする方法は、まず、グラスの持ち方。
家飲みの場合は特に、取っ手のない普通のグラスで飲むことが多いと思いますが、そのとき注意したいのが、グラスをあまり掴まないこと。

 

掴まないと飲めないじゃない!と思われたかもしれませんが、なるべくグラスと指が触れる部分を少なくするのがポイント。

 
普通にガバッとグラスを掴んで飲んでいると、体温が伝わってビールがぬるくなってしまうのです。
持ったまましばらくテレビを見たり、会話をしたりするのは厳禁。どんどん熱が伝わってしまいます。

 
理想的なグラスの持ち方は、グラスの底に近い部分を親指と人差し指、中指の3本で持ち、底の部分に軽く薬指と小指を添える方法。
底や底に近い部分は厚くなっていることが多いため、手の温度が伝わりにくくなります。

 
昭和のおじさんたちの中には、ビールグラスを数本の指でつまむように持ち、小指をたてて飲む人もいましたが、あれも実はビールをぬるくしないための理にかなっていたのです。
また底に近い部分を持つと、飲むときにグラスは大きく傾き、ビールの勢いが増してより爽快なノド越しになります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【食事】新着記事

「硬水」「軟水」は何が違う? ミネラルウォーターの種類と選び方

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為などに飲む方も多いミネラルウォーター。 コンビニなどでも沢山の種類が並んでいますよね。 種類によってどういう違いがあるのでしょうか。 今回はミネラルウォーターの...

2017/09/19 18:30掲載

白米・玄米・五穀米や十六穀米を比較! なにがどれだけどう違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 普段、私たちが食べるお米には、玄米や五穀米など実に様々な種類があります。 最近では定食屋さんやお弁当屋さんでも、ご飯の種類を選ぶことができるようになってきていますね。 ...

2017/09/12 18:30掲載

低脂肪、低カロリー、糖質ゼロ。ダイエットで優先すべきはどれ?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 健康志向や痩せ志向が広まり、スーパーやコンビニでも低脂肪や低カロリー、糖質ゼロなど、ダイエッ...

2017/09/09 18:30掲載

美容や健康に「ナッツ」はいかが? 種類や選び方をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) お酒のお供や、美容・健康のためなどに。 近年、コンビニやスーパーでナッツを見かける機会が多くなってきましたね。 この頃では、おしゃれな雑貨屋さんなどでも沢山の種類が並ん...

2017/09/06 18:30掲載

8月31日は「野菜の日」 冬瓜、ズッキーニ、空心菜などいかがですか?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 8月31日は8(や)3(さ)1(い)にちなみ、「野菜の日」とされています。 野菜は食卓になじみのある食材ですし、健康の為に積極的に摂りたい食品の1つです。 そのなかでも...

2017/08/30 18:30掲載

8月18日は「健康食育の日」 食育のこと、ご存じですか?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 8月18日は「健康食育の日」です。 この「食育」という言葉、よく耳にすることはあるかと思います。 しかし具体的には、なにをどうすればよいのでしょうか? 今回はこの食育に...

2017/08/17 18:30掲載