退職金制度がなければ… 「自分で準備する」方法

Mocosuku(もこすく)
  • 退職金制度がなければ… 「自分で準備する」方法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

退職金制度がなければ… 「自分で準備する」方法

公開日時

 
執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー)
 
 
「勤め先に退職金制度がないので不安」と思う人は少なからずいると思います。
一時金として、または年金形式で受け取れる退職給付金は、子どもの教育費や家のローン、老後の生活費としても大変ありがたい存在です。これまでも1社でコツコツ、長く働こうという意欲にもつながってきたものです。
 
ところが最近は、退職給付制度そのものを設けていなかったり、自分で運用するタイプのものだったり、さまざま。
退職金に不安がある、という人はどうしたらいいのでしょうか。いっしょに考えていきましょう。
 

 

日本の会社の実態

 
厚労省の平成25年「就労条件総合調査結果」によると、会社規模別の退職給付制度(一時金・年金のいずれか、または両方)の導入割合は以下のようになっています。
 
・従業員数1,000人以上 : 93.6%
・従業員数300~999人 :  89.4%
・従業員数100~299人 :  82.0%
・従業員数30 ~ 99人 :  72.0%

 

いわゆる「大企業」の圧倒的多数は退職給付制度が導入されている一方で、中小企業、とりわけ小規模企業では導入率が低くなっています。
 
この調査結果で気掛かりなのは、約6,000社が調査対象となっていること。日本国内の中小企業数が約385万社に上ることを勘案すると、上記の中小企業における退職給付制度の導入状況は、実態とは乖離(かいり)しており数字は大幅に底上げされている可能性がありそうです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

鼻毛や耳毛… 伸ばしっぱなしで、カラダに悪影響はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛にしても耳毛にしても、長く伸びて鼻や耳から飛び出しているのは「見苦しい」ものです。 ましてや周囲の人に指摘されたらとても恥ずかしく感...

2018/06/15 18:30掲載

高血圧は良くないと聞くけれど… 血圧が低ければ心配はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 動脈硬化や生活習慣病の予防として「高血圧には気をつけよう!」と、声高に叫ばれています。 それでは、血圧が低い分には健康上問題はないのでし...

2018/06/08 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

不足しがちなミネラル「亜鉛」 慢性的に足りていないと…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 亜鉛は体内では生成できない必須ミネラルのひとつ。 ですから、体の外から取り入れることが必要です。 日本人に推奨される一日の亜鉛摂取量は、...

2018/04/06 18:30掲載

ごく身近にある健康チェック… それはあの時の「色」と「におい」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちの身体から排出される、汗、便、体液などは、健康状態を反映する「バロメーター」です。 なにしろ自分の身体から排出されるのですから、こ...

2018/04/05 18:30掲載