恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

Mocosuku(もこすく)
  • 恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

恋も仕事も… “ドロ沼”から抜け出すには

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
 
 
自分でもダメだとわかってるけど変えられない、やめられない、抜けられない・・・。
 
恋でも仕事でも、そんな“つらい”経験のない人は、もしかしたらいないのかもしれません。どうしてハマってしまうのか、どうしたら抜け出せるのか、そんな知恵を心理学から取り入れてみませんか?
 
 

精神疾患の人は何かに「とらわれている」「ハマっている」

 
うつ病や不安障害など、昨今よく知られるようになった精神疾患。
そのメカニズムについては、たとえば、うつ病のときには神経伝達物質のセロトニンが不足しているとか、不安障害の人は大脳辺縁系にある偏桃体が過敏になっているとか、脳科学が発達して、さまざまなことが解明されてきました。
 
その結果、「ココロとは脳だ」という説が今、注目されています。
 
それでも病者の体験に注目すると、うつ病の人は概してまじめで、「最近の自分はたるんでいる」とか「みんなに迷惑をかけて申し訳ない」などと、周囲の人がそんなに気にしていなくても、自分だけのドロ沼にハマって苦しんでいることはよくあるのです。
 
そして病気でなく、仕事や恋においても、危機状態に陥ったときには、同じように「とらわれ」たり、「ハマって」苦しむことがあるのではないでしょうか。
 
 

<つづきを読む>

1 / 4 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

他人が出す音が許せない 「ミソフォニア(音嫌悪症)」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日常生活にあふれる、ありふれた音。 たとえば、パソコンのキーボードを入力する音やヘッドフォンから漏れる音、食事中の咀嚼音や麺類をすする音...

2018/01/11 18:30掲載

「精神障害」「精神異常」「精神病」 意味の違いは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今はさまざまな側面から、メンタルヘルスケアに対する関心が高まっています。 身体の不調と違って、「見えないココロ」のことですから...

2018/01/09 18:30掲載

アナタにも起こりうる「燃え尽き症候群」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 日本においては、スポーツの代表選手や部活を終えた高校3年生が「燃え尽き症候群」になりやすいといわれます。 また、先ごろ電撃引退を...

2017/12/31 18:30掲載

ストレス社会に強くなる? 「マインドフルネス」のススメ

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ハイストレス社会の中で毎日、翻弄されている私たち。 ストレスにどっぷり飲み込まれないで、こころ穏やかに、落ち着いて現実に対処でき...

2017/11/30 18:30掲載

「自分が自分である」感覚を喪失する…?「離人症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「自分が自分から離れてしまう感じがする」という症状が離人症です。 心が肉体から離れて、遠くから自分を観察している感覚や、自分が自...

2017/11/13 18:30掲載

LINEやメールで実践できる方法も。「認知行動療法」について

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは、「認知行動療法」という治療法をご存知でしょうか? 認知行動療法とは、うつ病をはじめとする精神疾患の治療法のひとつです。...

2017/10/22 18:30掲載