デートや商談、顔の汗をおさえる方法

Mocosuku(もこすく)
  • デートや商談、顔の汗をおさえる方法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

デートや商談、顔の汗をおさえる方法

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
 
 
デートや商談など、「大切な場面に限って、緊張すると額など顔から汗がでて困る」という人は少なくありません。
 
顔の汗を気にせず、安心して過ごす方法はないものか調べてみました。
 

 

なぜ顔に汗をかくのか

 
そもそも汗は、身体の体温を調節するために必要なものです。汗を分泌する汗腺は全身にあり、汗を出すことで熱を逃がしています。
 
しかし、運動不足であったり、常にエアコンの効いた部屋で過ごしているなど、汗を分泌する機会が少ないと、腕や下半身など冷えやすい部分の汗腺は休眠状態に入ってしまうことがあります。
すると身体が、いざ汗を出そうと思ったときに、顔など動きの多い部分から出る汗が増え、顔ばかりに汗をかく原因となってしまうのです。
 
日頃運動の機会が少なかったり、汗をあまりかかない人は、まず生活習慣を見直すことから始めましょう。
 
特に更年期の女性の場合、ホルモンバランスが乱れることにより、体温調整をつかさどる自律神経のバランスも乱れ、火照ったり、顔に汗をかきやすくなることがあります。また年齢・性別にかかわらず肥満傾向にあると、全身にため込んでいる脂肪が体内の熱の放出を妨げ、汗をかきやすくなる、とも言われています。
 
ほかにも、あまりに顔の汗がひどい場合は「顔面多汗症」という病気の疑いもあります。まずは自分が顔に汗をかきやすい原因を考え、気になる場合には病院を受診してみることも一つの方法です。
 
このように、顔に汗をかく原因はいくつかありますが、「大事な場面で汗を止めたい!」という方のために、次からはすぐに取り入れられる顔の汗対策を順にみていきましょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【生活】新着記事

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載

落としても3秒以内ならセーフ! 食べ物の「3秒ルール」は正しい?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 食べ物を落としても3秒以内に拾えば大丈夫、という「3秒ルール」。 どこかで聞いた覚えはありま...

2018/02/10 18:30掲載

正座をすると、どうして足はしびれるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今は生活様式の洋式化が進み、畳の上で過ごす時間は減少しています。 そして、日本伝統の座り方である「正座」をする機会も少なくなっているよ...

2018/01/14 18:30掲載

冬の衣類や毛布など… 洗濯はどれくらいの頻度でするべき?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 冬場の洗濯・・・衣服の生地は厚いし、シーツなどの大物は乾きづらいし、おまけに外干しできない日も多い、とっても悩ましい...

2017/12/10 18:30掲載

『11月22日 = いい夫婦の日』 現代版「いい夫婦」像とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ どんな夫婦が「いい夫婦」なのか、それは時代や文化によっても異なるでしょう。 昔なら模範的夫婦とされた「夫唱婦随」(夫が主張して妻...

2017/11/21 18:30掲載

水?お湯? 洗顔、洗濯、料理など、ふさわしいのはどっち?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 洗顔、風呂、洗濯、食器、料理などなど… 日常生活において、「〇〇を洗う」というシーンは頻繁におとずれます。 今回はそ...

2017/11/14 18:30掲載