生活

Mocosuku(もこすく)
  • 生活

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

生活に関わる様々な話題をご紹介



ずっと以前から叫ばれ続けている少子化問題、 晩婚・生涯未婚 。これを受けて政府は平成25年版の「少子化社会対策白書」を新たに公表しました。

 晩婚・生涯未婚 :この30年間で平均初婚年齢はどう変わった?



少子化問題の根底にあるのは、日本全体における晩婚・晩産・生涯未婚率です。かつて1980年に行われた調査では、平均初婚年齢は男性で27.8才、女性で25.2才だったものが、2011年には男性で30.7才、女性で29.0才にまで上昇しており、現在もこの上昇傾向は続いていると考えられます。また、同じ年に実施された国立社会保障・人口問題研究所による「出生動向基本調査結婚と出生に関する全国調査」では、未婚男性で将来的には結婚することを考えている人が全体の86.3%、未婚女性の場合で89.4%との結果が出ましたが、一生結婚するつもりはない生涯未婚を考えている人も男性で9.4%、女性で6.8%と緩やかに上昇傾向にあるようです。

 晩婚・生涯未婚 :「理想の子供数」の平均は2.48人、実際の数の平均は1.77人



また、結婚した場合でも、「理想の子供数」の平均が2.48人であるのに対し、実際の子供数は平均1.77人。現実には理想より少ない子供数になっていることも明らかになりました。その理由としては、子育てにお金が掛かり過ぎることから意図的に子供を作らないということも挙げられますが、加えて欲しくてもできないという意見もあり、この背景にはやはり晩婚が関係していると考えられます。

 晩婚・生涯未婚 :高齢出産も少子化の原因のひとつ



実際同調査によると、第一子を出産した女性の平均年齢が30.1才と、初めて30才を超えて過去最高記録に達したのだそうです。このまま晩婚化が進むと、更に少子化に拍車がかかることになります。というのも、高齢になればなるほど妊娠や出産が難しくなるからです。女性の生殖機能は35歳くらいまでは基本的に安定していますが、その後徐々に機能は老化していき、それに伴って正常な妊娠や出産が難しくなってくるわけです。その上、体力や肌の調子などの老化現象は自分でも気づきやすいものですが、生殖能力の衰えというものはなかなか気づきにくいものです。しかし実際には、子宮筋腫や子宮内膜症など流産や不妊の原因になりやすい疾患の罹患率は、40才以降から一気に上昇し始めるのです。

 晩婚・生涯未婚 :一生結婚する気のない生涯未婚率も上昇中



晩婚・晩産に加えて、そもそも結婚する気のない生涯未婚率が上昇しているしていることも、少子化問題に拍車をかけています。特に男性の生涯未婚率は高く、50才の時点で未婚の男性は全体の20.14%。つまり10人に2人は生涯未婚であると考えられます。この背景には、独身の方が金銭面や時間の面で自由で楽だという、結婚に対する価値観の変化が大きく関係しているのかもしれません。しかし中高年の婚活も活発に行われている現実を照らし合わせて考えると、理想の相手が現れれば結婚も考えるという姿勢も同時にうかがい知ることができます。

【生活】

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「薬用」という名がつくものに対して、どんなイメージを持っていますか? “治療効果”のようなイメージでしょうか、それと...

2017/01/18 18:30掲載

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ひとくちに「音」といってもさまざまな種類があります。 音によって癒されることもあれば、イライラしたり、ときには騒音問題として近隣トラブル...

2017/01/11 18:30掲載

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

2017/01/06 21:30掲載

年末年始は事故の季節?増加する原因とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 内閣府が公表している「平成26年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況」によると、交通事故発生件数、交通事故死傷者ともに12月が...

2016/12/27 18:30掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...