40歳を過ぎたら注意したい、3つの「目」の病気

Mocosuku(もこすく)
  • 40歳を過ぎたら注意したい、3つの「目」の病気

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

40歳を過ぎたら注意したい、3つの「目」の病気

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
 
 

近頃は、目の定期検診でぜひとも早期発見したい疾患があります。失明の危険がある病気として、メディアでも取り上げられることが多くなった「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」です。
 

加齢黄斑変性は、「老眼が進んだのかな・・」と思い込み、治療せずに放置している人が大勢いるのだとか。
 
加齢黄斑変性に限らず、目の病気は気がついた時には進行している場合が少なくありません。ゆっくりと進行する病気が多く、見え方に異常があっても、すぐに慣れてしまい、片方の目に異常があっても、もう片方でカバーしてしまうためです。
 

今回は、加齢黄斑変性とともに緑内障、白内障まで、放置しがちな「目の病気」のポイントをおさえておきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

成人の半数以上が予備軍!? 万病の元「歯周病」の症状とケアについて

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 歯周病は口のなかの病気ですが虫歯とは違います。 歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)から侵入した細菌感染によって起こる炎症性の病気です。 ...

2018/05/25 18:30掲載

自分の意思に反して手や足が震えてしまう…「本態性振戦」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 医学では「振戦(しんせん)」と専門的に呼ばれますが「ふるえ」のことです。 健康な人でも寒い、怖い、緊張している…などの状況で起こる一般的...

2018/05/11 18:30掲載

「難聴」とはどいう状態? ミュージシャンの職業病なの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「難聴」とは音や話し声が耳で聞こえにくくなっている状態です。 難聴は誰にでも起こりうるのものですが、種類があり原因や対策も違ってきます。...

2018/04/14 18:30掲載

あの有名歌手も。 全身に激痛をともなう「線維筋痛症」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 全身に激しい痛みが慢性的に起こる「線維筋痛症」。 その痛みは「骨が裂けるような」「筋肉がひきつれるような」などと患者さんが形容するほどの...

2018/04/10 18:30掲載

自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 他人は何とも思っていないのに、自分の外見や容貌に極度にとらわれてしまうのが醜形恐怖症です。 見た目のささいな欠点に思い悩み、精神...

2018/04/09 18:30掲載

小さな子どもが突然何度も嘔吐する… 「周期性嘔吐症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 普段は元気な子どもが突然何回も嘔吐を繰り返し、いったん回復するものの再び同様の症状に見舞われる「周期性嘔吐症(しゅうきせいおうとしょう)...

2018/04/08 18:30掲載