イヤホンとヘッドホン、耳への影響で選ぶなら?

Mocosuku(もこすく)
  • イヤホンとヘッドホン、耳への影響で選ぶなら?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

イヤホンとヘッドホン、耳への影響で選ぶなら?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士)
 
 

携帯用のオーディオプレーヤーやスマートフォンの普及によって、好きな時に好きな場所で音楽が楽しめる時代になりました。
 
そんな外出先で音楽を聴くとき、欠かせないグッズといえばイヤホンやヘッドホンですよね。
 
本人の音の聞こえ方の好みや、使う場所によって使い分けることができるイヤホンとヘッドホンですが、耳に与える影響という点で、この2つに違いはあるのでしょうか?
  
注意点についてみていきましょう。
 

 

耳に与える影響

 
どちらも使い方に注意をしないと耳に悪い影響をもたらしてしまいます。
 
どちらの場合でも、大音量で聴いてしまうと出てくるのが難聴のリスクです。耳は、外耳、中耳、内耳の3つの部分からできています。
 
このうち聴覚に関係しているのは、内耳の「蝸牛(かぎゅう)」です。ここが大きな音の力などが加わることで傷がついて発症します。

 
イヤホンやヘッドホンを大音量で聞いていたら、「最近何だか聞き取りにくい感じがある」という方もいるのではないでしょうか?
 
そこで次からは、耳にどんな影響があるのか、イヤホンとヘッドホンの場合に分けてみていきましょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【難聴】新着記事

市販の薬が原因で!?「スティーブンス・ジョンソン症候群」

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 風邪をひいたときなど、軽症であれば市販薬で治すという方も多いのではないでしょうか。 そんな市販薬が原因で「スティーブンス・ジョンソン症候...

2017/07/29 18:30掲載

「ストレス性の難聴」とはどういうこと?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) ケガや痛みがあるわけでもないのに、ある日突然、耳が聞こえづらくなる、ということがあります。 耳鼻科で検査をして、病名はついたものの「明らかな根本的な...

2016/10/31 18:30掲載

イヤホンとヘッドホン、耳への影響で選ぶなら?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 携帯用のオーディオプレーヤーやスマートフォンの普及によって、好きな時に好きな場所で音楽が楽しめる時代になりました。 そんな外出先で音楽を聴くとき、欠...

2016/10/20 12:00掲載

「あれ?聞こえない!」 若い世代にも広がる突発性難聴

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(医師) 「突発性難聴」という病名を聞いたことはありますでしょうか?ストレス社会を背景に、現在増え続けている病気で原因がはっきりしないまま、突然耳が聞こえ...

2016/07/31 18:30掲載

再生医療で難聴 の治療が可能になる日が来る?

再生医療で難聴 の治療が可能になるかもしれません。京都大学脳神経外科医師の研究グループは、新しい細胞移植法を開発。音を聞き取るための脳神経、聴神経の機能を再生させることに成功しました。 これは今後、難...

2015/06/22 15:32掲載