難聴

Mocosuku(もこすく)
  • 難聴

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

難聴について

働く女性の難聴 をご存知ですか? ある日、何の前触れもなく耳が聞こえにくくなる…。近年、そんな症状が働く女性に急増しているそうです。職場の人間関係やオーバーワークによる心と体への負担がきっかけとなって、誰にでも発症する可能性がある突発性の難聴。予防の手立てはあるのでしょうか?

耳が聞こえにくいと感じたら、3つの病気の疑いが!

女性によくみられる、突然耳が聞こえにくくなる病気は主に以下の3つが考えられます。

突発性難聴

片方、まれに両方の耳の聞こえが突然悪くなります。耳鳴りも併発し、初期症状ではめまいがあることも。原因は不明ですがストレスや過労、体調不良のときに起こりやすくなるそうです。

急性低音障害型感音難聴

耳が詰まったような感じや、耳鳴りがします。症状がある時期とない時期が繰り返し起こり、その期間も数分から数日までさまざまです。ストレスや睡眠不足が引き起こし、今若い女性にとても多くみられます。

メニエール病

強いめまいが起こり、難聴と耳鳴りが併発します。発作的に症状が繰り返し起きるのが特徴です。内耳の中にリンパ液が増えすぎるのが原因と言われていますが、その背景にはストレスや睡眠不足、過労状態があると考えられています。いずれも早期治療が肝心。放っておいてしまうと最終的に完治が難しなってしまうので、自覚症状を感じたらすぐ耳鼻咽喉科にて診察を受けてください。

働く女性の難聴 :日々の生活でできる7つの予防法

症状のほとんどはストレスや疲れが誘因となっており、それを取り除くことで発症率をかなり抑えることができるでしょう。そこで日常生活で心がけることで、予防につながる生活習慣をご紹介します。

睡眠をしっかりとる

発症直前に強いストレスや疲労感を感じたという人が多いようです。睡眠は体の疲れをとるだけではなく、脳を休めるのにも必要不可欠です。

免疫力を高める食事をとる

統計的に発症する人は、野菜の摂取が不足していると言われています。とくに現代の食生活に不足しがちな野菜や発酵食品をとることを心がけてください。免疫力は腸と関係も深いので、野菜に含まれるビタミンや食物繊維、発酵食品の乳酸菌が効果を発揮します。忙しくてなかなか野菜が摂れないという人は、市販の野菜ジュースを飲むというのでも予防の効果があります。

適度な運動をする

疲れにくい体づくりに、無理のない範囲で毎日続けるのは効果的。風景が変わるのを楽しめるウォーキングは、リラックスもできるのでおすすめです。

入浴で体を温める

全身をリラックスさせながら、免疫力を高めるのに効果的な入浴。シャワーではなく湯船につかりましょう。

過度な飲酒を控える

適量であればストレスを減らし、血管の拡張効果もありますが、過度な飲酒は免疫力を低下させてしまいます。

タバコを控える

タバコに含まれる有害物質が身体に取りこまれることで、免疫力が下がってしまいます。

耳に大きな刺激を与えない

イヤホンで音量大で聴いたり、ライブでスピーカーの前で聴いたりすると、耳の健康に良くありません。また、難聴につながる恐れも。

健康な体づくりはもちろんですが、ストレスや疲れを感じたら休息をとり、その引き金となる要因を出来る限りなくすようにすることが大切です。自分の体に負担をかけないようにすることこそ、突発性の難聴から身を守るカギなのです。

【難聴】

「ストレス性の難聴」とはどういうこと?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) ケガや痛みがあるわけでもないのに、ある日突然、耳が聞こえづらくなる、ということがあります。 耳鼻科で検査をして、病名はついたものの「明らかな根本的な...

2016/10/31 18:30掲載

イヤホンとヘッドホン、耳への影響で選ぶなら?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 携帯用のオーディオプレーヤーやスマートフォンの普及によって、好きな時に好きな場所で音楽が楽しめる時代になりました。 そんな外出先で音楽を聴くとき、欠...

2016/10/20 12:00掲載

「あれ?聞こえない!」 若い世代にも広がる突発性難聴

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(医師) 「突発性難聴」という病名を聞いたことはありますでしょうか?ストレス社会を背景に、現在増え続けている病気で原因がはっきりしないまま、突然耳が聞こえ...

2016/07/31 18:30掲載

再生医療で難聴 の治療が可能になる日が来る?

再生医療で難聴 の治療が可能になるかもしれません。京都大学脳神経外科医師の研究グループは、新しい細胞移植法を開発。音を聞き取るための脳神経、聴神経の機能を再生させることに成功しました。 これは今後、難...

2015/06/22 15:32掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

「年をとると、筋肉痛は遅れてやってくる」というのは本当?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 久しぶりに運動をしたり、激しい運動・筋力トレーニングをすると、やってくるのが筋肉痛。 巷では、「筋肉痛が早くくるのは若い証拠」な...

原因不明のつらい症状…「不定愁訴」にどう対策する?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「不定愁訴」とは、原因が特定できないけれど、何らかの症状で苦しんだり悩んだりしている場合をいいます。 さまざまな身体症状を訴えるものの、...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

関連サイト

突発性難聴症状

突発性難聴の主な症状は、突然耳が聞こえなくなる、耳鳴り、雑音等ですが、具体的にはどんなものでしょうか?当サイトでは、突発性難聴の症状について詳しく説明します。

耳鳴りキーン

耳鳴りの症状の中には、キーンとなるものがあります。どのようにして、キーンという耳鳴りが生じるのでしょうか?当サイトでは、キーンという耳鳴りの原因、対策について説明します。