笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

Mocosuku(もこすく)
  • 笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

公開日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 
最近注目されている「セロトニン」というホルモン、聞いたことはありますでしょうか。
 
このホルモン、実は「幸せホルモン」と呼ばれることもあるんです。
 
なぜ、幸せホルモンと呼ばれているのでしょうか?そして、どうすれば幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増やすことができるのでしょうか?
 
今回はそんな幸せホルモン・セロトニンについてご紹介しましょう。
 

 

セロトニンは「脳内の神経伝達物質」の一つ

 
人間が生きていく上での司令塔である「脳」。
 
脳内では様々な神経伝達物質が存在し、それぞれが重要な情報を交換することで、人間特有の複雑な感情や思考を行うことが可能となっています。
 
セロトニンは、この神経伝達物質の一つであり、主に気分や食欲、睡眠をコントロールしています。
 
このセロトニンが不足すると気分が落ち込み、食欲が増加していくら食べても満足できず、なかなか寝付けないといった、生きていく上で不快となりえる状態を引き起こしてしまいます。
 
よって、セロトニンの分泌を増やすことは、それらの不快な状態を抑制することができるため、「幸せホルモン」と呼ばれているのです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ライフスタイル】新着記事

仕事中、猛烈な睡魔に襲われて… 眠気を覚ます方法ある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自堕落をしているわけでもない、夜更かしもしないでしっかり寝たはず… それなのに、仕事中に襲ってくる睡魔。 そんな経験、誰しもお持ちではな...

2017/11/24 18:30掲載

そろそろ冬本番。やっぱり「冬は太りやすい」季節なの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的に、季節のなかでは太りやすいというイメージがある“冬”。 一方で、実は冬は夏よりも痩せやすい季節ともいわれています。 どうして、両...

2017/11/20 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 育児中の日常の様子をSNSに投稿することがルーチンの人、見るだけの人など、SNSとの付き合い方はさまざまでしょう。 そんな中、周...

2017/01/18 21:30掲載

草食、絶食、断食系も?「男性の女性化」が進んでいるから?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 一般に、生物学的な「性」はセクシャリティ、社会的・文化的な「性差」はジェンダーと呼ばれます。 そして最近は、自分を男性と感じるか...

2016/12/24 18:30掲載

「お風呂にします?ごはんにします?」 先が良いのはどっち?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 朝から夕方まで頑張って活動し、帰宅したあなた。 お腹もずいぶんすきました。 そんな時、あなたはまず夕飯をたべますか?それともさっぱりする...

2016/12/21 18:30掲載