「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

Mocosuku(もこすく)
  • 「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

公開日時
更新日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・看護師)
 
 

これまで普通に働いていた人が突然亡くなった…
 
ある日、何の前触れもなく訪れる突然死。そこにはどのような原因があるのでしょうか。
 
「健康そうに見えたのに…」
 
そんな人でも起こりうる突然死について詳しく説明をしていきます。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【心臓】新着記事

「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) これまで普通に働いていた人が突然亡くなった… ある日、何の前触れもなく訪れる突然死。そこにはどのような原因があるのでしょうか。 「健康そうに見えたのに…」 そんな人...

2016/11/12 18:30掲載

「長時間労働」と「心臓病」には深い関係があった?

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:樋口二三男(医学博士、とらうべ顧問産業医) 「今日も残業だ…」 そんなあなたには、長時間労働による健康面への影響が心配されます。 一般的には時間外労働が...

2016/04/11 21:00掲載

死に至る子どもの心臓病、国内初承認の「補助人工心臓 」への期待高まる

治癒を期待できる手段が心臓移植しかない重症の心不全があります。しかし、ドナーの提供がなければ心臓移植を受けることができないため、待っている間に亡くなってしまうケースも少なくありません。補助人工心臓 は...

2015/09/02 16:27掲載

狭心症の再発防止 …「心臓リハビリテーション」とは?

狭心症の再発防止 には何が必要なのでしょうか。「初代タイガーマスク」として知られる佐山サトルさんは今年5月、「狭心症」と診断され手術を行いました。術後の経過は順調で、驚異的な回復力が周囲を驚かせている...

2015/08/05 14:42掲載

小児用補助人工心臓の役割 とは?

小児用補助人工心臓の役割 をご存知ですか。厚生労働省の専門部会は、ドイツの医療機器メーカーの開発した小児用補助人工心臓「EXCOR」の国内販売を了承したと発表しました。来週にも厚労省が正式に承認する見...

2015/06/15 16:42掲載