学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

Mocosuku(もこすく)
  • 学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

子どもに玩具(おもちゃ)はつきもの。ただ、遊び道具であるだけでなく、学習効果もあるならぜひ、自分の子どもに与えたいと思うでしょう。
 
そんな玩具を「知育玩具」といいます。
 
しかし宣伝で「知育玩具」と称されていても、なかには実際効果のないものもあるようです。
 
あらためて、知育玩具とはどういうものなのか、詳しくご説明したいと思います。
 

 

知育玩具とは

 
子どもは遊ぶことで多くを学び、脳にも刺激が与えられます。
 
その際、玩具がなくても身の回りのモノを「遊び道具」にして遊ぶことはできますし、実際にそうやって遊んでいる子どももたくさんいます。
 
しかしせっかくですから玩具を、そして遊びを、考える能力や知的能力を高める機会にしたらどうかと考案されたのが知育玩具です。つまり、玩具が子どもに与える知的発達への影響を配慮して作られた、「知能の発達や心の成長を促す目的に作られた玩具」を知育玩具と呼びます。
 
現在、知育玩具として販売されている商品は多いのですが、知的玩具だと銘打つために制約や条件があるわけではありません。
 
昔から定番となっている「積み木」「ままごと」「パズル」なども、現在では知育玩具として見直されています。
 
 

知育玩具の特徴

 
一般に「教材」は知識を増やすための学習素材ですが、知育玩具はむしろ、「感じる」「表現する」など、子どもの活動に刺激を与えることを「ねらい」としている場合が多いようです。
 
もちろん、小さな子どもが興味を惹くような形や色であったり、安全性も確保できていなくてはなりません。
 
ユーザーの方も、とくに乳幼児に使用する場合は口に入れることなどを考慮して、塗料などに有害物質が含まれていないか、布製ならば衛生面で洗濯が可能かどうか、また誤飲しない大きさなのかなども含めて選択する必要があります。

 
 

知育玩具の変遷

 
玩具の歴史は古く、インダス文明跡から紀元前にすでに玩具らしきものが見つかっています。

 
近代以降、玩具を知育玩具として使用するようになったのは積み木が基になっていると思われます。そして1949年にレゴ・ブロックの原型が作られていて、創意工夫や模倣、認識能力などの強化に役立つと謳われています。
 
日本では1970年代以降に教育ブームが起こり、親が子どもに玩具を通して教育をするというコンセプトのもと知育玩具が多く出回りました。しかし学習効果をねらいすぎて、幼児の関心を惹きつけることができなくて、失敗に終わったものも多かったようです。
 
親の自己満足にとどまってしまった知育玩具もあったようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【家族と暮らし】新着記事

妊娠中だけ注意したい? 原虫の一種「トキソプラズマ」とは

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「○○に注意」「○○してはいけない」・・・などと、妊娠中は何かと注意事項が多いものです。 そのひとつに「トキソプラズマへの感染」...

2017/10/18 18:30掲載

日本でも増えてきた「タトゥー」。 健康への影響はある?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 欧米ではファッションの一部として定着しているイメージがあるタトゥー。 日本でも、ファッション感覚で取り入れられることが増えてきま...

2017/10/17 18:30掲載

「スポーツの秋」と言うけれど、秋は運動にどう最適なの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑さも一段落したからでしょうか。 毎年、秋になると「~の秋」がキャッチフレーズになります。 食欲の秋や読書の秋、そして、運動の秋など。 ...

2017/10/11 18:30掲載

腹が減っては戦ができぬ? 空腹時の効率はどれだけ下がるのか

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「空腹だと栄養素がいきわたらないから、いい働きもできない」という意味のことわざ「腹が減っては戦ができぬ」。 おそらく、現在と比べると食料...

2017/09/27 18:30掲載

「硬水」「軟水」は何が違う? ミネラルウォーターの種類と選び方

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為などに飲む方も多いミネラルウォーター。 コンビニなどでも沢山の種類が並んでいますよね。 種類によってどういう違いがあるのでしょうか。 今回はミネラルウォーターの...

2017/09/19 18:30掲載

「髪をはやく伸ばす方法」はありますか?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 美容院で切りすぎてしまったり、パーティーが急に決まって「髪をはやく伸ばしたい!」と思ったことのある人は多いかもしれません。 ただ実際、髪...

2017/09/18 18:30掲載