学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

Mocosuku(もこすく)
  • 学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

子どもに玩具(おもちゃ)はつきもの。ただ、遊び道具であるだけでなく、学習効果もあるならぜひ、自分の子どもに与えたいと思うでしょう。
 
そんな玩具を「知育玩具」といいます。
 
しかし宣伝で「知育玩具」と称されていても、なかには実際効果のないものもあるようです。
 
あらためて、知育玩具とはどういうものなのか、詳しくご説明したいと思います。
 

 

知育玩具とは

 
子どもは遊ぶことで多くを学び、脳にも刺激が与えられます。
 
その際、玩具がなくても身の回りのモノを「遊び道具」にして遊ぶことはできますし、実際にそうやって遊んでいる子どももたくさんいます。
 
しかしせっかくですから玩具を、そして遊びを、考える能力や知的能力を高める機会にしたらどうかと考案されたのが知育玩具です。つまり、玩具が子どもに与える知的発達への影響を配慮して作られた、「知能の発達や心の成長を促す目的に作られた玩具」を知育玩具と呼びます。
 
現在、知育玩具として販売されている商品は多いのですが、知的玩具だと銘打つために制約や条件があるわけではありません。
 
昔から定番となっている「積み木」「ままごと」「パズル」なども、現在では知育玩具として見直されています。
 
 

知育玩具の特徴

 
一般に「教材」は知識を増やすための学習素材ですが、知育玩具はむしろ、「感じる」「表現する」など、子どもの活動に刺激を与えることを「ねらい」としている場合が多いようです。
 
もちろん、小さな子どもが興味を惹くような形や色であったり、安全性も確保できていなくてはなりません。
 
ユーザーの方も、とくに乳幼児に使用する場合は口に入れることなどを考慮して、塗料などに有害物質が含まれていないか、布製ならば衛生面で洗濯が可能かどうか、また誤飲しない大きさなのかなども含めて選択する必要があります。

 
 

知育玩具の変遷

 
玩具の歴史は古く、インダス文明跡から紀元前にすでに玩具らしきものが見つかっています。

 
近代以降、玩具を知育玩具として使用するようになったのは積み木が基になっていると思われます。そして1949年にレゴ・ブロックの原型が作られていて、創意工夫や模倣、認識能力などの強化に役立つと謳われています。
 
日本では1970年代以降に教育ブームが起こり、親が子どもに玩具を通して教育をするというコンセプトのもと知育玩具が多く出回りました。しかし学習効果をねらいすぎて、幼児の関心を惹きつけることができなくて、失敗に終わったものも多かったようです。
 
親の自己満足にとどまってしまった知育玩具もあったようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【家族と暮らし】新着記事

うなぎ味のなまず…? うなぎとなまず、どれだけ違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑くなる時期にかけて目にすることの多くなるうなぎ。 特に土用丑の日のうなぎは有名ですね。 最近はうなぎ価格高騰の影響で、うなぎのかわりになる「うなぎ味のなまず」が発売さ...

2017/06/22 18:30掲載

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

2017/06/13 18:30掲載

「足のむくみ」が気になるあなたへ。原因や対処法をご紹介

執筆:吉村 佑奈(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 夕方になると足がむくんでしまう、靴がきつくなる、ブーツのチャックが上がらない、といった経験はありませんか? 足のむくみは女性によく見られ...

2017/06/08 18:30掲載

話題のグルテンフリーとはなに? 管理栄養士が解説!

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題になっているグルテンフリー。 言葉は聞いたことがあっても、グルテンとはどんなものかなど、詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、グルテン...

2017/06/07 18:30掲載

その日の疲れはその日に解消! カギは「5大栄養素」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ いつも通りの生活をしていても、1日の終わりには疲れを感じるものです。 適度な疲れは睡眠の質を...

2017/06/05 18:30掲載

そろそろ注意したい、 お弁当作りの食中毒対策

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 6~8月は1年の中でも最も食中毒が多い時期。特に作ってから食べるまで時間があるお弁当では注意が必要です。 そこでお弁当を作る時にどんなことに気をつけたらよいのか、ポイン...

2017/05/28 18:30掲載