学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

Mocosuku(もこすく)
  • 学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

子どもに玩具(おもちゃ)はつきもの。ただ、遊び道具であるだけでなく、学習効果もあるならぜひ、自分の子どもに与えたいと思うでしょう。
 
そんな玩具を「知育玩具」といいます。
 
しかし宣伝で「知育玩具」と称されていても、なかには実際効果のないものもあるようです。
 
あらためて、知育玩具とはどういうものなのか、詳しくご説明したいと思います。
 

 

知育玩具とは

 
子どもは遊ぶことで多くを学び、脳にも刺激が与えられます。
 
その際、玩具がなくても身の回りのモノを「遊び道具」にして遊ぶことはできますし、実際にそうやって遊んでいる子どももたくさんいます。
 
しかしせっかくですから玩具を、そして遊びを、考える能力や知的能力を高める機会にしたらどうかと考案されたのが知育玩具です。つまり、玩具が子どもに与える知的発達への影響を配慮して作られた、「知能の発達や心の成長を促す目的に作られた玩具」を知育玩具と呼びます。
 
現在、知育玩具として販売されている商品は多いのですが、知的玩具だと銘打つために制約や条件があるわけではありません。
 
昔から定番となっている「積み木」「ままごと」「パズル」なども、現在では知育玩具として見直されています。
 
 

知育玩具の特徴

 
一般に「教材」は知識を増やすための学習素材ですが、知育玩具はむしろ、「感じる」「表現する」など、子どもの活動に刺激を与えることを「ねらい」としている場合が多いようです。
 
もちろん、小さな子どもが興味を惹くような形や色であったり、安全性も確保できていなくてはなりません。
 
ユーザーの方も、とくに乳幼児に使用する場合はに入れることなどを考慮して、塗料などに有害物質が含まれていないか、布製ならば衛生面で洗濯が可能かどうか、また誤飲しない大きさなのかなども含めて選択する必要があります。

 
 

知育玩具の変遷

 
玩具の歴史は古く、インダス文明跡から紀元前にすでに玩具らしきものが見つかっています。

 
近代以降、玩具を知育玩具として使用するようになったのは積み木が基になっていると思われます。そして1949年にレゴ・ブロックの原型が作られていて、創意工夫や模倣、認識能力などの強化に役立つと謳われています。
 
日本では1970年代以降に教育ブームが起こり、親が子どもに玩具を通して教育をするというコンセプトのもと知育玩具が多く出回りました。しかし学習効果をねらいすぎて、幼児の関心を惹きつけることができなくて、失敗に終わったものも多かったようです。
 
親の自己満足にとどまってしまった知育玩具もあったようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

【家族と暮らし】新着記事

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 育児中の日常の様子をSNSに投稿することがルーチンの人、見るだけの人など、SNSとの付き合い方はさまざまでしょう。 そんな中、周...

2017/01/18 21:30掲載

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「薬用」という名がつくものに対して、どんなイメージを持っていますか? “治療効果”のようなイメージでしょうか、それと...

2017/01/18 18:30掲載

素手で握るお寿司屋さんが、衛生面でしていること

素手で握るお寿司屋さんが、衛生面でしていること

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人なら、お寿司屋さんが素手で寿司を握るのは見慣れた光景です。 しかし、もしお寿司屋さんの手にばい菌が付いていたり...

2017/01/16 18:30掲載

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

2017/01/13 21:30掲載

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ひとくちに「音」といってもさまざまな種類があります。 音によって癒されることもあれば、イライラしたり、ときには騒音問題として近隣トラブル...

2017/01/11 18:30掲載