学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

Mocosuku(もこすく)
  • 学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

子どもに玩具(おもちゃ)はつきもの。ただ、遊び道具であるだけでなく、学習効果もあるならぜひ、自分の子どもに与えたいと思うでしょう。
 
そんな玩具を「知育玩具」といいます。
 
しかし宣伝で「知育玩具」と称されていても、なかには実際効果のないものもあるようです。
 
あらためて、知育玩具とはどういうものなのか、詳しくご説明したいと思います。
 

 

知育玩具とは

 
子どもは遊ぶことで多くを学び、脳にも刺激が与えられます。
 
その際、玩具がなくても身の回りのモノを「遊び道具」にして遊ぶことはできますし、実際にそうやって遊んでいる子どももたくさんいます。
 
しかしせっかくですから玩具を、そして遊びを、考える能力や知的能力を高める機会にしたらどうかと考案されたのが知育玩具です。つまり、玩具が子どもに与える知的発達への影響を配慮して作られた、「知能の発達や心の成長を促す目的に作られた玩具」を知育玩具と呼びます。
 
現在、知育玩具として販売されている商品は多いのですが、知的玩具だと銘打つために制約や条件があるわけではありません。
 
昔から定番となっている「積み木」「ままごと」「パズル」なども、現在では知育玩具として見直されています。
 
 

知育玩具の特徴

 
一般に「教材」は知識を増やすための学習素材ですが、知育玩具はむしろ、「感じる」「表現する」など、子どもの活動に刺激を与えることを「ねらい」としている場合が多いようです。
 
もちろん、小さな子どもが興味を惹くような形や色であったり、安全性も確保できていなくてはなりません。
 
ユーザーの方も、とくに乳幼児に使用する場合は口に入れることなどを考慮して、塗料などに有害物質が含まれていないか、布製ならば衛生面で洗濯が可能かどうか、また誤飲しない大きさなのかなども含めて選択する必要があります。

 
 

知育玩具の変遷

 
玩具の歴史は古く、インダス文明跡から紀元前にすでに玩具らしきものが見つかっています。

 
近代以降、玩具を知育玩具として使用するようになったのは積み木が基になっていると思われます。そして1949年にレゴ・ブロックの原型が作られていて、創意工夫や模倣、認識能力などの強化に役立つと謳われています。
 
日本では1970年代以降に教育ブームが起こり、親が子どもに玩具を通して教育をするというコンセプトのもと知育玩具が多く出回りました。しかし学習効果をねらいすぎて、幼児の関心を惹きつけることができなくて、失敗に終わったものも多かったようです。
 
親の自己満足にとどまってしまった知育玩具もあったようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

銭湯好きは必見、「レジオネラ菌」とは

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平医師(東京医科歯科大学名誉教授) 公衆浴場で感染してしまった例があるという「レジオネラ菌」には、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか? 以下から詳しく...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯ブラシはやっぱり電動がイイ? 歯医者さんが薦めるのは

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年では家電量販店などで様々な種類の電動歯ブラシが販売されています。 実際に購入された方の中には、その仕上がりの良さに「もう手放せない!」と長く愛用される方がいる一方、し...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【家族と暮らし】新着記事

カラダにいいのはどれ? 種類別・オイルの働きを徹底比較

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近はスーパーにもオリーブオイルや、ココナッツオイル、えごま油、アマニ油など沢山の種類のオイルが並んでいます。 健康の為によいものを選びたいけれど種類が多くて悩んでしま...

2017/03/30 18:30掲載

脂肪燃焼効果を高める! オススメ食材・飲料組み合わせ

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットをしよう!」と思い立ったときに、まずは食事を減らすという方も多いでしょう。 しかし、効率よく脂肪を燃やすためには、動くことと同...

2017/03/28 18:30掲載

カラダに嬉しい!「ねばねば成分」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によさそうなイメージのある「ねばねば食材」。 納豆やオクラなど様々なものがありますね。 ねばねば成分には一体どのようなものがあるのでしょう? 今回はその働きや、ねばね...

2017/03/27 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

【コラム】栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 年間50日以上、海外に出かけている私が欧米から学んだこと。 それは「何を食べるのか」ではなく「どう作られたか」にこだわることです。 最近は海外出張のときはオーガニッ...

2017/03/24 18:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載