学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

Mocosuku(もこすく)
  • 学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

学習しながら遊べる「知育玩具」 その効果は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

子どもに玩具(おもちゃ)はつきもの。ただ、遊び道具であるだけでなく、学習効果もあるならぜひ、自分の子どもに与えたいと思うでしょう。
 
そんな玩具を「知育玩具」といいます。
 
しかし宣伝で「知育玩具」と称されていても、なかには実際効果のないものもあるようです。
 
あらためて、知育玩具とはどういうものなのか、詳しくご説明したいと思います。
 

 

知育玩具とは

 
子どもは遊ぶことで多くを学び、脳にも刺激が与えられます。
 
その際、玩具がなくても身の回りのモノを「遊び道具」にして遊ぶことはできますし、実際にそうやって遊んでいる子どももたくさんいます。
 
しかしせっかくですから玩具を、そして遊びを、考える能力や知的能力を高める機会にしたらどうかと考案されたのが知育玩具です。つまり、玩具が子どもに与える知的発達への影響を配慮して作られた、「知能の発達や心の成長を促す目的に作られた玩具」を知育玩具と呼びます。
 
現在、知育玩具として販売されている商品は多いのですが、知的玩具だと銘打つために制約や条件があるわけではありません。
 
昔から定番となっている「積み木」「ままごと」「パズル」なども、現在では知育玩具として見直されています。
 
 

知育玩具の特徴

 
一般に「教材」は知識を増やすための学習素材ですが、知育玩具はむしろ、「感じる」「表現する」など、子どもの活動に刺激を与えることを「ねらい」としている場合が多いようです。
 
もちろん、小さな子どもが興味を惹くような形や色であったり、安全性も確保できていなくてはなりません。
 
ユーザーの方も、とくに乳幼児に使用する場合は口に入れることなどを考慮して、塗料などに有害物質が含まれていないか、布製ならば衛生面で洗濯が可能かどうか、また誤飲しない大きさなのかなども含めて選択する必要があります。

 
 

知育玩具の変遷

 
玩具の歴史は古く、インダス文明跡から紀元前にすでに玩具らしきものが見つかっています。

 
近代以降、玩具を知育玩具として使用するようになったのは積み木が基になっていると思われます。そして1949年にレゴ・ブロックの原型が作られていて、創意工夫や模倣、認識能力などの強化に役立つと謳われています。
 
日本では1970年代以降に教育ブームが起こり、親が子どもに玩具を通して教育をするというコンセプトのもと知育玩具が多く出回りました。しかし学習効果をねらいすぎて、幼児の関心を惹きつけることができなくて、失敗に終わったものも多かったようです。
 
親の自己満足にとどまってしまった知育玩具もあったようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【家族と暮らし】新着記事

適度のお酒は健康に良い!? お酒のカラダに良いところ

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 師走を迎え、もうすぐ今年も終わりが近づいてきました。 忘年会や年末年始のイベントで飲酒の機会も多いことでしょう。 昨今の健康ブームから、...

2017/12/14 18:30掲載

イギリス発祥「Vegan (ヴィーガン)=完全菜食主義」のお話

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 1944年にイギリスで創設された『The Vegan Society:ヴィーガン協会』。 ヴ...

2017/12/13 18:30掲載

日本人の2人に1人だけ!? 近頃よく聞く「エクオール」とは

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 女性のホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きをする「大豆イソフラボン」。 ホルモン...

2017/12/11 18:30掲載

冬の衣類や毛布など… 洗濯はどれくらいの頻度でするべき?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 冬場の洗濯・・・衣服の生地は厚いし、シーツなどの大物は乾きづらいし、おまけに外干しできない日も多い、とっても悩ましい...

2017/12/10 18:30掲載

家のカギは閉めた…よね? 気になり過ぎるときは「強迫性障害」の可能性も

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 本人の意思に関係なく、繰り返し起こってくる拭い去れない不快なイメージ。 そんな考えから生じる不安にかきたてられた行動。 どちらも...

2017/12/08 18:30掲載

野菜1日350g、これすべて野菜ジュースやスムージーで補える?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病を防ぐにはビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれている野菜や果物を摂ることが...

2017/12/07 18:30掲載