水素水はなにが良いの?その効果と注意点

Mocosuku(もこすく)
  • 水素水はなにが良いの?その効果と注意点

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

水素水はなにが良いの?その効果と注意点

公開日時
更新日時

 
執筆:桜 イクミ(管理栄養士)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

健康効果や美容効果が高いということで、話題になっている水素水。水素水を商品化したものもよく見かけますね。
 
いったいどのような効果があるのでしょうか。ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

そもそも水素水とは?どんな効果がある?

 
水素水は、水素分子のガスを溶かした水のことです。水素分子は、通常の水の成分には含まれていません。
 
水素水は、味、色、臭いがなく、見た感じは普通の水と変わりありません。
 
水素水には、大きく2つの作り方があります。ひとつは、水素ガスを高圧、バブル化して水に溶かしたもの、そしてもうひとつは、水を電気分解させて水素分子を発生させたものがあります。
 
水素水には、身体の老化や不調につながる悪玉の活性酸素である「ヒドロキシラジカル」を除去する働きがあります。そのため、健康意識の高い方や、美容への関心が高い方に愛用されています。
 
では、ヒドロキシラジカルとはどんなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 
 

ヒドロキシラジカルとは?

 
ヒドロキシラジカルは、酸化する力が強く、細胞やDNA、身体のエネルギーの生産工場であるミトコンドリアを傷つけることによって身体をさびつかせます。身体はさびつくと、身体の老化や不調の原因となります。
 
 

ヒドロキシラジカルが発生するしくみ

 
ヒトの身体は60兆個の細胞からできています。それぞれの細胞の中には、ミトコンドリアというエネルギーの生産工場があります。このミトコンドリアは、食べ物から得た糖と呼吸による酸素を材料に身体のエネルギーを産生します。
 
ところが、このとき同時に活性酸素という物質も副産物として生成されます。そして活性酸素の中のひとつがヒドロキシラジカルなのです。
 
とくにヒドロキシラジカルは、悪玉の活性酸素のため、身体をさびつかせ、老化や不調の原因となり、身体に悪い影響を与えます。
 
ヒドロキシラジカルを含む活性酸素は、日常生活の中で発生します。とくに、エネルギーの生産を活発化させる運動をすると、活性酸素はたくさん生成されます。
 
ヒドロキシラジカルは、このようなしくみで発生し、ヒトの老化や身体の不調が起こるのです。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【美容】新着記事

すこやかな美肌をキープする秘訣は… お肌の季節別ケア♪

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 季節に左右されない健康な肌を保つためには、基本のお手入れはもちろん、その季節に合ったスキンケアを取り入れることも大切です。 それぞれの季...

2019/04/26 18:30掲載

腹筋が衰えやすい女性に! おすすめトレーニング「ドローイン」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 最近スカートがキツくなってきたかも…と、ぽっこりお腹が気になりはじめていませんか? 運動して引き締めたいけれど、仕事をしているし...

2019/02/12 18:30掲載

「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」の信憑性

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中の午後10時~午前2時は「お肌のゴールデンタイム」…という話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。...

2019/02/08 18:30掲載

若返りホルモン? 「DHEA」について詳しく知りたい!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 以前より頭の回転が鈍くなった、最近疲れやすい…という人は「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」というホルモンが減ってきているのかも...

2019/01/18 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか? お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。 ...

2018/12/25 18:30掲載