その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

Mocosuku(もこすく)
  • その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

公開日時
更新日時

 
執筆:座波 朝香(助産師、看護師)
医療監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 
生理にまつわる悩みを抱えている女性は決して少なくありません。なかでも、生理痛に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。
 
それにもかかわらず、「痛み」という感覚が主観的なこともあり、「生理痛ごときで受診するべきではない」と考えている方もいるようです。

 
ただし、生活に支障をきたすほどの生理痛の裏には、病気が隠れている可能性もあります。

 
後から後悔しないためにも、生理痛について一緒に考えていきましょう。
 

 

生理痛って誰にでもあるものじゃないの?

 
生理痛に関するさまざまな実態調査によると、少なくとも約半数の人に生理痛があるとされています。つまり、残りの半数は生理痛がない、あるいは多少あってもほとんど気にせずに過ごすことができる人もいるということですね。
 
一般的には思春期の頃には生理痛が重く、年齢とともにだんだんと軽くなっていくことがわかっています。
 
生理痛がある人にとっては、それが普通だと思うかもしれませんが、中には生理のトラブルを見逃していることがあるかもしれません。
 
では生理痛が異常なものであるかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか?生理痛のしくみから考えていきましょう。
 
 

自分の生理痛は重い?軽い?

 
まず生理とは、厚くなった子宮の内側、つまり子宮内膜がはがれ落ちて膣から外に経血として出ていくことをいいます。
 
このとき、「プロスタグランジン」という生理痛を引き起こす原因物質が分泌されます。プロスタグランジンが子宮に作用することで、ギューっという子宮の収縮がおこり、経血を外に押し出す働きをします。
 

この物質は、お産のときに陣痛を起こさせる陣痛促進剤としても使われます。
 
子宮の収縮が強いと、陣痛のように痛みもより強く感じます。部位としては、下腹部、腰などが痛みます。
 
生理痛が強い人は、プロスタグランジンの分泌が多いという説もあります。
 
とくに、強い下腹部痛や腰痛に悩まされて仕事や学校を休むほどの状態、または薬を飲んでも日常生活に支障があるほどのものを「月経困難症」といいます。生理痛は月経困難症のひとつで、治療が必要なものもあります。
 
以下のような場合には婦人科を受診しましょう。
 

・生理の時、薬が手放せない
・生理痛で薬を飲んでいてもあまり効かない
・仕事や学校、クラブ活動など、普段の生活を制限せざるを得ない
・生理痛があることで、いつもならできていることが出来なくなったり、クオリティが下がると感じる

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【子宮内膜症】新着記事

その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 生理にまつわる悩みを抱えている女性は決して少なくありません。なかでも、生理痛に...

2016/12/23 21:30掲載

その生理痛、大丈夫?子宮内膜症を見逃さないために覚えておくべきこと

執筆:Mocosuku編集部 監修:太田 郁子(医学博士) 「下腹部に鈍痛があって立っているのも辛い」「頭が痛くて仕事に集中できない」…。 そんな毎月の生理痛に悩まされている女性は少なくありません。 ...

2016/11/17 21:30掲載

25歳女子の10人に6人が… 自分のカラダ、わかっていますか?

執筆:渡邉優希(医療ライター) 監修:太田郁子(医学博士) 生理がやってくると、生理痛や吐き気、頭痛、疲労、脱力感などに悩まされる人も多いのではないでしょうか。こうした症状のことを“月経困難症”といい...

2016/04/12 21:00掲載