その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

Mocosuku(もこすく)
  • その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

公開日時
更新日時

 
執筆:座波 朝香(助産師、看護師)
医療監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 
生理にまつわる悩みを抱えている女性は決して少なくありません。なかでも、生理痛に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。
 
それにもかかわらず、「痛み」という感覚が主観的なこともあり、「生理痛ごときで受診するべきではない」と考えている方もいるようです。

 
ただし、生活に支障をきたすほどの生理痛の裏には、病気が隠れている可能性もあります。

 
後から後悔しないためにも、生理痛について一緒に考えていきましょう。
 

 

生理痛って誰にでもあるものじゃないの?

 
生理痛に関するさまざまな実態調査によると、少なくとも約半数の人に生理痛があるとされています。つまり、残りの半数は生理痛がない、あるいは多少あってもほとんど気にせずに過ごすことができる人もいるということですね。
 
一般的には思春期の頃には生理痛が重く、年齢とともにだんだんと軽くなっていくことがわかっています。
 
生理痛がある人にとっては、それが普通だと思うかもしれませんが、中には生理のトラブルを見逃していることがあるかもしれません。
 
では生理痛が異常なものであるかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか?生理痛のしくみから考えていきましょう。
 
 

自分の生理痛は重い?軽い?

 
まず生理とは、厚くなった子宮の内側、つまり子宮内膜がはがれ落ちて膣から外に経血として出ていくことをいいます。
 
このとき、「プロスタグランジン」という生理痛を引き起こす原因物質が分泌されます。プロスタグランジンが子宮に作用することで、ギューっという子宮の収縮がおこり、経血を外に押し出す働きをします。
 

この物質は、お産のときに陣痛を起こさせる陣痛促進剤としても使われます。
 
子宮の収縮が強いと、陣痛のように痛みもより強く感じます。部位としては、下腹部、腰などが痛みます。
 
生理痛が強い人は、プロスタグランジンの分泌が多いという説もあります。
 
とくに、強い下腹部痛や腰痛に悩まされて仕事や学校を休むほどの状態、または薬を飲んでも日常生活に支障があるほどのものを「月経困難症」といいます。生理痛は月経困難症のひとつで、治療が必要なものもあります。
 
以下のような場合には婦人科を受診しましょう。
 

・生理の時、薬が手放せない
・生理痛で薬を飲んでいてもあまり効かない
・仕事や学校、クラブ活動など、普段の生活を制限せざるを得ない
・生理痛があることで、いつもならできていることが出来なくなったり、クオリティが下がると感じる

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【子宮内膜症】新着記事

その痛みは病気のサインかも。生理痛、放置していませんか?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 生理にまつわる悩みを抱えている女性は決して少なくありません。なかでも、生理痛に...

2016/12/23 21:30掲載

その生理痛、大丈夫?子宮内膜症を見逃さないために覚えておくべきこと

執筆:Mocosuku編集部 監修:太田 郁子(医学博士) 「下腹部に鈍痛があって立っているのも辛い」「頭が痛くて仕事に集中できない」…。 そんな毎月の生理痛に悩まされている女性は少なくありません。 ...

2016/11/17 21:30掲載

25歳女子の10人に6人が… 自分のカラダ、わかっていますか?

執筆:渡邉優希(医療ライター) 監修:太田郁子(医学博士) 生理がやってくると、生理痛や吐き気、頭痛、疲労、脱力感などに悩まされる人も多いのではないでしょうか。こうした症状のことを“月経困難症”といい...

2016/04/12 21:00掲載