《デリケートな女性の悩み》 頻尿

Mocosuku(もこすく)
  • 《デリケートな女性の悩み》 頻尿

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

《デリケートな女性の悩み》 頻尿

公開日時

 

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
普段、排尿の回数を意識したことがありますか?
 
飲み会の席などで「あれ?またトイレに行きたい…」と尿意を頻繁に感じたり、周りの人から「またトイレに行くの?」なんて言われたりする場面はないでしょうか。
 
人と比べてしまうと「これって頻尿?」と心配になることもあるでしょう。
 
どこからが異常なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
 

 

どれくらいが普通の排尿回数?

 
尿の量や回数には、個人差があります。1日の排尿量は、正常範囲で500~2000ml/日と、とても幅があります。排尿回数にすると、1日に8回くらいが普通です。
 
だからといって、一概に8回までなら正常、8回以上ならば頻尿ということではありません。
 
たとえば、昼から夕方にかけての4~5時間で5~6回もお手洗いに行くとなると、頻尿といえるでしょう。

 
 

病気じゃない頻尿って?

 
頻尿になる理由に心当たりがあるようなら、必ずしも病気ではないでしょう。たとえば「寒くなると」「お酒を飲むと」尿が近くなる、排尿回数が多くなるという経験はないでしょうか。
 
頻尿になりうる生活習慣をいくつか紹介します。
 


寒冷

冬の間や夏の冷房のききすぎた部屋など、身体が冷える環境にいると尿が近いと感じる人はいるでしょう。身体が急激に冷えると膀胱がキュッと収縮します。
 
そのため、膀胱の容量が充満していなくても尿意を感じやすくなります。
 
また寒さを感じると体温を保とうと、身体は水分を留めます。汗が出にくい代わりに尿として体外に出るよう働くため、尿意を感じやすくなります。

 
 

飲酒・カフェイン

その時々の身体が必要としている量以上の水分を摂ると、尿量は増えます。

 
しかし、たくさん飲んだわけでないのに尿量が増えるということを感じることもあるでしょう。たとえば、アルコールや、コーヒー・紅茶・緑茶などに含まれるカフェインには利尿作用があります。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【膀胱】新着記事

《デリケートな女性の悩み》 頻尿

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 普段、排尿の回数を意識したことがありますか? 飲み会の席などで「あれ?またトイレに行きたい…」と尿意を頻繁に感じたり、周りの人か...

2016/12/25 18:30掲載

《デリケートな女性の悩み》 尿漏れ

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 「まさか!?私が尿漏れするなんて!」 「もっと歳をとってから悩むものかと思っていたのに・・・」 風邪でくしゃみをした時、テレビ番組を観て大爆笑した時など「え!?尿漏...

2016/11/18 21:30掲載

「トイレ行きたい…」 近い人は何が違うの?

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) トイレの頻度は個人によって、また、季節や体調によっても変わります。それでも、ドライブの時は...

2016/09/26 12:00掲載

あれ?尿がやけに泡立つ… これは一体…

執筆者:南部 洋子(看護師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 尿の泡立ち は、誰でも何となく経験していることでしょう。ただ特に男性の場合、泡が立つの...

2016/04/09 08:30掲載

出てきたお腹を引っ込める、ラクな方法ないでしょうか?

執筆者:座波 朝香(保健師) 監修医:坂本 忍 鏡を見たり、洋服を選んだりすると、ふと気づくポッコリお腹。「どうにか出てきたお腹を引っ込める楽な方法はないだろうか…」と思う方も少なくないでしょう。自分...

2016/02/26 12:30掲載

プロ野球選手会の松原徹事務局長が逝去。死因の「 膀胱がん 」について

日本プロ野球選手会事務局長の松原徹さん(58)が、「 膀胱がん 」のため死去されたことがわかりました。報道によれば、松原さんは昨年秋にがんの診断を受け、余命も宣告されていたそうです。ここでは、膀胱がん...

2015/09/24 12:59掲載