「アニマルセラピー」をご存じですか?

Mocosuku(もこすく)
  • 「アニマルセラピー」をご存じですか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「アニマルセラピー」をご存じですか?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「アニマルセラピー」という言葉を聞いたことはありませんか?
 
なんとなく「癒しを目的とした動物とのふれあい」をイメージする方も多いでしょう。実際にはどのようなことが行われているのでしょうか。
 
今回は、そんなアニマルセラピーについて詳しくご紹介します。
 

 

犬だけじゃない!アニマルセラピーの歴史

 
アニマルセラピーとは、「動物を用いた治療・療法」のことをいいます。セラピーには本来「薬物や外科的処置を必要としない治療・療法」という意味があり、アニマルセラピーも元々は治療法のひとつとして用いられていました。
 
治療の一環として動物が用いられてきた歴史はかなり古く、古代ローマ時代にまで遡ります。
 
この当時、負傷兵の機能回復を目的に馬(ホース・セラピー)が用いられていたという記録があり、これがアニマルセラピーの起源とも考えられています。
 
その後、19世紀ごろには乗馬が神経障害の治療に効果があると考えられ、意識的に活用されるようになりました。アニマルセラピーと聞くと、犬をイメージする方が多いかもしれませんが、犬が本格的に用いられたのは20世紀以降になります。
 
このほか、1970年代からは精神的な治療としてイルカによるセラピー(ドルフィン・セラピー)も行われています。
 
このように、犬以外にもさまざまな動物が活躍しています。ただ、トレーニングのしやすさや身体の大きさ、数などの理由から、現在では犬が用いられることが多いようです。

 
 

アニマルセラピーの種類

 
冒頭でお話ししたように、もともとアニマルセラピーは治療として行われていました。
 
ところが、近年になって動物をパートナーや仲間として認識する考え方が普及してきています。これにともなって、「アニマルセラピー」も広い意味でとらえられるようになってきました。
 
日本動物病院協会(JAHA)は、アニマルセラピーの活動として次の3つをあげています。
 

1.AAA(Animal Assisted Activity;動物介在活動)
人間と動物がふれあう活動のこと。動物とのふれあいやレクリエーション活動によって、精神的な安定を図ったり、QOL(Quality Of Life;生活の質)の向上をすることが目的。日本で一般的にイメージされるアニマルセラピーの活動。

 
 
2.AAT(Animal Assisted Therapy;動物介在療法)
医師などの医療スタッフが治療の一環として動物を介在させて行う治療(または補助治療)。精神的・身体的な機能の回復、社会的機能の向上など、患者に合わせた治療を行い、治療後は効果がどれくらい出ているかを評価する。

 
 
3.AAE(Animal Assisted Education;動物介在教育)
動物とのふれあい方や命の尊さを子どもたちに学んでもらうことを目的とした活動。たとえば、動物と一緒に小学校を訪問するといった活動があげられる。

 
JAHAでは、これら3つを総称して「CAPP(Companion Animal Partnership Program ;人と動物のふれあい活動)」と呼んでいます。では、アニマルセラピーにはどのような効果があるのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【メンタルヘルス】新着記事

20~30代で“もの忘れ”? 「若年性健忘症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 超高齢社会になって、認知症の話題がよく取りざたされます。 加齢によって脳の機能に病変が生じ、基本症状の記憶障害(もの忘れ)が激し...

2017/07/16 18:30掲載

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

2017/07/10 18:30掲載

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

2017/07/06 18:30掲載

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

2017/06/23 18:30掲載

障害? 個性?「自閉症スペクトラム」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 自閉症やそれと類似した症状は「自閉症スペクトラム」と呼ばれるようになってきました。 「対人関係が苦手」「こだわりが強い」という二...

2017/06/12 18:30掲載

認知症とはちがう「せん妄」とはどういう状態?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 漢字では「譫妄」と書かれる「せん妄」。 「譫」は「うわごと・たわごと」を意味する言葉です。 「入院をさせた親が、急におかしなことを言い、...

2017/06/02 18:30掲載