「アニマルセラピー」をご存じですか?

Mocosuku(もこすく)
  • 「アニマルセラピー」をご存じですか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「アニマルセラピー」をご存じですか?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「アニマルセラピー」という言葉を聞いたことはありませんか?
 
なんとなく「癒しを目的とした動物とのふれあい」をイメージする方も多いでしょう。実際にはどのようなことが行われているのでしょうか。
 
今回は、そんなアニマルセラピーについて詳しくご紹介します。
 

 

犬だけじゃない!アニマルセラピーの歴史

 
アニマルセラピーとは、「動物を用いた治療・療法」のことをいいます。セラピーには本来「薬物や外科的処置を必要としない治療・療法」という意味があり、アニマルセラピーも元々は治療法のひとつとして用いられていました。
 
治療の一環として動物が用いられてきた歴史はかなり古く、古代ローマ時代にまで遡ります。
 
この当時、負傷兵の機能回復を目的に馬(ホース・セラピー)が用いられていたという記録があり、これがアニマルセラピーの起源とも考えられています。
 
その後、19世紀ごろには乗馬が神経障害の治療に効果があると考えられ、意識的に活用されるようになりました。アニマルセラピーと聞くと、をイメージする方が多いかもしれませんが、が本格的に用いられたのは20世紀以降になります。
 
このほか、1970年代からは精神的な治療としてイルカによるセラピー(ドルフィン・セラピー)も行われています。
 
このように、犬以外にもさまざまな動物が活躍しています。ただ、トレーニングのしやすさや身体の大きさ、数などの理由から、現在では犬が用いられることが多いようです。

 
 

アニマルセラピーの種類

 
冒頭でお話ししたように、もともとアニマルセラピーは治療として行われていました。
 
ところが、近年になって動物をパートナーや仲間として認識する考え方が普及してきています。これにともなって、「アニマルセラピー」も広い意味でとらえられるようになってきました。
 
日本動物病院協会(JAHA)は、アニマルセラピーの活動として次の3つをあげています。
 

1.AAA(Animal Assisted Activity;動物介在活動)
人間と動物がふれあう活動のこと。動物とのふれあいやレクリエーション活動によって、精神的な安定を図ったり、QOL(Quality Of Life;生活の質)の向上をすることが目的。日本で一般的にイメージされるアニマルセラピーの活動。

 
 
2.AAT(Animal Assisted Therapy;動物介在療法)
医師などの医療スタッフが治療の一環として動物を介在させて行う治療(または補助治療)。精神的・身体的な機能の回復、社会的機能の向上など、患者に合わせた治療を行い、治療後は効果がどれくらい出ているかを評価する。

 
 
3.AAE(Animal Assisted Education;動物介在教育)
動物とのふれあい方や命の尊さを子どもたちに学んでもらうことを目的とした活動。たとえば、動物と一緒に小学校を訪問するといった活動があげられる。

 
JAHAでは、これら3つを総称して「CAPP(Companion Animal Partnership Program ;人と動物のふれあい活動)」と呼んでいます。では、アニマルセラピーにはどのような効果があるのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

【メンタルヘルス】新着記事

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、世界中の人々とつながることができる時代になりました。 その一方で、ちょ...

2017/01/12 18:30掲載

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。 昔から「火事場の...

2017/01/09 21:30掲載

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「休み明けになると、きまって体調が悪くなる」「月曜日の朝がツライ…」 こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか? 心身...

2017/01/05 21:30掲載

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。 このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか...

2017/01/04 18:30掲載

他人のことなのに、まるで自分が…「共感性羞恥」

他人のことなのに、まるで自分が…「共感性羞恥」

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「友達が大声で騒いでいたり、知り合いが人前でミスをするのを見て、自分のことのように恥ずかしくなってしまった…」 「TVでドッキリ...

2017/01/02 18:30掲載

ツイている人・ツイていない人、あなたはどちら?

ツイている人・ツイていない人、あなたはどちら?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 広辞苑によると、「ツイている」とは「運がよい、ラッキー」の意味で、「付く」というコトバに由来するそうです。 そして、「付く」には...

2017/01/01 18:30掲載