「アニマルセラピー」をご存じですか?

Mocosuku(もこすく)
  • 「アニマルセラピー」をご存じですか?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「アニマルセラピー」をご存じですか?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「アニマルセラピー」という言葉を聞いたことはありませんか?
 
なんとなく「癒しを目的とした動物とのふれあい」をイメージする方も多いでしょう。実際にはどのようなことが行われているのでしょうか。
 
今回は、そんなアニマルセラピーについて詳しくご紹介します。
 

 

犬だけじゃない!アニマルセラピーの歴史

 
アニマルセラピーとは、「動物を用いた治療・療法」のことをいいます。セラピーには本来「薬物や外科的処置を必要としない治療・療法」という意味があり、アニマルセラピーも元々は治療法のひとつとして用いられていました。
 
治療の一環として動物が用いられてきた歴史はかなり古く、古代ローマ時代にまで遡ります。
 
この当時、負傷兵の機能回復を目的に馬(ホース・セラピー)が用いられていたという記録があり、これがアニマルセラピーの起源とも考えられています。
 
その後、19世紀ごろには乗馬が神経障害の治療に効果があると考えられ、意識的に活用されるようになりました。アニマルセラピーと聞くと、犬をイメージする方が多いかもしれませんが、犬が本格的に用いられたのは20世紀以降になります。
 
このほか、1970年代からは精神的な治療としてイルカによるセラピー(ドルフィン・セラピー)も行われています。
 
このように、犬以外にもさまざまな動物が活躍しています。ただ、トレーニングのしやすさや身体の大きさ、数などの理由から、現在では犬が用いられることが多いようです。

 
 

アニマルセラピーの種類

 
冒頭でお話ししたように、もともとアニマルセラピーは治療として行われていました。
 
ところが、近年になって動物をパートナーや仲間として認識する考え方が普及してきています。これにともなって、「アニマルセラピー」も広い意味でとらえられるようになってきました。
 
日本動物病院協会(JAHA)は、アニマルセラピーの活動として次の3つをあげています。
 

1.AAA(Animal Assisted Activity;動物介在活動)
人間と動物がふれあう活動のこと。動物とのふれあいやレクリエーション活動によって、精神的な安定を図ったり、QOL(Quality Of Life;生活の質)の向上をすることが目的。日本で一般的にイメージされるアニマルセラピーの活動。

 
 
2.AAT(Animal Assisted Therapy;動物介在療法)
医師などの医療スタッフが治療の一環として動物を介在させて行う治療(または補助治療)。精神的・身体的な機能の回復、社会的機能の向上など、患者に合わせた治療を行い、治療後は効果がどれくらい出ているかを評価する。

 
 
3.AAE(Animal Assisted Education;動物介在教育)
動物とのふれあい方や命の尊さを子どもたちに学んでもらうことを目的とした活動。たとえば、動物と一緒に小学校を訪問するといった活動があげられる。

 
JAHAでは、これら3つを総称して「CAPP(Companion Animal Partnership Program ;人と動物のふれあい活動)」と呼んでいます。では、アニマルセラピーにはどのような効果があるのでしょうか?
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

肉や魚を食べない「ベジタリアン」 本当に健康的?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 新しい年を迎えて心機一転。 「今年はもっと健康的な生活を送ろう!」 そう決意した方もいるかもしれません。 先日あるTV番組で「ベジタリアン...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

5月12日は「慢性疲労症候群」世界啓発デー、どういう病気かご存じですか。

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慢性疲労症候群」という名前を聞いたことはありますか? 「慢性的な疲労なら、だれにだってあるでしょう?」と思われるかもしれません...

「規則正しい食生活」とは具体的にどういうことなの?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為に必要とされている「規則正しい食生活」。 わかっていても、具体的にどんなことに気をつけたらよいかはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は...

知らないと損? こんなにも嬉しい「豆乳」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によい食材のイメージが強い豆乳。 女性によいイメージがあっても、一体どんな成分が体に嬉しいのか実はあまり知られていません。 そこで豆乳のどんな成分が体に嬉しいのか解説...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【メンタルヘルス】新着記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

2017/05/20 18:30掲載

「5月病」は大丈夫? セルフチェックで確認を!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ このごろ朝、ふとんから出るのが辛かったり、落ち込んでしまうことはありませんか? 新年度がスタートし、新しい環境での生活が始まった方の中に...

2017/05/14 18:30掲載

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

2017/05/10 18:30掲載

新生活を送るママは「5月病」に要注意!

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ご主人の転勤で引越しをしたために新しい生活が始まった人、または、子どもの新入園や新入学で緊張した毎日を過ごしている人。 お弁当作...

2017/05/06 18:30掲載

連休なのに仕事をしていないと不安… それは「連休恐怖症」かも

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ゴールデンウィークにシルバーウィークと、最近ではまとまった休日が以前より増えてきて、遊び好きにとっては何よりも楽しみなところです...

2017/05/05 18:30掲載

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。 スーパーや...

2017/05/03 18:30掲載