カラダの移植、どこからどこまでできるのか

Mocosuku(もこすく)
  • カラダの移植、どこからどこまでできるのか

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

カラダの移植、どこからどこまでできるのか

公開日時

 

執筆:南部 洋子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
移植ときくと、重病の子どもが移植手術を待っているなどのニュースが時折、報道されますね。
 
心臓や肝臓などの臓器移植をするという生死にかかわる大手術から、皮膚移植まで、「カラダの移植」は現在どの程度進んでいるのか、また今後どのようなことが実現されていくのか。
 
ご一緒に詳しくみていきましょう。
 

 

移植とは

 
ひと口に「移植」といっても、さまざまな種類があります。いずれにしても、臓器や組織を移し替える医療行為のことを「移植」と呼びます。
 
また、移植を受ける人を受給者(レシピエント)といい、移植を提供する人を提供者(ドナー)といいます。
 
移植には次の種類があります。
 

自家移植

自分の組織を自分の他の場所に移し替えること
 

他家移植

自分以外の組織を移し替えること
 

同種移植

レシピエントと同一種の組織を使用する
 

同系移植

免疫的に同一である個体(一卵性双生児や近交系動物)の組織を使用する
 

異種移植

レシピエントと異なる種の組織を使用する
 

人工移植

人口材料を用いて臓器修修復をすること。おもに人口血管、皮膚、心臓弁置換

 
 

臓器移植:日本の歴史

 
臓器移植は、日本では1956年に腎臓移植から始まりました。次いで、1964年には肝臓移植も行われました。
 
さらに、1968年に札幌医大で和田教授による心臓移植が行われました。ところが、この事例では移植患者がしばらくして亡くなってしまいました。
 
そして、患者の死後、脳死判定をめぐって「和田心臓移植事件」として騒ぎになりました。これによって移植医療に不信感が生まれ、以後しばらくは、脳死移植が行われなくなりました。
 
1995年になって日本臓器移植ネットワークが設立されました。1997年には臓器移植に関する法律が施行され、正式に脳死が人の死と認められて脳死移植が可能になりました。2009年には、法律改正により15歳未満からの脳死臓器移植も可能となりました。
 
それまでは15歳未満の場合は、今まで海外に行って移植を受けるしか道がありませんでした。そして、2012年に日本で初めて6歳未満のドナーから10歳未満の患者への脳死移植が行われました。
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスが多い社会環境や生活リズムの乱れによって、日本人の5人に1人は睡眠に悩みをもっていると言われます。 また、日本人は睡眠への満足度...

2018/08/05 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

これでもう安心? 臭いが気になるニンニクやニラなどの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康や美容に良いとされるニンニク、ネギ、ニラ、キムチなどの食材。 でも、食べたくても営業でお客さんに会う予定やデートを控えているときなど...

2018/07/27 18:30掲載

自分の乳房はどのタイプ? “がん”が発見されにくい「高濃度乳房」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人女性の11人に1人が一生のうちに患う可能性があると言われる「乳がん」。 乳がんで亡くなる女性の数は増加の一途をたどっていま...

2018/07/24 18:30掲載

「甘くておいしいロカボスイーツ」 甘いのに糖質は低い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年注目を浴びている「ロカボ」。 とりわけ「ロカボスイーツ」は、ダイエットでタブー視されるス...

2018/07/22 18:30掲載