アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

Mocosuku(もこすく)
  • アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。
 
たとえば口の中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエンザや感染症が流行っている時期だけに、気になりますよね。
 
じつはこのドライマウスのほかにも、身体が乾燥する症状はさまざまあります。これらは総じて、ドライシンドローム(乾燥症候群)と呼ばれています。
 
とりわけ、女性にとってケアを必要とするものです。今回はその症状の種類と特徴をご紹介していきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【アンチエイジング】新着記事

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

2017/01/17 18:30掲載

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。 たとえば口の中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエン...

2016/12/21 21:30掲載

若さの秘訣は「血管年齢」! 血管若返り法をご紹介

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「人は血管とともに老いる」と言われるほど、血管の状態=血管年齢は健康状態を反映します。 血管年齢が若返ると、心も身体も健康で若々しくなるの...

2016/12/12 21:30掲載

自分でわかる「老化のサイン」について

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 疲れやすくなったり、お化粧のノリが悪かったり、「若い頃はこんな風じゃなかったのに…」と思うことはありませんか? それはもしかすると、老化のサインかも...

2016/10/22 12:00掲載

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

2016/10/21 12:00掲載

「見た目が若い」 その秘密が明らかに!?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 女性はいつまで経っても若々しくいたいもの。 あるファッション雑誌がつくった『美魔女』という言葉も、すっかり定着した気がします。 見た目が若い人...

2016/09/03 21:30掲載