アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

Mocosuku(もこすく)
  • アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。
 
たとえばの中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエンザや感染症が流行っている時期だけに、気になりますよね。
 
じつはこのドライマウスのほかにも、身体が乾燥する症状はさまざまあります。これらは総じて、ドライシンドローム(乾燥症候群)と呼ばれています。
 
とりわけ、女性にとってケアを必要とするものです。今回はその症状の種類と特徴をご紹介していきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。...

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

【アンチエイジング】新着記事

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

2017/01/17 18:30掲載

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。 たとえば口の中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエン...

2016/12/21 21:30掲載

若さの秘訣は「血管年齢」! 血管若返り法をご紹介

若さの秘訣は「血管年齢」! 血管若返り法をご紹介

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「人は血管とともに老いる」と言われるほど、血管の状態=血管年齢は健康状態を反映します。 血管年齢が若返ると、心も身体も健康で若々しくなるの...

2016/12/12 21:30掲載

自分でわかる「老化のサイン」について

自分でわかる「老化のサイン」について

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師・保育士) 疲れやすくなったり、お化粧のノリが悪かったり、「若い頃はこんな風じゃなかったのに…」と思うことはありませんか? それはもしかすると、老化のサインかも...

2016/10/22 12:00掲載

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

2016/10/21 12:00掲載

「見た目が若い」 その秘密が明らかに!?

「見た目が若い」 その秘密が明らかに!?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 女性はいつまで経っても若々しくいたいもの。 あるファッション雑誌がつくった『美魔女』という言葉も、すっかり定着した気がします。 見た目が若い人...

2016/09/03 21:30掲載