元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

Mocosuku(もこすく)
  • 元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

公開日時
更新日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。
 
昔から「火事場のバカチカラ」といわれるのも同じメッセージかと思われますね。
 
しかし、これって一体どういうことなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

 

「気力」と「体力」の定義は?

 
『goo辞書』によると、気力とは「何かを行なおうとする精神力。気持ちの張り」とされています。
 
「困難や障害に負けずにものごとをやり通す強い精神力。気合い。」(weblio辞書)と場面を困難や障害など限界状況に限定した意味も示されています。
 
類語に「根性」「精神力」「ガッツ」「元気」などが挙げられています。
 
一方の体力の定義とはどうでしょう。
 
「体力とは生命活動の基礎となる身体を動かす力のことである」と、体力の定義は気力のそれよりもはるかに明晰です。
 
具体的に「筋力・心肺能力・運動能力などの総合的な身体能力のことを指し、身体を動かすスポーツ等で肉体能力に恵まれ、成果を出すことができる者は、体力があると評価される」とも述べられています。学術的な研究団体の日本体力医学会(一般社団法人)もあるくらいです。
 
 

気力と体力の対比は意味がある?

 
このように、かたや「気力」はかなりあいまいで象徴的な概念です。比べて「体力」は科学的な概念です。
 
ですから、両者を比べてどちらが勝っているのかという問い自体が、適切でないのではないでしょうか。
 
UFOと米軍が戦争したらどちらが勝つかというのは、せいぜいSF的楽しみであって、事実問題にはなりえないのとお同じだと思います。
 
 

では「気力が体力に勝る」とはどういうことなの?

 
それでも「気力は体力に勝る!」とよくいわれるのは、何を言わんとしているのでしょうか?
 
よく引き合いに出されるのは、スポーツなど勝負の場面です。
 
非常に体力的に優れた選手が互いに競い合って勝ち負けを決する時、それまで双方とも体力を極限まで鍛えて勝負にのぞんでいますから、勝敗は微妙な体力差によって決するよりも、戦術や環境、さらには、勝負への意気込みや勝利への執念といった「気力」にまさった方が、勝利への確率を高めてくれることを、彼らは経験的に知っているのでしょう。
 
その意味では、体力ではなく気力が勝因を決すると言っているのではなく、体力を尽くすだけでは決定的な勝因にならない時、気力が勝負を分けると言っていると解釈することができます。
 
 
もう一つの解釈は、それまで鍛えてきた大量のパフォーマンスを最大化するには、精神力(気力)がかかわることが重要だということです。
 
たとえば、「火事場のバカチカラ」は、気力がバカチカラを出すのではなく、気力によって体力が最大限に発揮されるという意味にほかなりません。ですから、火事場には実際には、バカチカラを発しても動かせない物もたくさんあります。
 
つまり、気力と体力は「あちらかこちらか」という二律背反ではなく、体力を効果的に機能させる要因が「気力」であって、とくに限界状況では気力によって効果的に体力が発揮されるということを言っているのではないでしょうか。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【メンタルヘルス】新着記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

2017/05/20 18:30掲載

「5月病」は大丈夫? セルフチェックで確認を!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ このごろ朝、ふとんから出るのが辛かったり、落ち込んでしまうことはありませんか? 新年度がスタートし、新しい環境での生活が始まった方の中に...

2017/05/14 18:30掲載

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

2017/05/10 18:30掲載

新生活を送るママは「5月病」に要注意!

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ご主人の転勤で引越しをしたために新しい生活が始まった人、または、子どもの新入園や新入学で緊張した毎日を過ごしている人。 お弁当作...

2017/05/06 18:30掲載

連休なのに仕事をしていないと不安… それは「連休恐怖症」かも

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ゴールデンウィークにシルバーウィークと、最近ではまとまった休日が以前より増えてきて、遊び好きにとっては何よりも楽しみなところです...

2017/05/05 18:30掲載

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。 スーパーや...

2017/05/03 18:30掲載