元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

Mocosuku(もこすく)
  • 元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

公開日時
更新日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。
 
昔から「火事場のバカチカラ」といわれるのも同じメッセージかと思われますね。
 
しかし、これって一体どういうことなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

 

「気力」と「体力」の定義は?

 
『goo辞書』によると、気力とは「何かを行なおうとする精神力。気持ちの張り」とされています。
 
「困難や障害に負けずにものごとをやり通す強い精神力。気合い。」(weblio辞書)と場面を困難や障害など限界状況に限定した意味も示されています。
 
類語に「根性」「精神力」「ガッツ」「元気」などが挙げられています。
 
一方の体力の定義とはどうでしょう。
 
「体力とは生命活動の基礎となる身体を動かす力のことである」と、体力の定義は気力のそれよりもはるかに明晰です。
 
具体的に「筋力・心能力・運動能力などの総合的な身体能力のことを指し、身体を動かすスポーツ等で肉体能力に恵まれ、成果を出すことができる者は、体力があると評価される」とも述べられています。学術的な研究団体の日本体力医学会(一般社団法人)もあるくらいです。
 
 

気力と体力の対比は意味がある?

 
このように、かたや「気力」はかなりあいまいで象徴的な概念です。比べて「体力」は科学的な概念です。
 
ですから、両者を比べてどちらが勝っているのかという問い自体が、適切でないのではないでしょうか。
 
UFOと米軍が戦争したらどちらが勝つかというのは、せいぜいSF的楽しみであって、事実問題にはなりえないのとお同じだと思います。
 
 

では「気力が体力に勝る」とはどういうことなの?

 
それでも「気力は体力に勝る!」とよくいわれるのは、何を言わんとしているのでしょうか?
 
よく引き合いに出されるのは、スポーツなど勝負の場面です。
 
非常に体力的に優れた選手が互いに競い合って勝ち負けを決する時、それまで双方とも体力を極限まで鍛えて勝負にのぞんでいますから、勝敗は微妙な体力差によって決するよりも、戦術や環境、さらには、勝負への意気込みや勝利への執念といった「気力」にまさった方が、勝利への確率を高めてくれることを、彼らは経験的に知っているのでしょう。
 
その意味では、体力ではなく気力が勝因を決すると言っているのではなく、体力を尽くすだけでは決定的な勝因にならない時、気力が勝負を分けると言っていると解釈することができます。
 
 
もう一つの解釈は、それまで鍛えてきた大量のパフォーマンスを最大化するには、精神力(気力)がかかわることが重要だということです。
 
たとえば、「火事場のバカチカラ」は、気力がバカチカラを出すのではなく、気力によって体力が最大限に発揮されるという意味にほかなりません。ですから、火事場には実際には、バカチカラを発しても動かせない物もたくさんあります。
 
つまり、気力と体力は「あちらかこちらか」という二律背反ではなく、体力を効果的に機能させる要因が「気力」であって、とくに限界状況では気力によって効果的に体力が発揮されるということを言っているのではないでしょうか。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

生あくびは警告サイン? 眠くないのに出る「あくび」に要注意!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 眠い時や退屈したときに出る「あくび」。 疲れたり空気が悪くなったりすると出る生理現象ですが、病気の警告サインでもあります。 とく...

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

「こめかみからくる頭痛」は“右”と“左”で原因が違う?

執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師) 監修:川口 佑(医師、新宿ストレスクリニック院長) こめかみが脈打つように痛む頭痛は「偏頭痛」と言われ、女性に多い傾向があります。 成人女性の1...

ズキズキ痛む「後頭部の頭痛」 原因と対策は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ひとくちに「頭痛」といっても、さまざまな症状があります。 こめかみが痛かったり、頭のてっぺんが痛かったりすることもあ...

洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう? またお湯と水はどちらが効果的なので...

足がむずむず、眠りにつけない… 「むずむず脚症候群」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ むずむず脚症候群は「レストレスレッグス症候群:RLS」とか「下肢静止不能症候群」とも呼ばれます。 奇妙な名前なので、どこかで聞い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【メンタルヘルス】新着記事

さまざまな精神障害に? 「完璧主義」が陥りやすいコト

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 完璧主義は「完全癖」とも言われ、完璧さを追求して妥協しない性格傾向を指します。 完璧を目指すこと自体は立派なことですが、「完璧で...

2017/02/16 18:30掲載

意外に多い? 「昇進」が原因で陥るメンタル不調

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 2015年12月から、職場のストレスチェックが実施されるようになりました。 厚生労働省がこの制度を導入した背景には、働く人のメンタルヘルスの問題が深刻しつつある状況があり...

2017/02/10 18:30掲載

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、世界中の人々とつながることができる時代になりました。 その一方で、ちょ...

2017/01/12 18:30掲載

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。 昔から「火事場の...

2017/01/09 21:30掲載

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「休み明けになると、きまって体調が悪くなる」「月曜日の朝がツライ…」 こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか? 心身...

2017/01/05 21:30掲載

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。 このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか...

2017/01/04 18:30掲載