大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

Mocosuku(もこすく)
  • 大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
ひとくちに「音」といってもさまざまな種類があります。
 
音によって癒されることもあれば、イライラしたり、ときには騒音問題として近隣トラブルに発展することも。

 
私たちの暮らしにおいて切っても切り離せない音との関係ですが、身体にはどのように影響するのでしょうか?
 
ご一緒にみていきましょう。
 

 

音がストレスになることも

 
道路を走る車の音、鉄道、飛行機、工事の音、パトカーや救急車のサイレン、掃除機・洗濯機などを含む生活音、虫や鳥の声、川のせせらぎの音、さまざまなジャンルの音楽、テレビの音、笑い声や泣き声など、日常私たちは数えきれない音の中で生活しています。

音は私たちの生活に安らぎや癒しの働きをすることもあれば、騒音となってストレスに感じることもあります。1つの音だけだと平気な場合でも、複数重なることでストレスになることもあります。

 
 

音が身体にあたえる良い効果とは?

 
例えば音楽は、血圧や心拍、血液の酸素量に影響を与え、筋肉を緊張させたり緊張を和らげたりする効果があります。
 
これを応用して、音楽療法として病気の治療にも使われているのです。
 
癒しの音楽は、脳内エンドルフィンを増大させることができるといわれています。脳内エンドルフィンが増えると、多幸感や気分の高揚を得ることができます。

 
さらに、鎮痛作用もあるため、疲労回復にもつながるといわれています。
 
母親の声が胎児に与える影響はとても大きいように、聴覚は視覚よりもはるかに大きく知能の発達に影響を与えています。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

【生活】新着記事

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「薬用」という名がつくものに対して、どんなイメージを持っていますか? “治療効果”のようなイメージでしょうか、それと...

2017/01/18 18:30掲載

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

大通り沿いと森の中の住まいでは全然ちがう? 「音とカラダ」の関係

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ひとくちに「音」といってもさまざまな種類があります。 音によって癒されることもあれば、イライラしたり、ときには騒音問題として近隣トラブル...

2017/01/11 18:30掲載

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

あの、ちょっと、近いんですけど… 人間の物理的な距離感について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 通勤電車やエレベーターなどで、見知らぬ人が寄ってきて、やたら近づいてきたので不快に感じた、というような経験はありませんか。 これは「パーソナルスペース」とい...

2017/01/06 21:30掲載

年末年始は事故の季節?増加する原因とは

年末年始は事故の季節?増加する原因とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 内閣府が公表している「平成26年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況」によると、交通事故発生件数、交通事故死傷者ともに12月が...

2016/12/27 18:30掲載

「熟年離婚」が止まらない? 熟年してからあえて別れる理由

「熟年離婚」が止まらない? 熟年してからあえて別れる理由

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 長年、結婚生活をつづけ、子どもが自立したり夫が定年を迎えたことを契機に起こりやすい「熟年離婚」。 結婚生活の長さは、誰にも切れない強い絆を夫婦に結ばせること...

2016/12/03 18:30掲載

ココロもカラダもクレジング、「アロマ消灯風呂」はいかが?

ココロもカラダもクレジング、「アロマ消灯風呂」はいかが?

執筆:磯部 尚美(JAMHA認定ハーバルセラピスト) スマホやPCの普及により、いつでもどこでも何かを検索、SNSでは常に人と繋がり、連絡が取れてしまう…。 そんな状況の昨今、つい深夜まで画面に集中し...

2016/12/01 21:30掲載