今や必須?歯医者さんもすすめる「歯間ブラシ」

Mocosuku(もこすく)
  • 今や必須?歯医者さんもすすめる「歯間ブラシ」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

今や必須?歯医者さんもすすめる「歯間ブラシ」

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

普段、お口のケアには何を使っていますか?
 
歯ブラシを使用しているのは成人の約9割、歯間ブラシやデンタルフロスを使っている人は3割程度と言われていますが、多くの歯科医師は「歯間ブラシは使った方がいい」と口を揃えて言います。
 
歯間ブラシを使うとどんなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
 

 

歯ブラシだけでは汚れがとれていない?

 
実は、毎日丁寧に歯ブラシで歯を磨いている人でも、汚れを充分に取ることができていません。
 
歯の間には、食べかすや歯垢(しこう)が溜まっています。
 
別名「プラーク」とも呼ばれる歯垢は、歯の間や表面にもつきやすいネバネバした白色のもので、代謝物や細菌の塊でできています。歯垢1mgの中にはなんと、およそ1億〜10億個もの細菌が存在します。
 
そんな歯垢や食べかすが歯の間に残ったままでいると、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなってしまいます。

 
ところが、日本歯科保存学会誌によると、歯ブラシのみを使用している場合、歯垢は約61%しか除去できていませんでした。
 
一方で歯ブラシとデンタルフロスを併用すると約79%、歯間ブラシを併用すると約85%まで歯垢除去率は上昇しています。
 
つまり、歯ブラシだけでは取り切れない汚れを落とすためには、歯間ブラシやデンタルフロスの使用が欠かせないといえます。
 
では、どのような歯間ブラシをどのように使えば、効果的なのでしょうか。
 
 

歯間ブラシの種類と使い方

 
歯間ブラシは歯医者や薬局で購入することができます。
 
歯並びや歯の隙間の個人差に合わせて、歯間ブラシにも多くの種類があるため、自分の歯の状態に合ったものを選ぶことが大切です。
 
基本的には、SSS、SS、S、M、Lの5段階のサイズがあります。歯の隙間に合わない歯間ブラシを無理に使用すると、出血したり歯茎を傷つけたりしてしまう可能性があるので、小さいサイズから試しましょう。
 
また、ブラシには毛のタイプやゴムタイプがあったり、形にも「L字型」と「I字型」の2種類があります。奥歯に使用しやすいのはL字型と言われますが、歯と歯茎に負担をかけず使えるものを選びましょう。
 
実際に歯間ブラシを使用する際は、鏡をみながらゆっくりと、やや斜めの各度で歯間ブラシを歯と歯の間に挿入します。隣り合う歯をそれぞれ磨くイメージで前後に数回動かしましょう。
 
繰り返し使うことができますが、使用後は流水できれいに洗い流し、しっかりと乾燥させておく必要があります。
 
また歯間ブラシの毛先が短くなったり、バラバラになってきたら、新しいものに交換しましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【虫歯】新着記事

虫歯をずっと放っておいたらどうなるの?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「虫歯がある」とわかっていても、歯医者に行くのを億劫に感じる方や、仕事が忙しくてなかなか歯医者に通えないという方もいらっしゃるでしょう。 そのうち虫歯の存在も痛みも気にな...

2017/10/09 18:30掲載

砂糖を摂らなければ、虫歯にはならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 子供の頃、「甘いものを食べ過ぎると虫歯になるよ!」と注意された経験は誰しもあるでしょう。 甘いものと言えば砂糖、この砂糖こそが虫歯の原因であることも今では周知の事実です。...

2017/09/03 18:30掲載

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

2017/04/14 18:30掲載

どう選ぶ? 電動歯ブラシ・種類と効果の違い

執筆:影向 美樹(歯科医師) 電動歯ブラシが日本に普及しはじめてから20年以上が経過し、種類や機能も以前とは比べ物にならないぐらい充実しています。 今では100円ショップで手に入るものから、2万円以上...

2017/04/05 21:30掲載

見た目の悪さだけじゃない!「歯並びの悪さ」について

執筆:影向 美樹(歯科医師) 歯並びに関する悩みと言えば「見た目の悪さ」が多いです。 しかし歯並びは見た目以外にも、体に様々な影響を与えます。例えば「原因不明の頭痛や肩こりが歯科治療のあと改善した」と...

2017/03/28 21:30掲載

歯ブラシはやっぱり電動がイイ? 歯医者さんが薦めるのは

執筆:影向 美樹(歯科医師) 近年では家電量販店などで様々な種類の電動歯ブラシが販売されています。 実際に購入された方の中には、その仕上がりの良さに「もう手放せない!」と長く愛用される方がいる一方、し...

2017/03/25 18:30掲載