その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

Mocosuku(もこすく)
  • その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
外食や飲み会の増える季節は食べ過ぎや飲みすぎが続いて、腸に負担がかかってしまいますね。
 
お酒を飲んだ翌日は下痢気味になる、睡眠不足が続くと便秘になる、おしゃべりしながら食事をした後はおなかが張る、などといった症状にお心当たりありませんか?

 
今回はそんな日常で起こりやすい「おなかの悩みの原因と対処」についてお話します。

 

 

おなかのトラブルは腸が疲労しているサイン

 
便秘や下痢、ガスが溜まって苦しいといったおなかのトラブルは、次の3つのうちどれか、または複数の力が弱まっている時に起こります。
 
(1)食べ物を消化・吸収する力
(2)水分を回収する力
(3)便を体外に出す力

 
便秘は、便が硬い/量が少ない・排便回数が少ない・排便が辛いといった状態を指します。
 
排便のない日が1日以上あったからといって即便秘というわけではありません。2~3日周期でも定期的に排便があり、不快症状や吐き気・腹痛などもみられない場合は、便秘とは言いません。
 
実は排便のリズムは人によって異なるため、便秘には明確な診断基準はありません。
 
ですから、仮に毎日排便があっても、その人が便秘と感じれば「便秘症」なのです。
 
アルコールを飲むと下痢になりやすいのは、アルコールが胃の粘膜を荒らすことが関係しています。
 
これによって、アルコールが高濃度のまま小腸に運ばれると、今度は小腸の粘膜も傷つけてしまい、下痢を引き起こします。加えて、アルコールには、腸の蠕動(ぜんどう)運動(便やガスを排出する腸の動き)を促進するはたらきがあります。
 
そのため、消化の過程で腸にとどまる時間が短くなり、腸での水分吸収がうまく行われないために下痢が起こります。
 
 
一方、ガスが溜まって苦しい状態は、次のことがおもな原因と考えられます。

 
1.腸が圧迫されて働きが鈍くなること
長時間座っていたりすることなどによって、腸が圧迫されると、腸の働きも鈍くなります。その結果、ガスが出にくくなって溜まることになります。
 
 
2.高タンパク・高脂肪の食べものを摂りすぎ
高タンパク・高脂肪の食べものは、腸の悪玉菌のエサとなります。悪玉菌を増えることで、腸内環境が乱れ、ガスが増えることにつながります。
 
悪玉菌が増える原因として、ストレスによる自律神経(副交感神経)の乱れや便秘もあてはまります。また、口から飲み込んだ空気の量が増えることも一因となります。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【腸】新着記事

長くツライ便秘… 便秘薬に頼っても大丈夫?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ つらい便秘が長引くときは、セルフメディケーション(※)として便秘薬を使う方法もあります。 セルフメディケーションを取り入れる際は「どの程...

2018/03/26 18:30掲載

見ないで流すと損をする? 色や形などで健康状態を今日からチェック

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ もし、今お食事中でしたら、すみません。しかしカラダにとっての大切なお話を一つ。 それはトイレにまつわるお話。 当たり前のことですが、誰だ...

2018/02/21 18:30掲載

あ、ゲップが出ちゃう! ゲップを抑える方法はある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人前でゲップをするのはマナー違反といわれます。 おならも同様ですが、欧米ではゲップの方がマナー違反の度合いが高いとされています。 とはい...

2018/02/11 18:30掲載

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は同じ菌? なにが違うの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸内環境を健康に保つ「善玉菌」の代表格といえば、乳酸菌とビフィズス菌でしょう。 どちらもヨーグルトなどのパッケージでよく目にしますし、ヘ...

2018/02/07 18:30掲載

知っている人はケアしてる。 美容も健康も左右する「腸内フローラ」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、腸に関する研究が進む中、「第二の脳」と言われるほど、腸が全身に影響を与える器官であるこ...

2017/04/18 18:30掲載

その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 外食や飲み会の増える季節は食べ過ぎや飲みすぎが続いて、腸に負担がかかってしまいますね。 お酒を飲んだ翌日は下痢気味になる、睡眠不足が続く...

2017/01/22 21:30掲載