スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

Mocosuku(もこすく)
  • スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

公開日時

 
執筆:座波 朝香(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
洗顔やボディソープなどの洗浄剤には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあることをご存知ですか?
 
みなさんは、毎日のスキンケア用品をどのように選んでいるでしょうか。肌に良いものを選ぶには、肌のことを知るのが第一です。
 
では詳しくご説明していきましょう。
 

 

肌が弱酸性なのはどうして?

 
ヒトの肌が、弱酸性だということは聞いたことがありますか?酸性かアルカリ性か、その程度を表す数値、pH(ペーハー)はpH4.5~6.0くらいです。
 
実際には、肌の細胞自体のpHではなく、皮脂や汗の混ざりあった皮脂膜のpHです。赤ちゃんの肌も大人の肌も常に弱酸性を保とうとする働きがあります。
 
皮脂膜は外部の刺激から肌を守るためにベールのように肌をおおいます。
 
さらに、そのベールの性質として弱酸性を保つことによって、殺菌作用で雑菌の繁殖を防いでいます。

 
 

一般的なボディソープや石けんのpHとは

 
ボディソープなど多くの洗浄剤は弱アルカリ性です。
 
酸性の汚れは、アルカリ性のものでなければ落ちづらいため、清潔にするという目的では弱アルカリ性の石けんが重宝されてきました。製品にもよりますが、ボディソープなどの一般的な肌の洗浄剤や石けんは、pH9-11くらいです。
 
アルカリ性に傾くほど、肌への刺激が強くなります。
 
一般的な洗浄剤は弱アルカリ性ですが、弱酸性に作ることが技術的に可能になってからは、肌の弱酸性を守るために、ボディソープは弱酸性が良いということが巷に広がりました。
 
それまでは、技術的にも弱アルカリ性しか選びようがありませんでした。
 
しかし、技術の進歩によって選択肢が広がったことで、逆にどれがいいのかを迷われる方も増えているようです。

 
 

正しく選んで正しい洗い方をすることが基本

 
基本的に、弱酸性の肌を弱アルカリ性で洗えば中和されて、一時的に中性になります。
 
洗浄剤は汚れを落とすことが目的で、最後には中性の水(湯)で「洗い流す」からです。そのあとは、肌にとって有利な状態である弱酸性へと戻っていきます。
 
これを「アルカリ中和能」といいます。
 
ところが、もしも洗い残しがあり、肌に洗浄剤が残ったままになっていると、かぶれの原因になります。
 
それは、洗浄剤自体が弱アルカリ性だからダメということではなく、正しく使えていないということになります。
 
清潔にする目的は、過剰な皮脂を「適度に」落として肌を正常に保つためです。
 
あなたの肌にとって適度な洗い心地はどのようなものか、以下でみていきましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スキンケア】新着記事

頭皮がたるむと顔もたるむ? 頭皮の老化と顔のカンケイ

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 『フェイスラインがぼやけてきた』『ほうれい線のハの字型が目立ってきた』『口角が下がってきた』… いずれも顔のたるみを痛感する憂鬱な現象で...

2019/07/19 18:30掲載

原因は汗づまり? 水虫と間違えやすい「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ジメジメしたこの季節、不快な症状のひとつ「かゆみ」が気になるという人は多いと思います。 そんな「かゆみ」の症状のなかに、水虫と似ている「...

2019/06/25 18:30掲載

すこやかな美肌をキープする秘訣は… お肌の季節別ケア♪

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 季節に左右されない健康な肌を保つためには、基本のお手入れはもちろん、その季節に合ったスキンケアを取り入れることも大切です。 それぞれの季...

2019/04/26 18:30掲載

「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」の信憑性

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中の午後10時~午前2時は「お肌のゴールデンタイム」…という話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。...

2019/02/08 18:30掲載

洗いすぎると体臭キツイ!? 臭いを予防するカラダの洗い方

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毎日のように洗浄剤を使い、タオルやスポンジなどでゴシゴシ身体を洗っていませんか? 清潔そのものに思えるその習慣…実は逆に皮膚の悪玉菌を増...

2019/01/06 18:30掲載

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか? お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。 ...

2018/12/25 18:30掲載