あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

Mocosuku(もこすく)
  • あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

あっ、目ヤニ。 目ヤニは何でできている?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

朝起きたら目のまわりが目ヤニでカピカピ!
 
そんな経験をしたことはありませんか?
 

自然に出る目ヤニは問題ありませんが、目の病気で出る目ヤニもあります。

 
今回は目ヤニがなぜ出るのか、また隠れている可能性がある目の病気について、詳しく解説していきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【目】新着記事

「老眼」とはどういうもの? 何歳くらいから始まるの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 最近、近くのものが見えにくくなったというあなた、もしかしたらそれは老眼の始まりかもしれません。 では、そもそも老眼とはどのようなもので、...

2017/09/26 18:30掲載

夜や暗がりでのスマホ、視力が落ちるというのはホント?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「暗い場所で文字を読むと、目が悪くなる」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 最近ではスマホが普及していることもあり...

2017/09/15 18:30掲載

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

2017/08/21 18:30掲載

身近になりつつある「レーシック手術」 リスクはない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 裸眼での生活を可能にする「レーシック手術」。 普段、コンタクトレンズや眼鏡にわずらわしさを感じる人にとっては、魅力的な選択肢に見えるかも...

2017/06/21 18:30掲載

その「肩こり」は疲れ目のせいかも。解消ストレッチ法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) つらい「肩こり」に悩まされていませんか? 肩こりは多くの人が経験する症状のひとつです。なかなか治らない肩こり。実は目との関係もあるといわれています。 今回は、疲れ目と...

2017/04/27 18:30掲載

たくさん泣くと、スッキリするのはどうして?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ドイツ眼科学会の発表によると、女性は1年間に平均30~60回泣くのに対して、男性は平均6~17回だそうです。 このように「女性の...

2017/04/10 18:30掲載