ヘルメット被っている? 他人事ではない「自転車事故リスク」を下げるには

Mocosuku(もこすく)
  • ヘルメット被っている? 他人事ではない「自転車事故リスク」を下げるには

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

ヘルメット被っている? 他人事ではない「自転車事故リスク」を下げるには

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 

東京では、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が2017年2月1日に改正・施行されることとなっています。
 
この取り組みは、東京都がau損保等と協定して進めるもので、自転車購入の際に販売店から交通ルールを客に周知する、交通ルールのチェックシートの配布等がその内容となっています。
 
またau損保は、ヘルメット着用中の死亡事故には、特別保険金100万円を追加で支払う保険を販売し、ヘルメット着用定着促進を図っています。
 
このように、自転車事故を防ぐ、またヘルメット着用により自転車事故被害を軽減しようとする取り組みが積極的に進められていますが、その背景には何があるのでしょうか?
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【自転車】新着記事

ヘルメット被っている? 他人事ではない「自転車事故リスク」を下げるには

執筆:Mocosuku編集部 東京では、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が2017年2月1日に改正・施行されることとなっています。 この取り組みは、東京都がau損保等と協定して進め...

2017/01/31 18:30掲載

子どもの送り迎えで脚が太くなる?!美脚をつくる自転車の乗り方のコツ

便利な乗り物として、幅広い世代に愛されている自転車。サイクリングの趣味や運動目的で使用している人も多いでしょう。特に、子育て世代にとっては子どもの送り迎えにも必須アイテムです。 一方で「ママチャリは便...

2016/02/19 17:00掲載

親子で共通認識できてる? 自転車運転でやって良いこと・悪いこと

自転車は、運転免許が不要で誰でも乗ることができ、そして車検や自賠責保険の加入義務もない、非常に手軽な乗り物です。 就学前の子供からお年寄りまで、幅広い年代の人々が利用しています。 普段、あまり意識する...

2016/02/19 17:00掲載

【数値で見る自転車事故】事故の15.9%は15歳以下が当事者という事実

警視庁が公表しているデータによれば、2014年中に起きた交通事故のうち、自転車が関わっている事故は11万2134件(全国合計)でした。 この数を「年齢層別」に見ると、「15歳以下」は1万7805件で、...

2016/02/19 17:00掲載

運転しやすく安全な、子どもの「自転車」と「ヘルメット」の選び方とは?

自転車を購入する際には、洋服のような「大は小を兼ねる」という買い方はできませんよね。でも価格も張るので何を選んだらよいか…。安全でかつ運転しやすい自転車選びのコツと、最近着用が当たり前となっているヘル...

2016/02/19 17:00掲載

自転車に乗る子供に絶対に教えておきたいこと:事故時の対応マニュアル

交通事故に遭うと、大の大人でも動揺して、適切な行動がとれないことがしばしばあります。 事故の当事者が子供ならなおさらです。 もしも自転車に乗っていて交通事故を起こしたら(あるいは巻き込まれたら)、どう...

2016/02/19 17:00掲載