似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

Mocosuku(もこすく)
  • 似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ)
 
 

女性が嫌がる「シミ」と「そばかす」。
 
どちらも似ているように見えますが、このふたつはどのように違うのでしょうか。
 

 

シミ、そばかすは「メラニン」が関係

 

シミもそばかすもメラニンが大きく関わっています。
 
メラニンときくと、肌にとって悪いものではないか、と考えがちですが、実は全く違うのです。それではメラニンとは何でしょうか?
 
肌の色は、人種だけでなく個人差がありますが、肌の色を決定する要素の1つにメラニンがあります。

 

メラニンは、私たちの体を紫外線から守る大切な働きをしています。
 
もしメラニンがなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入ってしまい、ちょっと紫外線を浴びただけで水ぶくれや炎症を起こしてしまいます。

 

肌の表皮の一番下にメラノサイト(メラニン形成細胞)があります。紫外線の刺激を察知するとメラニンを作って防御し、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにしています。

 
こうすることで、DNAの破壊や皮膚がんの発生を未然に防いでいるのです。
 
つまりメラニンは、肌トラブルや病気を防ぐためにはなくてはならない物質なのです。
 
 

「シミ」はどうしてできるの?

 
「メラニン色素=シミ」と考えられていますが、それは、過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こして、シミとなるからでしょう。
 
通常、生成されたメラニンは、ターンオーバーにより排出されるので、色素沈着は起こしません。しかし、紫外線などの刺激を過剰に受けるとメラニンも過剰に生成されてしまい、排出しきれないものがシミとなって残るのです。
 
また加齢によるターンオーバーの崩れもメラニンの排出を滞らせるため、それもシミの原因になります。

 

これは、ニキビの跡などの炎症が原因で起こることや、紫外線のダメージや蓄積などの日常生活の蓄積で出てくるものが多く、30歳位から目立ち始めます。
 
老化現象としての老人性色素斑や炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れから生じる肝斑などもシミといわれるものです。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スキンケア】新着記事

すこやかな美肌をキープする秘訣は… お肌の季節別ケア♪

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 季節に左右されない健康な肌を保つためには、基本のお手入れはもちろん、その季節に合ったスキンケアを取り入れることも大切です。 それぞれの季...

2019/04/26 18:30掲載

「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」の信憑性

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中の午後10時~午前2時は「お肌のゴールデンタイム」…という話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。...

2019/02/08 18:30掲載

洗いすぎると体臭キツイ!? 臭いを予防するカラダの洗い方

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毎日のように洗浄剤を使い、タオルやスポンジなどでゴシゴシ身体を洗っていませんか? 清潔そのものに思えるその習慣…実は逆に皮膚の悪玉菌を増...

2019/01/06 18:30掲載

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか? お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。 ...

2018/12/25 18:30掲載

「えーっ、またココに!?」 どうしてニキビは同じ場所にできるの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの人が抱える肌トラブルの一つ… それはニキビ。 とくに鼻や口周りにポツンとできると目立ちますよね。 そして、そんな場所に限っ...

2018/06/29 18:30掲載

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載